エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

迷い銃・・

数年前に先輩ハンターから頂いた「ブローニング BAR」古きよき時代の銃です。レシーバーも削りだしでガッチリ作ってあり、特に引金の材質が違うのか引き味がスバラシイ自動銃です!

しかし・・いかんせん 重い。 3.6kg・・スコープ付けると・・××

一昨年はあまりの重さに数回使っただけでメゲました。

しかし、昨年度は十数回使用したメインウエポンになりました。それはモデルセブンを参考に銃身を切り詰めたり、削ったりして大幅に軽量化したためです。元がビール1ケースで頂いた銃なので惜しげもなくストック(銃床)も自分の手の形に削りました。少しでも狙うまでの時間を短縮する為です。
e0056797_913070.jpg

オートで銃身の切り詰めは回転不良に繋がりますので十分に弾の選定が必要です。この銃の場合は125GR(グレイン)以下の弾頭では回転不良が出るようになりました。最新のBARはガス圧調整ネジがあるので軽い弾でも問題有りませんが、この当時の銃にはそんなものは有りませんので弾で調整する必要があります。150GR以上なら初速を落としても回転しました。肉の痛みも考えて低初速で150GRのSP(スピッツアー)と言うとんがった一般的な弾頭と、RN(ラウンドノーズ)と言う先の丸まった薮撃ち用弾頭の弾を作って実猟に使用しました。

普段はSPの弾を使い、木や草が多いい所ではRNの弾で勝負しました。この組み合わせで昨年度は大量に捕獲、この銃だけで10頭の鹿を捕獲しました。銃を譲ってくれた先輩も喜んでくれました。その後この銃が欲しいという先輩も居たので譲る約束をしたのですが、話が進んでないのでこの銃も今年使うことも前提に準備することにしました。

現在のBAR用弾は初速を抑えることで反動も少なくなり、低倍率のスコープならダブルタップ(2連射)しても何とか獲物を捕らえられ中々Goodです。しかし雪が降り、銃やスコープが凍りつくとジャム(回転不良)が目立ちました・・こういう時はボルトが確実ですね!弾の詰め替えも面倒ですし、長距離だと弾の落差も激しいです。

そこで今年は、もう少し弾速をあげて命中精度と完全作動率を上げることにしました。弾頭はRNメインで作る予定です。この際反動は目をつぶります。

もう一つやることは、ワンタッチマウントの装着です。
巻き猟ではスコープが邪魔ですし、霧が出た時は素早く外したいからです。
さらに、スコープも雪対策をします。

これで、巻き猟から忍びまでする日も何とか一丁でカバー出来る筈です。

モデルセブンには忍び専用銃として極寒時と長距離をカバーしてもらい、
ウインM1300には巻き猟専用銃として特に植林の中で活躍してもらえば
完璧?ですよね・・。

上手く行けば今年も美味いお肉ゲットっじゃあぁ~~楽しみ~

コリン星からやってきたタコも楽しみだそうです・・。
e0056797_9581219.jpg

[PR]
by hidehoken | 2006-07-06 08:38 | Comments(3)
Commented by ロビンパパ at 2006-07-06 21:48 x
すごい!!
内容が濃いですね~体験で得たノウハウを書かれてるので
説得力あります。銃の選定の参考になりますよー
それにしてもサハラ君になんて格好させてるんですか?笑っちゃいましたよ。うちのロビンならおとなしくこんな格好させてくれません。大暴れです。
Commented by まり~んまぐなむ at 2006-07-06 21:52 x
歴戦の勇士って感じがでてますね。BAR
自動銃の中で一番好きな銃ですよ。

タコ星人もイイ味出してますな~
「るる号」もなにかコスプレ考えねば… (-"-)
Commented by たいちょ~  at 2006-07-06 23:23 x
ロビンパパさん いらっさ~い
いえいえ、これはサハラに似た「タコ」です・・。初めは大暴れしてましたが、「すごいすごい」とか「かわいい~」とか褒めてやるとこの格好で得意になって走ってましたよ・・ほんとアホです。

近いうちにこの銃の完成形をアップしますね!

マリ~ンマグナムさん いらっさ~い
BARはある程度信用して良い銃だとおもいます。しかし、雪山での使用はイマイチの信用度でしたが、最新のBARなら良い気がします。

今度は、レピーターの特集でもしようかな・・