エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

現代に必要な自然保護活動  その2

・・・つづき

自然保護活動と一口で言っても色々有ります。

自分達には何が出来るか!?ゴミ拾いなどの整美事業は天城山だけでなく富士山でも行ってきたことです。手始めに今までやってきたことをNPO法人として県の行事に合わせて行ったのです。森を綺麗にすることは基本ですし、ちっちゃい子供もお年よりも女性も手軽に出来るのがイイですね。親子で森林浴しながら天城山を堪能しました(笑)

多くのハイカーとも交流して言われるのが「山が変わってしまった・・」と言う事です。

鹿の食害により笹が壊滅的な打撃を受けていることです、青々としていた地域も地肌が出ていました。
e0056797_8432812.jpg
追い討ちを掛けるようにテングサ病が拡大していました、葉っぱの無い笹ではイチコロでしょう。

それにより大変なことが始まっています。山に保水能力が無くなっているのです。以前は透き通ったスバラシイ湧き水が懇々と流れて居た所です。
e0056797_8422919.jpg
残念ながら此方でも乾ききっていました・・・
e0056797_8413971.jpg
コレじゃあワサビ農家は死活問題になるのも時間の問題です。

また山が健康でないと海もダメになってしまうことをご存知でしょうか!?

今現在でも伊豆は年間億を超える被害が出ているのです。

現在伊豆には約2万頭の鹿が生息していると言われていて、猟期+有害駆除+県の捕獲調整を合わせても全く間引きが出来ていないのが現状です。爆発的に鹿が増えてしまった原因のひとつは鹿の保護政策でした。メス鹿は撃ってはいけない、オスも一日1頭までと長らく規制があったのです。しかし、鹿はある一定数を超えると爆発的に増える傾向があり、もっと早くに対処してれば・・・今居る地元猟友会でも対処できていたかもしれません。しかしそれが遅れ、現在では全く対応できない所まで来ているのです。遅れた原因の一つに動物愛護団体が居るのですが、何でもかんでも保護すると逆に自然破壊が進んでしまう良い例です。他の地域でも同じような傾向がみられます。

自分達の大好きな山が死んでいく・・・

この山の自然を保護するには第一に大急ぎで増えすぎた固体を間引きしてバランスを取って上げる必要があるのです。その後には大掛かりな植樹活動も必要です。現代の自然環境は、人間が手を入れなければバランスは取れないのです。

そこで自然保護団体であるNPO法人 若 葉 は伊豆市と猟友会との度重なる協議を進めました。時には町の名物になるものはないかと相談される事もありました。試行錯誤の結果結果、無臭鹿肉コロッケ三種類を市へ持ち込んで試食した時もありました。
e0056797_1151242.jpg
ノーマルとカレーとメンチカツ!?です。
e0056797_1131091.jpg
てんこ盛りにして市の職員さん達に試食してもらい、正直な意見を頂きました。
e0056797_1143775.jpg
皆さん癖の無い鹿肉にビックリしていました。「コレなら売れる・・」とも言われました。中には鹿って感じがしないとか、肉が多すぎるかな・・と言う意見もありましたが、ほとんどの人が「コレが鹿!?」と癖の無さに驚いたのです。
e0056797_1174927.jpg
おかわりをする職員も・・・「今買ってるコロッケより美味い」と・・
嬉しかったです。
e0056797_1181892.jpg
食感を増やすための工夫や材料も吟味しているものの適切な肉処理とした鹿肉ならば、無臭レシピをマスターすれば家庭でも作れます。自分達は年に数回こういった山の恵みの食材を生かした物を販売して福祉に寄付してきたのです。

そんなこんなで「有害鳥獣捕獲」の許可を頂きました。ついに日本初の自然保護団体による生息頭数適正化活動を始めたのです。この自然保護活動に共感を持たれた団体が既に4団体あり、今回の地区にはその一つ「中部ビッグハンティングクラブ」と委託契約を結んだのです。

はたして上手く行くのでしょうか?

・・・つづく
by hidehoken | 2008-06-07 10:00 | Comments(4)
Commented by 変なおじさんハンター at 2008-06-08 18:24 x
美味しそうですねぇ~
最近、我が家では猟期になると鹿と猪の肉ばかりで、家族も少々食傷気味ですが、コロッケという手がありましたね。
こうして地味な努力を続けられている皆さんに頭が下がります。
Commented by たいちょ~ at 2008-06-09 12:00 x
変なおじさんハンターさん いらっさ~い
我が家もそうです。たまに食べると激ウマの鹿や猪も毎日では飽きてしまいます(笑)でも命を絶って得た食材なので、粗末には出来ません!自分も少しづつ料理を勉強中で~す(^O^)/
Commented by 名無し at 2013-01-15 00:22 x
猪や鹿などの獣害対策に日本オオカミ協会ホームページの"Q&A"にあるように狼の導入を! http://japan-wolf.org/content/faq/
Commented by たいちょ~ at 2013-02-25 07:29 x
名無しさん いらっさ~い
スイマセン!過去ブログに書き込みの為対応が遅れてしまいました。
昔はオオカミも重要な役割があったのは確かです。
本来なら自然界で安定した鹿の数を推移できるのが理想です。
しかし、現在の爆発的に生息数を拡大している地域に導入する場合、余分な殺生をしないオオカミを何党導入すればよいのでしょうか?
放す場所や時期がかなり難しいのも事実です。