エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

厳しい現状・・・・(追加有り)

あらためてまして、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

また、現地で復旧活動をされている多くの自衛官・警察官・医療関係者・ボランティア等の皆さんお疲れ様です、体に気をつけてがんばって下さい。

親戚の警察官も応援に行くことになりました。
自分も何時行くことになるか判りません。

実は、福島はテレビで放送されているより酷い状況とのことです。

予想以上の被害に現地の住民や企業はもとより、他府県の住民や企業等にも影響がでています。残念ながら復興には年単位の時間が必要でしょう。

さらに追い討ちをかける原発・・・事故から2週間以上たってなお沈静の兆しが見えません。多くは語りませんが、諸外国はなぜ一週間も前に80キロ圏外へ退避するように自国民に指示をしたのか?よく考えた上で個々に判断して冷静に行動したほうが良いと思います。



さて、本年度の射撃も東日本大震災の影響で予定が滅茶苦茶になっています。

まず、社団法人 銃砲射撃協会 主催の事前講習が中止となりました。
来月初旬の日本クレー射撃協会 ランニングターゲット部会の公式記録会も中止となりました。当然段級審査もお流れです(泣)
一都八県の大会には静岡県猟友会は出場しないとのことです。
今年は県猟の大会も行うか判らないとのことです。

また、射場自体も計画停電で開店休業状態です。
特に電気を使うクレーやランニングターゲットは最悪です。
ある程度復興するにも数ヶ月は掛かるはずです。
このまま片っ端から中止してよいのか!?
自分達はまだしも、がんばってる後輩や学生は!?
次世代を担う後輩たちの活躍の場を、
すべて奪ってしまうのは良くないと思います。

今後、自分達の主催する大会を自粛するか検討しました・・・

結果、震災から暫くは自粛・中止とするも、その後は逆にチャリティーを兼ねた大会を主催することにしました。中止より復興の為に少しでも力になれるようにチャリティー大会を開くことの方が重要と判断しました。

すでに、僅かですが何度も義援金に協力をしました。
今後は自粛から復興支援の活動に切り替えます。
自分達だけでなく、多くの団体がプラスの行動に変わるのを望みます。
ご理解の程よろしくお願い致します。

たいちょ~より。


追伸、現地以外でも悲惨な状況になってきました、状況を見ながらですが自粛期間が延びそうです。自然保護活動とその関連事業は開催いたします。
[PR]
by hidehoken | 2011-03-29 14:41 | 生物多様性と自然保護活動 | Comments(10)

噂の試したい銃 実射編 その2

・・・つづき

当たりが良い銃ではありませんが、思ったよりも撃ちやすく初撃ちのわりに体にフィットしてました。しかし、本当に撃ちやすいか!?実践で使えるかは!?は移動的を撃たなくては分かりません。

以前所持していたBAR-Ⅱの時がそうでした、静的では十分当たるのにどうしてもボルトアクションよりもプアな引き金のため移動的を撃つと遅れたからです。実際、実猟において、スナップショットをことごとく外した経験があったからです。その後引き金をカスタマイズした物に変更して撃ち遅れがなくなり、複数頭来る獲物に対して絶大なファイアーパワーを発揮してくれるようになりましたので、M7600も同様に撃ち遅れるか確認したかったのです。

ちょうど3月初旬に選抜された狩猟者をメインにNPOの団体を中心に射撃訓練がありました。
土曜にも関わらず、20名近い選抜者が集まり移動的の練習をしてのですが、その時に実験を含めて練習しました。移動的と言っても通常のルールではなく、もっと実践的なルールで行いました。

それじゃ~ パカパカ撃ちましょう!

初移動的、50mスローラン(移動時間5秒)、獲物(的)が出てから構えるRTルールでの結果です。レミントン自動銃系の引き金は、切れが悪いので絶対撃ち遅れると思ったのですが・・・

右から左10発
e0056797_10534046.jpg
苦手な左から右の10発
e0056797_1054140.jpg
初撃ちにしては上々です(祝)

意外に良いです。

引き金を磨いてあるだけではボルトアクションの引き味に慣れた自分は必ず撃ち遅れます。ストックが短めなせいでしょうか!?銃身が短くて振り安いからでしょうか!?それとも使い慣れた低倍率のスコープのおかげでしょうか!?

とりあえず、2ラウンド目

左から右が良くなるように心がけました。

結果、右から左
e0056797_1111632.jpg

左から右
e0056797_1114865.jpg


う~ん!実猟銃の初移動的としたら十分!GOODです。


調子に乗ってファーストランに挑戦!(移動時間2.5秒)
もちろん獲物(的)が出てから構えます。
1秒で構え、1秒で狙い撃たなければ間に合いません。

右から左
e0056797_1123127.jpg
左から右
e0056797_11233137.jpg


苦手な左から右は撃ち遅れてますが、初めてにしては良いんじゃないですか!?

前オーナーが磨いた引き金は、ノーマルのストロークなので引き代は大きいのですが、予想以上に引きやすかったです。グリップが細く握りやすく、ストックも短めで構えやすかったのもプラスに働いたようです。

結果、ライフルとしては精度はイマイチながら、実猟においてはかなり期待できる銃のようです。

もう少し引き金のキレを良くしたら、更に良くなると思いました。

結論。

レミントン M7600は、
予想以上に実猟で使える銃だと思います。

実践にご期待ください!




追伸、それにしても選抜された狩猟者は良く撃ちますね~
少ない人でも5~60発撃ったんではないでしょうか!?
やはり、実猟で旨い人は例外無く練習しています。
彼らが撃ち手なら安心して犬掛けが出来ます。

今猟期に検証した選抜狩猟者研修会において、初めての山に、初めての仲間と捕獲作業をおこなっても、一定基準を超えた者だけでの捕獲であれば、安全に捕獲できることが確認出来たのです。

安全に捕獲が出来る組織ほど捕獲率も高いのですから!

こちらも今後が楽しみです。
[PR]
by hidehoken | 2011-03-16 08:27 | 実銃、射撃練習、射撃大会 | Comments(6)

噂の試したい銃 実射編その1

初めに・・・

このたびの地震により多くの被災者がでました。

あまりにも酷い結果にコメントのしようもありません。

微力ながら、復興支援に少しでも力になれたらと思います。



さて、「噂の試したい銃 実射編」は地震のため暫く自粛していました。
地震の前に実施したものですのでチョット日が開いてしまいましたがご了承ください。
e0056797_9475618.jpg

因みにレミントンM7600のカタロクデーターでは重量3.4kgです。
ちょっと重たく感じますが、実は軽量なんですけどね・・・

ご存知のようにブローニングのBARシリーズのライトウエイトやショートトラック、べネリ アルゴは実測で3.2kgほどだからです。BARが人気が高いのもうなずけます。
しかし、スチールフレームの自動ライフルで比べると、シェアの高いBARシリーズは約3.7kgと実はレミントンの方が軽いのです。因みにBARが重いか!?というと、同じ308クラスですとモロト・AR-10・SAR・64小銃・バルメその他もろもろ約4.2kgですから、あれだけ丈夫なサファリが3.7kgというのはかなり軽量なのです。丈夫で軽量で作動が確実、しかも当たるからBARがあれだけシェアを持っているのです。

その中で3.4kgのレミントンは、実はスチールフレームの銃の中では飛びぬけて軽量な部類なんです。ですからレミントンは重い!!と言うのは間違いです・・・実際に持ってみると重く感じますが、それは贅沢な意見です。

またレミントンは持ってみるとブローニングよりも全体的に細身で、グリップはこちらの方が握りやすいと感じる方も多いと思います。自分自身もレミントンの方がフィット感があります。

外見上もレミントンの方がカッコイイという方は多い意です。しかし、オートのライフルに関しては作動性が問題です。30-06ではめったに聞きませんが、308に関しては調子が悪いという人が結構いて、「いくら修理しても直らないからBARにした」と言う人が何人もいます。もちろんなんとも無いという人もいるのですが、自分は308や243に関してはBARのような信頼性は持っていません。原因の一つはマガジンで、無理やり30-06のマガジンにスペーサーを噛ませて造った308・243共通のマガジンは弾が今一つスムーズに装填しません。これはM7600でも同じで、無理やりスライドさせるから良いようなものの、スプリングの力だけでは絡むだろうな・・・と思える動きをすることがありました。

レミントンは荒削りな銃ですからブローニングと比べると当たり外れが多いのです。
中古はその点前オーナーの情報が入るので安心です。自分のM7600も「ゆっくり装填すると引っかかる事があるが、素早く装填すれば問題ない」との事でしたので所持したのです。

思えばボルトアクションンのモデルセブンの時も装填不良が有りましたので、レミントンの伝統?と思って諦めましょう(笑)かなり以前に書きましたがモデルセブンはマガジンのフィッティングを含めた再セッティングを行い、現在はスムーズに装填できます。このM7600も同様の再セッティングを行えば良くなると感じました。
e0056797_927949.jpg


さて、取りあえず撃ってみましょう!

初撃ちです。

ど~ん!

撃ち味は、軽量なモデルセブンと同等ながら若干撃ちやすいかな?と感じる程度の反動でした。それでも軽量弾等の243winなのに308winのBARーⅡサファリ BOSS付きよりも鋭い反動ですね・・・銃身が20インチに切り詰めてあるのでノーマルよりも反動がキツイはずですが、現状ではサファリBOSS付き並みの連射は厳しいのが分かりました。

あと、精度はBARにはとても及びません。50mで10円だまの精度でした。構造上精度が期待できる作りではありませんが、予想通り50mでもワンホールになりませんでした。これはガタは無いとはいえ、フレームに銃身をはめ込みボルト一本で固定する構造だからです。レミントンM870を高精度に高強度に組んだだけで基本構造は同じだからです。

これが、「150mまでの銃だよ!」と言われる理由です。

でも良いのです。
それよりも、ベショ雪の中での忍び猟の時に何度も経験したオートの作動不良から開放され、150mまでの範囲で群れに対して連射できる能力の方が重要だからです。

確実に次の弾を撃てる最速のシステム!

これがこの銃の魅力なのですから。



つづく・・・
[PR]
by hidehoken | 2011-03-14 11:04 | 実銃、射撃練習、射撃大会 | Comments(2)

津波による幹線道路閉鎖状況等

今回の地震で安否情報が取れずご心配されている方も多いと思います。
現在は電話がやっと繋がる様になりました。
当ブログを開放しますので情報を書き込んで頂いて結構です。


なお、ニュースでは地元静岡の情報が入らないので、お困りの方も多いいと思います。12日10:00現在の状況をお伝えします。

昨日の津波により幹線道路の通行止めが続いています。

富士から清水間が国道1号線でも通行止めになり、身動きがとれなくなってるとの連絡がありました。昨晩は清水に帰れず、富士に泊まったようです。

海沿いの幹線道路以外は規制が掛かっていませんが、めちゃ混みで動きが取れないようです。

現時点では他府県より静岡の射場に行くのは厳しいかもしれません。
規制情報もニュースに流れないため現在も通行止めなのか解りません。

情報が入りましたら追加で書き込みます。


追加情報

 10:50現時点でも 
 
 東名高速 清水~沼津 間通行止めです。

 国道1号線 清水~富士 間通行止めです。

 この二つを通行止めにされると厄介です。他の抜け道も麻痺状態になります。

 尚、こちらでは津波被害は無さそうですが、千葉や東京の会員さんの安否が気になります。


追加情報

 県内の東名高速道路は午後10時半現在、富士インターチェンジ(IC)-清水IC間で通行止めになってい   る。午後9時現在、沼津市から伊豆の国市の国道414号、東伊豆町―伊東市の国道135号、富士市―静 岡市清水区の国道1号、静岡市清水区の国道52号も通行できない状態が続いている。

 との事です。



追加情報

 14:20 現在も

 東名高速 清水~沼津 間通行止めです。

 国道1号線 清水~富士 間通行止めです。

 通行止めを先頭にかなり滞しているもようです。

 解除されても暫くは混雑が解消されないと思います。
[PR]
by Hidehoken | 2011-03-12 10:33 | 生物多様性と自然保護活動 | Comments(7)