エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

獣医対サハラ

アホ犬 サハラを連れて近くの動物病院にいってきました。
狂犬病の注射の為です。

よほど注射されるのが嫌だったらしく、先生を威嚇する始末・・
獣医さんが近づけません。
教育がなってないとお褒めの言葉を頂きました。

確かにペットとしたら落第かもしれません・・・

しかし、サハラは仕事をする犬です。

以前に遠いけど評判の先生に診てもらったときはもっと酷かったのですが、この犬は仕事をする犬であり猟犬なのだからこれ以上人間がコントロールしてしまうといい仕事が出来なくなると逆の注意をされたのでした。

走ったり吼えたり追いかけたりする猟犬の血をより濃くした猟系の犬です。その個性を生かすべきだし、無理やり押さえ込むとストレスでウツ病になるかもしれないと言われました。

猟をしなくても山で遊ぶのが大好きですし、少しの運動量では満足しません。

散歩に付き合うのも大変ですし僅かな休日もつぶされてしまいます。自我が強く普段は従順でも嫌なことは飼い主にも牙をむいて唸って訴えます。しかも利口で自分で物事を判断して行動し、逆に手を焼くこともあります。

たしかに注射を持った男(獣医)や大きな鹿には吼えたり唸ったりしますが、自分の半分もない子犬や子供には転がってすぐに腹をだし自由に触らせます、子犬に飛び乗られ顔を踏まれてもけっして咬んだり吼えてリしません。自分より弱いものは可愛がるんです。

アホ犬でもオイラはそんなサハラが大好きです。

e0056797_22143792.jpg

以前紹介した、おいらの真似して寝るサハラ。
[PR]
by hidehoken | 2006-04-07 22:18 | 愛犬(猟犬?)、ペット達 | Comments(0)