人気ブログランキング |

エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

自然環境保護活動

自然環境保護活動を真剣に考え行動して行くと、ここまで人間によって破壊された自然界は頬って置くと更に自然破壊が進んでしまう現状に直面します。

人間が山に入らなければ、豊かな自然に戻るのは過去のことです・・・

残念ながら、人間が積極的に管理しない山は荒廃の一途をたどっています。


日本中で問題になっている鹿の食害は良い例です。

適正でない保護が異常に増えた原因の一つなのは間違いありません。

また、ハンターもイノシシ狙いで、鹿が来ても撃たない(撃てない?)と言う人がとても多くいたのも事実です。


今、ハンター一人一人の行動が問われてるのだと思うのです。

また、佐世保の事件から銃刀法も改正されたのはなぜか!?

多くの狩猟クラブも今一度考える必要があるのではないでしょうか?
by hidehoken | 2010-11-23 10:16 | 生物多様性と自然保護活動 | Comments(2)
Commented by 一般社団法人日本銃砲所持者協会 at 2010-11-27 10:23 x
始めまして、所持者協会の橋本勝彦と申します。
弊協会を本年の6月に一般社団法人として設立致しました。
度々、ブログは拝見しておりますが。
一言で自然保護と言っても、多岐にわたっての作業もあると思います。
保護活動に関しては、私自信は勉強不足もあり詳しくは有りませんが、実際の作業には幾度か従事しておりますので、多少は現場の状況であれば解ります。
詳しくは、コメントの範囲では書ききれませんので、時間がある方は、私のブログを見ていただければと思います。
一般社団法人日本銃砲所持者協会、グーグルで検索して頂ければ良いと思います。
前後致しますが、弊協会を設立するきっかけも捕獲作業等に従事した事による部分も有ります。
弊協会の活動指針は所持者の地位向上であります。
但し、誤解しないで頂たいのですが。
徒に、権利ばかりを主張する団体では有りません。
良く、お問い合わせを頂くのですが、所持者協会に入れば銃の所持に有利になると思われる方が居られます。
この様に考えられる方には、全くの逆効果しか有りません。
日本に於ける銃の所持は、個人の資格、資質が問われます。
所属団体の名称では無いのです。
Commented by たいちょ~ at 2010-11-29 10:44 x
一般社団法人日本銃砲所持者協会さん いらっさ~い

はじめまして、自然環境保護と言っても本当に多くの活動が支えあって効果が出るものです。ですから野生動物の適正頭数化事業は活動できる団体は限られているため、どんなに大変で採算が合わなくても活動を続けて来たのです。なんとか、この自然環境を次世代の子供達に残していきたいと考えています。

追伸、自分も日本に於ける銃の所持は、個人の資格、資質が問われているのだと思います。