人気ブログランキング |

エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

19年度の思い出  その4

・・・つづき

急いで銃袋を剥ぐって装填!既に獲物は真下を過ぎてしまいました・・・
しかし、一頭目を見逃したラインに沿って逃げています。

コレだけ雪が濃いと走りやすいコースは決まってしまうのです、ウツ(獣道)が解らなくても予想が付きました・・・「この辺かな・・・」1.5倍に倍率を落としたスコープで待ちました、この時両目照準が出来ると視野が広がり有利です。不慣れですが両目を開けて視野を確保して木と木の間を狙って待ちました・・・

「来た!」 ど~ん!! 「ヤベッ ちょっと遅れた・・」

どうやら腰に入ったらしくその場にしゃがみました。「良し!」頭は持ち上げていますが、動けないようです。動けないなら始めの獲物を処理してから今の獲物の処理をしたい所ですが、前回は確認もせずにトドメを刺さずに置いた為に逃げられ4時間半の追跡劇をした経験から今回は即トドメを撃つ事にしました。

頭をよ~く狙って・・・ど~ん!
力が抜けるように崩れて、木にひっかかり長い眠りにつきました。

見えますか!?撃った場所から撮影しました。
e0056797_11204034.jpg
ズームで見てください、スコープではこの位の視野です。
e0056797_11205684.jpg
くぼ地を滑るようにおり込むとこんな感じでした。
e0056797_11215040.jpg
真近で見ると中々のサイズです。
e0056797_11221451.jpg
もう一頭も同じぐらいの良いサイズでした・・「嬉しいけどヤベ~」
「どうやって引き上げよう!?」

二頭いっぺんに引き上げは無理なので一頭ずつ引き上げるか・・・

一頭でも引きあがりませんでした・・・(泣)

結局現地バラシです(泣泣)「せっかくの雌鹿が・・肉が痛む・・・」よく水に浸けたり、雪に埋めたりする方が居ますが、肉を直接水や雪に付けると水っぽくなり、味が極端に下がってしまいます。又雪で急激に冷やすのも肉質が落ちるのです。日本鹿の肉は丁度良い温度で丁寧に徐々に冷やしていかないとダメなんです。

大バラシして道まで5往復・・・すでにヘロヘロでした。

これから雪に埋もれたランクルまで一時間半位かな・・っと思いましたが、結局2時間以上かかって車に付きました。「やっと付いた~」全身の力が抜けるのを感じながらも久々に充実感がありました。三年越しの植林の中の鹿撃ちに成功したからです。しかも二頭も・・・

前回の忍び猟では植林の中を飛んでる鹿に二発掛けても外しているので尚更でした。

しかし、問題点も有りました。大バラシするのを考慮したナイフを持っていましたが、もう少し装備の充実も必要ですね!残念ながらかなり気を付けてバラしたつもりでしたが、雪が付着したり冷えすぎて凍りついたりしていました。師匠の肉を見る目は厳しく「売り物にはならないから自家用」と言われてしまいました。苦労して持ってきただけに残念です。師匠の基準の肉質には届きませんでした・・・師匠は山でバラス時はサラシも持っていくと言ってました。使い方を教えてもらい「ナルホド!プロは肉質を保つ為にこんな事もするのか・・」と大変参考になりました。

マタギ(プロ猟師)になるにはまだまだ覚える事がいっぱいですね!


    お わ り
by hidehoken | 2008-03-26 11:56 | Comments(7)
Commented by 変なおじさんハンター at 2008-03-27 19:38 x
たしかに・・・・
豊和で程度が良いモノは探すのに苦労しますね。
行き付けの銃砲店で「豊和カービン」の極上品が出たことがあったんですが、他のライフルを申請中だった為に涙を呑みました。
予想通り、その銃はすぐに売れてしまったようです。
00B、000Bはかなり有効なので、私も好きなのですが、地元では申し合わせで使用禁止になり、もっぱら他県での使用に限っています。
しかし、これだけの場所から射止めるなんて大したものです。
Commented by べん10 at 2008-03-27 23:50 x
仕留めるまではすげー楽しいけど、仕留めたあとは
どうやって持ってかえろうかで、テンションさがります。
単独猟はそのような苦しみもまたいい思い出になりますよね。
Commented by ナイトハンター at 2008-03-28 15:37 x
たいちょうさん皆さん初めまして、ちょっといい歳をして、皿撃ちと狩猟を初めて3年目のナイトハンターです。毎回臨場感たっぷりのブログわくわくしながら読んでおります。年に2~3回は、鹿撃ちに行っておりますが、初めての時にビギナーズラックで雌の若鹿を獲れてから、なかなか2頭目が獲れませんが、毎回少しずつ感じがつかめてきている様に思います。これからも参考にさせて頂きますので、更新頑張ってください。
Commented at 2008-03-28 21:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by たいちょ~ at 2008-03-28 23:11 x
変なおじさんハンターさん いらっさ~い
自分も始めてのライフル申請中に極上の新古品豊和に出会いました・・・あの時押さえて置けば・・・と悔やまれます。
こういう場所で何度も逃げられて悔しい思いをしてきました。相談すると師匠からは先ずはショットでバラ弾を使って獲物に当てる感覚を掴むように言われました。その後、何度も何度もショットでは当たるのにライフルでは外して落ち込んだものです。でもあきらめずに経験を積ませて貰いました。雪にも随分助けられました。そしてようやくライフルでの感覚が解りかけた処です。ラッキーでした、そのお陰で一気に捕獲率が上がったんです。
Commented by たいちょ~ at 2008-03-28 23:16 x
べん10さん いらっさ~い
そうなんです、悩み工夫して撃つのは楽しいのですが・・・その後の事も考えて撃たないと大変です。師匠曰く「この苦しみも獲らなきゃ味わえないんだから、ありがたく思いなさい」と・・・おっしゃる通りです(泣)
Commented by たいちょ~ at 2008-03-28 23:31 x
ナイトハンターさん いらっさ~い
はじめまして!いつも読んで頂いてありがとうございます。
少しでも実猟の参考になり、楽しさが伝われば嬉しいです。
今後も書き続けます、お互いに頑張りましょ~