エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

<   2012年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ちょっと一息

e0056797_1116639.jpg

e0056797_1116692.jpg

忙しくまたまた放置状態…

そんな中、物置を片付けていたら怪しい物が出てきたので取り付けてみました。

車はランドクルーザーの71プラド 最終型の3000ccターボディーゼル
これで雪山でのスタック車両の引き出しや、鹿の引き出しに効果を発揮することでしょう!

因みにこのヒッチメンバーは元々はキャンピングトレーラーを引っ張る為に手に入れました…以前から欲しかったのですが、残念ながら購入するお金が貯まりません(泣)

へそくりは何時も弾代と鉄砲購入で消えてしまうのです(笑)

あ〜 何時の日かキャンピングトレーラーでリッチなアウトドアを楽しみたいと思いつつも、現役で射撃をしている内は無理かな…と思ったのでした。

シクシク。
[PR]
by hidehoken | 2012-06-30 11:16 | | Comments(0)

ぼちぼち撃ち始め その後

またもや放置状態のブログですが、UPせずにネタばかりドンドン蓄積中です(泣)催促のお話が幾つもいただきましたので、時間の無いときはツイッター並みのブログで申し訳ないのですがUPしますね!

そんな訳で40度近い高熱後、フラフラの病み上がり状態でのランニングターゲット 東日本公式戦をアップします。

病み上がり直近では、ずっと立っているのも辛い状態でした。しかし、前回の記録会に参加できなかったので、なんとか今回は出場したいところです。

そこで40発撃ちのライフルではなく20発撃ちですむスラッグで出場しました。

実はスラッグでの参加は2回目になるのですが、昨年末はじめて参加したらなんと4位で入賞できませんでした(泣)

今回はそのリベンジをしたいところです。

銃は猟友会仕様のMSS-20です、ランニングターゲト用のセッティングではありませんが撃ち込んだ仕様です、今回はあえてそのまま出場しました。
e0056797_11592972.jpg
このパットは静的には良いのですがランニングターゲットでは移動する的が出てから構えるため不利になります。理想はスキート用のパットで滑るように素早く構えられて尚且つ構えたら滑らない構造のものです。
e0056797_123840.jpg

この実猟からかけ離れた高倍率スコープもランターでは必要なく、重くて瞬間的に構えるのに不利になります。
e0056797_126498.jpg

しかし、今後の事も考慮してあえてこの仕様で参加しました。

弾も前回ボロ負けしたアポロです・・・敗因は撃ちなれたレッドバードとの初速の違いを修正出来なかった事です。今回は前回の経験でどの位遅れるか把握していますので、いきなりの本番でどれだけ対処できるかを経験しようと思いました。
ですから試射はおろかサイト合わせも無しです。

今回の無理な参戦は公式戦を使ったプレッシャーを掛けた実践練習です。

この状態で勝つには余分な事は考えられません。
幾つかの作戦を立てて実行するのみです。
後は精神力の勝負、自分との闘いです。

まず、1ラウンド目 スラッグは10発撃ちです。
初弾右から左・・・前回の失敗を踏まえてリード修正して一発・・・ど~ん
左から右の帰りも同様に撃ちました。 ど~ん
う~ん、まだ撃ち遅れ・・・さらに修正して ど~ん
よし、どんぴしゃ!

そんなこんなで10発撃った結果です。
e0056797_1293686.jpg
e0056797_1292743.jpg

79点、出来れば80点台が欲しかったのですが。病み上がりとアポロでの結果としてはマズマズでしょうか?

体調不良ながら、後輩を抑えて暫定一位・・・

しかし、さすがに射場のお手伝いまでは体が辛くなりました。

キツイ!

しかし、こんな不調めったに味わえない絶好のチャンスです。
この状態で何処まで集中出来るかです・・・

2ラウンド目・・・やはり先ほどの集中力が出ません。
そこを踏ん張るも散ります・・・
くそ~ まだまだ精神力が甘い!
e0056797_1223041.jpg
e0056797_12231056.jpg

残念なのは下に行った一発・・・ミスショットではありません。
若干横転弾になっていますが、これはアポロ特有のはずれ弾です(泣)
痛恨の72点でした。

でも以前、酷い時は5~10発に1発入っていたはずれ弾が20発に一発に品質UPしています。これは評価してよい企業努力と思います。

そんでもって表彰です。

じゃじゃ~ん
e0056797_12273923.jpg
なんとかリベンジ出来ました。

悲願の東日本公式戦 優勝でございます。

まだまだ改善点はありますが、今回の試練は概ね乗り越えられたと思います。

あ~ しんどかった。


おわり。


追伸、体調不良時に運営の手伝いをしていただいた多くの方に感謝いたします。
[PR]
by hidehoken | 2012-06-04 12:30 | 実銃、射撃練習、射撃大会 | Comments(8)