エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

遂に完成!243winヘッドショット弾

神経質な日本鹿をクリーンキルする為に、銃の選定・弾を組み合わせてやっと理想的なヘッドショット用の弾丸が完成しました。

レミントン モデルセブン 308win
これに243winの銃身を20インチに切り詰めて装着!

今まではスピッツアー(先の尖がった弾頭)をメインにしてきました。これは冬場の忍び猟では遠矢が効き、308winでは落差修正が必要な距離でも面白いように獲物に当たるからです。特に走って逃げる鹿には初速3200ft/sの弾丸は有効でした・・・しかし、先の尖がった弾頭は小枝や葉っぱでも影響が大きく弾がそれてしまう事が多かったのです。

葉っぱが多く見通しの効かないこの時期はスピッツアーの軽量高速弾では撃てない時が何度もあったのです。

そんな時に先輩猟師が同じ243winを長年使っていて、ラウンドノーズ(先の丸い薮撃ち用弾頭)をメーカー指定で購入しているのを目撃・・・聞いてみるとラウンドノーズでもこのメーカー弾は比較的当たるという。

先輩の薬量データーを頂き早速実験!
ただし、弾だけ精度が出ても山では通用しません。
でっかいスコープを使用して前後レストでガッチリ固定したのでは弾の制度は分かりますが、山には持っていけません。軽量の山仕様で当たって欲しいのです。

ですから距離は50mですが、スコープは1.75~6倍のハンティング用低倍率・・・
更にリアレスト無しで、フロントレストも使用せずバイポットのみ・・・
的は小さなエアライフル10m公式的・・・これを50mにセットして撃ちました。
50m先では点にしか見えません・・・これで当たれば実猟でもヘッドショット可能です。


猟用セッティングとは言え、精度を出すには弾だけでなく数々のアイデアを注ぎ込んであります。スコープは低倍率とは言えリューポルドVX-Ⅲでかなり明るく見やすい物をチョイスしました。

銃身はワンポイントテンションからセミフローティング。

短くした銃身のクラウン再加工

スコープマウントもウェーバーからリューポルドに!

ベント調整も完璧に・・・

その他引き金もカスタマイズしてあります。

社外のチムニートリッガーです。
e0056797_1333679.jpg
これを更にカスタマイズ!分解して磨き上げ、それを装着!
e0056797_1345216.jpg
ジュールトリッガーもびっくりの切れ味になりました。

完成です!
e0056797_137831.jpg


バイポットは定番のハリスをチョイス!
精度の低いバイポットでも当てられるようになる為に、JAFTA公式戦のワンポイントレストを随分練習しました。パイポットを使いこなすためです。銃だけ良くても当たらないからです。撃ち込むと、レストでもより当てるテクニックを発見できました。


たった6倍のスコープでワンポイント委託で狩猟用の弾頭での結果です。
e0056797_12442245.jpg
10m的ですが、50mですよ・・・素晴らしい!!


この銃を持って山へ・・・

結果は!?

e0056797_13192174.jpg
ネックショット
e0056797_13195791.jpg
ヘッドショット
e0056797_1320376.jpg
ヘッドショット
e0056797_13214060.jpg
ヘッドショット
e0056797_13215584.jpg
ヘッドショット


すべて一発で仕留めてあります。
猟犬に追いまわされて撃たれた鹿ではありません。
忍びの技術を総動員してそっと近づき、痛みどころかストレスも与えず撃ち取るのです。

撃って5分以内に完璧な血抜き・・・更に15分以内に下処理完了!
最高の肉質です。やっと、プロっぽい捕獲が出来るようになりました。
無論、山に入る前には身を清めお神酒を上げ、撃った後は山ノ神に感謝の儀式も欠かさずに行いました。
捕獲率も9割を超えました。これも師匠を始め、先輩がたのお陰です。
今はもっと経験を積んで、どんな季節・天候に関わらず100%の捕獲率を目指してがんばります!いつの日か夢だったマタギ(プロ猟師)になる為に・・・


おわり。
[PR]
by HIDEHOKEN | 2009-08-22 12:56 | 生物多様性と自然保護活動 | Comments(12)

一都八県を目指して その3(改)

そんでもって当日です。

眠く、重い体を引きずりながら集合場所へ・・・
ひょんな事から自走で現地へ行く事になりました。

会場に着くと、まずは引き金検査!1.5キロ以上でないと失格です。
自分のMSS-20は1.6キロに設定してあり一発合格! 


試合まで少しでも体を休めたいのですが、次から次から知り合いに合い挨拶しっぱなしでそのまま試合となりました(泣)こいつを羽織って気合を入れます。
e0056797_8373255.jpg
此れを着て恥ずかしい射撃は出来ません、気合が入りました。

スラッグもライフルもシッティングから入ります。
本射10発、試射は3発まで認められています。
自分はバレルコンディションを整えるためシッカリ3発撃ち込みました。
試射的には三発が12時9点に固まっていたので見ている方はイケルと思ったそうですが、撃ってる本人は大変でした。一発づつ修正しての打ち込みだからです。本射でどこに着弾するのか?試射の3発から判断して上下のクリック調整しました。

本番です。
黒点内に入るものの7点圏が多くまとまりません。
原因は2つ、一つ目は銃身コンディションが整いきれず、着弾点が安定しない不安を抱えての射撃によるもの。もう一つはフォロースルーの甘さです。

しかし5発撃つ間にバレルコンディションが整い、狙ったところに着弾するようになりました。

「イケル!」 心の中で叫びました。

残りの5発は一発だけ9点圏に飛ばすものの四発は10点圏にほぼ同弾となりました!!

中間報告では始めの散らばりが酷かった割には87点と昨年度の優勝者に1点差の同点2位に付けています。まだ優勝のチャンスがあります。

嬉しかったのは同点二位に付けていたのは後輩のロージーさんでした。今年初めての県大会参加で暫定二位は立派です。「かつて無いほど当たった」と言っていましたが、初めての大会で緊張せずに撃てたのは、もしかしたら秘密兵器を装着したのが精神的にプラスに働いたのかもしれません。
e0056797_9271293.jpg
リコイルダンパーです。
e0056797_9284029.jpg
これで自分のMSS-20と同仕様となったのです。

さて、次はスタンディングです。
こちらも5発撃つと感覚が戻り面白いように9点圏に入ります、調子に乗って倍率を上げて撃ったらど真ん中10点圏に入りました・・・「どうする!?」心の中で叫びました・・・勝負!更に倍率を上げて10点を狙い・・・

ど~ん!

どひゃ~ 3点・・・・
やってしまいました(泣)

結果は昨年度の優勝者と8点差に開いてしまいました・・・

最後の移動的に掛けるしかありません。

今度は10点は狙わず、無難に全弾黒点内に入れることに専念し撃ち込む事にしました。
銃掛に中部ビッグハンティングクラブのステッカーが並ぶのも良いもんですね!
e0056797_8434641.jpg
移動的の射撃風景です。
e0056797_8442320.jpg
10m5秒の公式速度ですが、余裕を持って撃つとリラックスできました。何とかすべて黒点の中に入ったようです・・・結果は?
更に先輩のチカッテャンがライフル部門で暫定1位に付けています。「移動的がいつもより遅くて前を撃ってしまった」と言っていたので結果が気になります。
e0056797_8412086.jpg
みんなでイライラしながら結果を待ちました。

出ました、自分は・・・
75点・・暫定一位のMさんの点数が気になります。
69点・・・と言う事は・・・

だ~ 2点及ばず二位決定です(泣)

あ~ 欲をかいて3点に飛ばしてしまったあの一発が悔やまれます・・・
まだまだ修行が足りませんね。。
たかが2点、されど2点、小さいようで大きな差を感じました。
精進します!

仲間から「移動的はアポロスラッグ大会に続いてこちらも一番の点数ですネ!」と言われましたが、毎週突っ走る日本鹿を撃っているんですから移動的には余裕をもって撃てました。射撃練習も移動的がメイン!此れに当たらなければ獲物は獲れないと思い、散々撃ち込んで来たのです!移動的の練習量は一番だったのかも知れませんね。

しかし、基本的な静的での撃ち込みは優勝者に及ばなかったと言う事ですね。長年撃ち込んできたベテランは中々崩れませんね~ 憎らしいくらい安定してました。

そんな訳で
スラッグ部門 準優勝!!
となりました。
e0056797_8345760.jpg
先輩もライフル部門で5位入賞となりました。暫定1位だっただけにリードミスが悔やまれます。
e0056797_8525776.jpg
優勝者はなんと、
中部ビッグハンティングクラブの練習会にも来てくれた同じ猟友会のHくん、彼のお陰でライフル部門の出場ができなかったのですが、優勝してくれるとは思いませんでした。素晴らしい!応援してくださった多くの皆さん有難うございました。

更に、今大会に出場した中部ビッグハンティングクラブの皆さんお疲れ様でした。
e0056797_8335334.jpg

出場者7名のうち5名の方がベスト10入りしたのも嬉しかったです。
この中には上位常連の射撃を教えてくれた先輩のチカッチャンや西部事務局長の他に、後輩のロージーさんやケロさんも入りました。実は彼らは銃を所持してまだ数年なのです。所持暦は短いですが、熱心に練習して来たのを知っていますから、とても嬉しかったです。

自分たちが教わったのは動く獲物を撃つための射撃技術です。これからもクラブの会長や射撃の先生・先輩から技術をはじめ考え方をシッカリ教わり、今度は次の世代へ大事に伝えて行きたいと思います。その為には、出来る限り自分たちががんばって、後輩たちに自分の背中を見せながら引っ張っていくしかないと思うのです。

自分もそんな背中を見ながらがんばって来たのですから・・・。


おまけ。
今回の戦利品です!
e0056797_857243.jpg
商品は油でした。
e0056797_857521.jpg
「いいじゃん!」 (妻)
「でも、これ取るのにいくら使ったの?」 (妻)
「・・・・」 (たいちょ~)

おわり
[PR]
by hidehoken | 2009-08-08 07:20 | 実銃、射撃練習、射撃大会 | Comments(6)

一都八県を目指して その2

そんでもって大会前日、ちょっぴり仕事をサボってサイト合わせ!?をしてきました。

悩んだ末、レッドバードでサイト合わせをおこない、クリーニング後の銃身が冷えたときの着弾点の確認、何発で正照準できるかデータ-の蓄積です。

無難なラインでサイト合わせを行い本番と同じく膝撃ちで10発
e0056797_171117.jpg

イマイチです・・・最近切れの良い引き金のライフル(モデルセブン)ばかり撃っていたので指の感覚が1.5キロの引き金に着いていかずどうしても6点検に飛ばしてしまいます、83点しか出ませんでした・・・

気を取り直して立撃ちで10発・・
e0056797_1711183.jpg
ガ~ン!75点・・・やばい!

最後に動的10発・・・
e0056797_1711131.jpg
違った こっちの画像です。
e0056797_1711165.jpg

ドヒャ~ 61点・・・

此れが本番だったらとゾッとします。200点以上でていますので上位には食い込めると思いますが、優勝争い出来るか厳しいです!悪くてもベスト3に選ばれないと県の代表選手には成れないのです(泣)

何がいけなかったのか・・・一つは引き金・・・もう一つはフォロースルーが甘くなったのを感じました。これはエアライフルでの練習不足を物語っています。初速の遅いエアライフルを撃ち込むと、自分でもびっくりする位当たるようになるのです。

その後、ギリギリまで仕事をサボってエアライフル(コンドル)を撃ち込んだのは言うまでもありません。エアが無くなるまで撃ちこみました・・・アホ犬のサハラは待ちくたびれてとろけていました(笑)
e0056797_17235172.jpg


さあ、明日は大会です。疲れたので少しでも睡眠を取って体調を整えなければ・・・

残した仕事も片付け疲れ果てて帰宅すると・・

「これから祭りに行くよ~!」 (子供たち)

どひゃ~            (たいちょ~)

「なんか用事でもあるの?」 ギロッ (妻)

「あ、ありません・・」      (たいちょ~)


こうして少しでも寝たいのに屋台周りまでさせられて、無駄に体力と財布の中身を消耗したのでした・・・(泣)
e0056797_1731183.jpg
た~まや~


つ づ く
[PR]
by hidehoken | 2009-08-06 17:01 | Comments(0)

一都八県を目指して その1(改)


昨年は自然保護を目的とした個体数調整事業が忙しくて射撃練習不足がたたり、県の代表選手になれませんでした…ですから今回は気合いが入っています。

今年はスラッグで地区予選を突破すると、東部ライフルの大会に出場して初優勝(^-^)/

更に銃をカスタマイズしてアポロスラッグ大会に出場してきました。
e0056797_1729631.jpg
動的部門では何とか優勝するものの・・・
e0056797_172982.jpg
総合では五位と振るいませんでした。
e0056797_17291028.jpg
しかし、商品を見つめながら何がいけなかったのか?反省をする事ができました。

最近は、チムニーの引き金を更にチューンナップしたカスタムトリッガーを取り付けたモデルセブン(ライフル)ばかり撃っていたので、すっかり指が1.5キロの引き金に負けてしまっていたのです。引き金が落ちなくて何度も狙い直しをしましたし、思った所で引き金を落せないのです(泣)
e0056797_17291270.jpg

また、改めてアポロスラッグを打ち込むと、レッドバートに無い良さを発見しました。 万人に扱いやすいのがアポロの良さでしょうか!?銃身が冷え切った初弾からソツ無く当たります。

そして、いよいよ県大会です…がんばらねば!


つづく
[PR]
by hidehoken | 2009-08-02 17:29 | Comments(4)