エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

現代に必要な自然保護活動  その1

前回のお題が予想外の反響で驚いています。

このエキサイティングアウトドアは主に中部ビッグハンティングクラブでの活動を書いていますが、これほど意識レベルの高いハンターが書き込みして頂けるとは思いませんでした。とても嬉しかったのと同時に更なる困難に立ち向かう勇気と力を頂きました。

本当に  ありがとうございます。

さて本題です。

まず、海外の自然保護活動を色濃く反映した自然保護団体が法人格を所得した事を報告します。また、その自然保護団体に日本初の有害駆除の認可が下りたことをご重ねてご報告します。


その団体名は・・・・

特定非営利活動法人(NPO法人)
     若 葉

と言います。先進国での自然保護活動を参考にしていて、生態系のバランスを守り維持する事の大切さをよく理解している団体です。自然環境美化活動を通じて子供達への生態系の正しいし知識を教えています。会員の半数が女性ですが、特徴として複数の任意団体と提携することにより、各種専門職のメンバーが多数存在することです。

理事長は病院の電子カルテを提供する会社の女性社長で大変自然に対する理解があります。県商工会のメンバーで商工会議所女性部の副理事も兼任し、行政や議員さんとの面識も多数あります。

顧問には、自分達とは別次元の人脈の先生方になって頂きました。

副理事長には生態系の第一人者の大学教授に付いて活動してきた我が師匠が兼任、猟友会の担当者でも足元にも及ばない知識があり、人望も有ります。

その他にも多くの人達が賛同して力を貸して下さいました。

昨年度は合同で天城山の調査を行いましたが、今年は県の環境美化週間にNPO法人として参加!昭和天皇の大好きだった八丁池周辺の遊歩道や林道の整美(ゴミ拾い)を行いました。「中部ビッグハンティングクラブ」からもボランティアで参加して、細かな道案内をしながら下は5歳から参加するも無線も駆使して安全に広域で活動を行いました。
e0056797_1239380.jpg
車両規制のため舗装路から歩きです・・・

道下には多数の空き缶が散乱してました。
e0056797_12404738.jpg
結構すべるので、狩猟用の足袋を履いてくれば良かったです。
e0056797_12452298.jpg
ヤバイヤバイ・・
e0056797_12462053.jpg
何とか上がって来れました。
e0056797_12472041.jpg


美味しそうに水を飲む幼稚園児(5歳)、頑張れ!
e0056797_12483293.jpg
あっという間にゴミ袋が一杯に・・・各遊歩道ごと3班に分かれて活動しました。
e0056797_12511662.jpg
ちょっと休憩・・・予想以上のゴミでした。「コラ!テーブルに乗っちゃイカン!」
e0056797_12504070.jpg
新しい看板の横には古い看板が・・・業者はこんなのを放置して良いのだろうか?
e0056797_1254399.jpg
八丁池には既に他の班が到着済みでした。
e0056797_12545996.jpg
女性も、こんなちっちゃい子も頑張りました。
e0056797_1256556.jpg
子供達にも良い経験だったと思います。
e0056797_12575222.jpg
美しい湖畔の横にはドラム缶が・・・小さい子にも良いことと悪いことの区別をさせる為にも見せました。あまりの汚さにビックリしていました。
e0056797_12591331.jpg
しかもいく箇所もありました・・
e0056797_1302867.jpg
五歳児は寒がってネズミ男に・・・
e0056797_1314135.jpg
それにしても笹っ葉がまるで有りません・・・ほぼ壊滅状態です。
e0056797_1324440.jpg
不法投棄も多く、車両を乗り入れないととても撤去不可能でした。
e0056797_1342065.jpg
多めに持ってきた手持ちの袋は一杯です。持ち帰るのも一苦労!
e0056797_1364341.jpg
それを分別して缶は圧縮しました。
e0056797_138570.jpg
コレだけでもえらい労力です。
e0056797_1392035.jpg
お凄まじいゴミの量に圧倒されましたが、今後も継続していくために県の計画に則って協力し活動します。
e0056797_1394616.jpg



そして自然保護活動の一環として、鹿等の生息頭数の適正化活動を実行し始めたのです。まずは活動拠点となる静岡県において、最大級の被害が出ている地域から活動を開始しました。!今回はその地域で最大級のクラブで実績が高く30年近くに渡り無事故で活動してきた我が「中部ビッグハンティングクラブ」が委託契約を交わし活動を開始したのです・・・・すると、「市としては一頭でも多く獲ってもらいたい」と言うのですが、なぜか話が思うようにいきません。実は影で何度も何度も邪魔をしていた団体が居たのです・・・情けないことです・・・

つ づ く
by Hidehoken | 2008-06-03 13:17 | Comments(2)
Commented by 変なおじさんハンター at 2008-06-04 11:39 x
いや~素晴らしいですね・・
相次ぐ銃の事件事故や、一部の低モラルのハンターによる悪行で狩猟者とか鉄砲撃ちはとかく世間から白い目で見られがちですが、このような活動を始められ、アピールしていけば必ず世間の見る目もかわっていくはずです。
私も今後はたいちょ~さんをはじめ、貴会の先輩方に様々なご指導を乞いたいと願っておりますので、よろしくお願い申し上げます。
Commented by たいちょ~ at 2008-06-04 20:24 x
変なおじさんハンタ~さん いらっさ~い
いや~まだまだです。やりたい事の10分の1も出来ていません。
アピールも今まで以上に考えていかなくてはなりませんが、今まででも物凄く手間の掛かる作業なんです。でも遣り甲斐を感じています。
本日も若い世代を育てようとするグループを発見しました。今後は此処とも連携していくつもりですので此方こそよろしくお願いいたします。