人気ブログランキング |

エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

ランニングターゲット全日本選手権に向けて  その2

かる~く 試射してきました。

まずはサイト調整・・・着脱とアイリリーフ変更したものの、思ったほどズレが無く2発で調整完了!その後も、二回アイリリーフ変更・・・そのたびにサイト調整・・・僅かな違いが着弾点を変えて行きます。
e0056797_1221742.jpg


これでアイリリーフは完璧!?と思いきや、移動的を撃って直ぐにパットの挟んだ僅か1~2ミリの青いスペーサーが気になり取り外し・・・こうやって少しずつ素早い構えが出来るようになってきました。
e0056797_1219077.jpg


段々と、銃も練習も実猟に近づいて来るのも感じて良い気分でした。



規制の少ないランニングターゲットです。気分良く、どんどんエスカレートして行きました。
構え方も優勝者やランニングターゲット部会の公式最高記録を持つ人の撃ち方を真似て練習・・・・スパッと銃庄を上げるだけでそのまま撃ちます。撃ってみると反動の無いエアライフルや22RLで有利な撃ち方ですね、6mmPPCでも何とかなりますが、スラッグや308winでは厳しいだろうな・・・でも世界大会の画像を見ても、皆このうち方をしています。自分も勝つためにこの構え方を練習しました。

引き金も勝つために、更に軽くしました。現在の射撃銃は僅か60g程で引き金が引けますから、練習しながらどんどんそれに近づいていきました・・・・もう1.5kgの引き金は引けない指になるでしょう・・・それでも全日本で入賞を狙うなら・・・っと、どんどん軽くしていきました。

すると、最近 実猟で使っているモデルセブンの軽く切れの良いカスタムトリッガーが重く感じるようになったのです(泣) このまま激軽トリッガーに移行して行ったらどうなるのでしょう・・・!?

しかも、急激な銃の変更に体のほうがついて行ってません。

間違いなく銃の戦闘力は上がっていますが、思ったほど点数が上がらないのはその為です。
でも、入賞を目標にするのならより戦闘力の高い銃に慣れる必要があります。

ここに来て迷いが出ました、いったい自分は何を求めているのか!?

オリンピックや世界大会を考えているのなら、更に軽い引き金を使いこなして行く必要があります。先にも書きましたが現在の射撃銃は僅か60g程で引き金が引けますから、選手もそれを使いこなして来るわけです。当然選手たちの平均点数の次元が変わります。構え方も変えてエアライフルや22RLの殆ど反動の無い銃ならではの撃ち方をした方が有利なのも解りました。構える時間が少なく、狙いこむ時間がコンマ何秒か余裕が出来ます。また、スコープも専用のダブルポストを使いこなすのも絶対条件でしょう・・・・つまりランニングターゲットの世界でも極めると射撃専用銃とランニングターゲット専用の撃ち方が存在するのです。考えて見れば当然の事ですが・・・

ランニングターゲットはその他のライフル競技よりも圧倒的に内地の猟に適していて、身近な銃にスコープを付けただけでも十分射撃を楽しめます。だから入会したにも拘らず、勝つために実猟からかけ離れてしまうのは本末転倒です。紙には当たるけど、獲物には当たらないという射手にはなりたくありません。事実ランニングターゲット専用のダブルポストのスコープにしたら、リードを取らなくて良いので点数が上がったものの、獲物でもリードを取らない癖が出てしまい失中する事が多くなった・・・と言っていた人がいました。

一気に競技に勝つ事ばかり考えたら、過ぎたるは何とかになってしまいそうです・・・

今の自分のレベルでは競技専用の撃ち方を増やしても自在にこなす余裕はありません。
実猟と同じ撃ち方を、よりスピーディに構える工夫をして点数を伸ばす事からやるべきでしょう!


さてどうするか!?紙撃ちに徹しないと勝てないかもしれませんが、一番実猟に近いセンターファイヤーライフルに出場するのですから、自分は実猟にもプラスになるセッティングで射撃を行いたいですネ。

そんなこんなで再セッティングしました。
引き金も、実猟銃を自在にこなす為の若干重めのセッティングにしました。
スコープも通常のデュープレックス(十字)で、前大会よりも若干低倍率です。
ストックもノーマルのサイズに戻りました。
e0056797_122178.jpg
この方が実践的ですね、今の自分には気持ちが入ります。

一気に気合を入れていたのですが、あまり先を急がず現段階では今の自分のポジションにしっかり根をはり、これを基準に発展させて行くようにしました。

腰を据えて、じっくり練習したいですね~  


あ~ 時間が欲し~
by hidehoken | 2010-09-21 12:02 | Comments(2)
Commented by ナイトハンター at 2010-09-21 17:16 x
ウーン、実猟のための射撃か、射撃のための射撃か?

やるからには勝ちたいし、元の目的とは逸れるし、難しいところですね。

最初の目的が狩猟の技術向上の一貫で有ればそちらを主体に考えたい所ですよね。

射撃専門の人のセッティングってかなりマニアックですよね。
Commented by たいちょ~ at 2010-09-21 23:57 x
ナイトハンターさん いらっさ~い
確かに難しいところで悩みますが、ランニングターゲットは日が浅い事もあって、実猟射撃と競技射撃の差が少ないほうだと思います。

まずは今までのスタンスでやれるところまでやってみます。
限界を感じるまでやって見て、その後に方向を決める事にします。どこの世界でもルールを味方につけて戦う人が有利ですが、自分はへそ曲がりなのでスイマセン。