エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

<   2008年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

構想一年・・  その後

そうそう、実猟だけでなく射撃にも構想があります。

今までの目標は知る人ぞ知る静岡最強の射撃クラブ「東部ライフル・スラッグ射撃協会」の大会で一度で良いので五本の指に入ることでした。このクラブは兵だらけなのでベスト10入りした事すら数回しかありませんでした。

この大会はハッキリ言って一都八県の猟友会の大会よりも難しいのです。入会して4年!?今年初めてライフル部門で準優勝できました。一つの目標を制したことで、次は一都八県の大会かな~ なんて思っています。

今回の大会で検査係として参加した時に、今の銃では限界を感じました。当たる人の銃は引き金が違うのです。もちろん1.5キロの設定は皆同じですが・・・

そんな時にこんなものをひょんな事から手に入れたのです。
e0056797_14323010.jpg
サコー75用のセットトリッガーです。

更にこんな物も・・
e0056797_1434449.jpg
この中のノーマルのパーツが欲しかったのです。

実は東部ライフルの大会で勝つ為に見えない所までカスタマイズしてあり、ノーマルの調整範囲以上に軽く、しかも切れの良いトリッガーにしてあるのです。何を隠そう射撃銃並みのパフォーマンスを見せるセットトリッガーをセットするよりもワンランク上の引き金に仕上げてあったのです。詳細は企業秘密ですが・・・ふふふ

しかし、この引き金を無理やり1.5キロ以上にするとノーマルよりも引き味が悪いのに気が付いたのです。

これを組み合わせれば・・・結構良いものが出来そうです!

ご期待下さい!!
[PR]
by hidehoken | 2008-09-29 14:54 | 実銃、射撃練習、射撃大会 | Comments(10)

構想一年・・ その2

・・・つづき

ついでに行ったのが弾切れ対策です。

忍び猟で群れに当たった場合、マガジン内の4~5発を撃ちつくした時の再装填に時間が掛かり逃げられてしまうのです。今までの最高は、7頭中3頭までしか止められませんでした。悔しい~

そこでコレです!
e0056797_1047236.jpg
米軍でよく使われている奴です。
e0056797_10473961.jpg
サイドに予備の弾を挿して対応しようと言うわけです。
e0056797_1048454.jpg
果たしてその効果は・・・

これで、速射性の上がったボルトと再装填の対応で群れに当たっても大丈夫か!?

どっからか、着脱マガジン式のオートを買えと言われそうですが・・・
[PR]
by Hidehoken | 2008-09-27 11:03 | Comments(2)

構想一年・・・  その1


ついにその日がやってきました。

先ず用意したのはFRP補修用のクロスです。
e0056797_8582165.jpg


それをハサミでジョキジョキ・・・
e0056797_8544065.jpg


そんでもって2液を混合・・・
e0056797_8571027.jpg


それを何層にも重ねて行きました・・
e0056797_8594331.jpg


半乾きの状態でならナイフで整形も楽チンです。
e0056797_905930.jpg


ペーパーを当てて出来上がり!
e0056797_92781.jpg

それを黒く塗ってあげて・・・

モンジ(アホ猫)も納得の出来栄え!?
e0056797_951770.jpg


はたしてコレで少しは早く撃てるようになるのだろうか?・・・・

つづく
[PR]
by Hidehoken | 2008-09-25 09:10 | Comments(4)

頑張りました!!

皆さんお疲れ様です。

今回の自然保護活動も無事に終わり中々の成果をあげられました。コレもひとえに皆さんのお陰です。特に女子高生の皆さん応援ありがとうございました。

自分達も今回は疲れました、お陰で疲労のせいか生まれて初めて食中毒!?に掛かりました・・そのため楽しみにしていたJAFTAの全日本に参加できませんでした・・(泣)エースハンターもオーバーホールしてアジャスダブルパットに替え、ベント調整もしてきたのに・・・ザンネン!出場前にリタイヤです(泣)
それにしても食中毒!?は凄いですね~ 食あたりとは全く別次元です。吐きまくって出るものが無くなると血が出てきます・・それでも収まらずに胃は痙攣するし・・死ぬかと思いましたが、無事生きています。我ながら丈夫で良かったです(笑)ただし力みすぎて眼底出血もしてますが・・・そんでもって未だに安静状態です(泣)

今回の捕獲作業は初めての真夏と言う事で大変貴重な経験を積むことが出来ました。特に感じたことは何時もの矢(弾)が効かないと言うことです。鹿に脂がベッタリと乗ると予想以上に矢が効かなくなることを知ったのです。脂により矢強くなるのは解っては居ましたが、これほどとは思いもしませんでした。まずビックリしたのは普段使っていた308winの弱装弾では鹿を貫通しなかったこと、軽量高初速弾など弾はバラバラで最悪でした。そこで使うことは無いと思っていた180グレインのラウンドノーズを低初速(2360ft/s)で撃ちだす弾を作成しました。
e0056797_13264610.jpg
プロの猟師からは馬鹿にされる重量弾ですが、獲物が倒れないことには始まりません。

こいつを装填して忍びにいきました。ついでに鹿の動きが早いので低倍率のスコープを外し、ドットサイトにしました。ついでに引き金もシャープにして引きブレを無くします・・・これなら100mまでなら結構当たります。

早速天城で勝負!!新しく見つけた寝場に行くと対面の山背をソロリソロリ逃げていく奴にがいます・・距離は6~70m・・・よ~く狙って・・

ど~ん!

鈍い反動と共に銃口が跳ね上がります。獲物が瞬時に居なくなりました・・・手応えは有りました、撃った所に行って見るとその場に即倒してました。
e0056797_13361027.jpg
しかもこんな所から袈裟懸けに貫通してました。
e0056797_13362614.jpg
急所で無いのに即倒でした(祝)ドットの精度ではこんなもんでしょう!弾に威力が有るので転がったのです。

気を良くして寝場に突っ込むと二頭の雄鹿がすっ飛んで行きました・・・早い!!・・スイングしながらボルトアクションで二連射・・

ど~ん ど~ん! 

何時もなら撃てないタイミングですが、一頭すっころんだのが笹の隙間から見えました。

しかし、鹿の逃げる音が下っていきます・・・半矢のような気がします・・・倒れているか!?自分は先ず撃った場所に行きました・・・「居ない!」やはり半矢です。既に鹿の音はしません・・・

下の地形を見ると空沢があります・・・「逃げるとするとあそこか!?」自分は回りこんで当たりを付けて覗き込みました・・
e0056797_1345311.jpg
「居た!」中央の白いのが鹿のおケツです。距離は4~50m程

そこからスタンディングで肩口を狙って・・・ ど~ん!
いつでも撃てる体制で距離を詰めます・・・
e0056797_13475811.jpg
さっきのの一発で動けなくなりました。
e0056797_13503528.jpg
良い所に入っていますドットサイトでもそこそこ狙えますね~
e0056797_1349129.jpg
やはり半矢でしたが何とかゲット!あのタイミングで矢を入れられたのが嬉しいです。当たった所は足でしたが・・(笑) 価値有る一発です!

やっと夏の銃と弾が出来たと思ったら終わりで~す。

まっ、そんなモンですね!

でも今回は大変勉強になりました、師匠もとても勉強になったと言ってました。この経験を次回に生かします。関係者の皆さんありがとうございました。

終わり
[PR]
by Hidehoken | 2008-09-22 14:10 | Comments(8)

一都八県射撃大会の速報!?

またまたやって来ました。

一都八県射撃大会の季節です。

昨年と一昨年は静岡県の代表選手として参加しましたが、今年は何故かスタッフです・・(泣)

そうなんです、県大会でライフル・スラッグとも上位3人までしか出場できないのです。自分はライフル部門4位でしたので出場できなかったのです。

あ~あ、やっちゃった・・・と悔やんでもしかたありません。しかし、大会に出ずに各県の銃をチェックするのも良い勉強になりました。自動銃にオープンサイトと言う舐めた選手も居ましたが、上位を目指す選手の銃は勝つ為のノウハウが一杯でした。
やはり引き金対策をしっかりやってきていました。早くも彼らの銃に負けない装備とセッティングを準備中です。来年度に向けて銃を作り直します。
来年はこの悔しさをばねにリベンジしますヨ!!



そんでもって大会です。
e0056797_1155055.jpg
選手宣誓は我が静岡県を代表する野○選手です。

和気藹々の静岡選手達
e0056797_1183389.jpg
おいらの分まで頑張ってください!

昨年に続き今年も選手に選ばれた○切君、頑張っています。
e0056797_1193472.jpg
常勝の野○さんの後輩です、さすが良い選手を育てています。

しかし、みなさん何時もの実力が中々出ません・・・
e0056797_11124655.jpg
やはり大きな大会ではプレッシャーが違います。地元静岡が主催なので優勝が期待されていたのですが・・・

そんでもって結果発表~
e0056797_1115797.jpg
皆さん緊張してますね~


優勝は・・・・東京都でした!!

おめでと~御座います。

静岡は・・・総合6位でした・・・う~んザンネン!
e0056797_11192228.jpg
本来の実力を出し切れなかった選手達・・・悔しそうです。

自分も悔しいです、この大会は団体戦なので勝つ為には個々で練習するだけでは中々勝てない気がしました。優勝した東京都は何年も掛けて選手団を作り上げています。勝負は来年ですネ!お疲れ様でした。

そして、来年こそは・・・優勝ですよ!!

優勝するには真剣に勝つ為の選手作りが必要です。若手をもっと育てなければ続きません、この大会ルールに合った練習と銃も必要です。

頑張りましょ~(笑)
[PR]
by Hidehoken | 2008-09-09 11:45 | 実銃、射撃練習、射撃大会 | Comments(4)

残暑は厳しく、鹿元気!?

やー 涼しくなったと思ったら、まだまだ暑いですね~

山に入っても10時を過ぎると極端に体力を奪われます。

そんな中、最強の忍び銃モデルセブンに問題発生・・・

実は6月の自然保護の為の捕獲事業においては近射、藪撃ち、肉の痛みを考えて銃身交換!弾も243winから308winに変更して対処しました。

猟期中は葉っぱが落ちて見通しがよく遠射になる為、308winから243winに変えて撃ちまくっていましたが、葉っぱが多いこの時期には重たい弾をゆっくり撃つのが最適と思い150GRのスピッツアーボートテール(尖がっていて尻のつぼんだ弾)の弾頭をゆっくりと撃ち出して精度の良いところで調整してました。実測で2471ft/sです。

この弾で6月は11頭もの鹿を仕留める事が出来ました。通常の308winよりもかなりパワーを落としていますがそれでも威力は十分!反動も少なめですが243winのフルパワーよりも反動が大きいです。

それが8月になってからは捕獲率が激減しました・・・当たっているのにまるで当たっていないように走られるのです・・・そこで以前使っていた125GRのスピッツアー(先の尖がった弾)を実測で3036ft/sの高初速で撃ち出す忍び猟の為の弾を作りました。この弾で撃たれると3の又(4ポイントの角)の大きな雄鹿がトンコロで転がり、撃ち遅れて股を撃ってもその場にしゃがむのです。弾速も早いので早い鹿に最適なはずです。

そんでもって勝負・・・

巻き猟の時です。植林の中をサラを連れて捜索中に、下にいる師匠の猟犬(ユキ)が鳴きました・・・鳴き声が一旦下った後に登ってきました・・・

師匠の方に回している・・・しかし、師匠はもう一人連れているため気取られる可能性が高い・・・鳴き声があがって来ます・・・「来る!」自分も一人連れていましたが、彼を植林の中において自分は全速力で植林を抜けて原っぱ向かいました・・・間に合うか・・・

植林を抜けて探そうとしたら、もう目の前に3頭のオス鹿が居ました。

デカイ! 一瞬目が合うと一気に駆け上がります・・・瞬間的に先頭に狙いを付けて発砲!ド~ン! 「撃ち遅れた・・」もう撃てません・・二頭目に狙いを変えてド~ン ド~ン! 当たって無いのか全くぐら付きもせずに駆け上がっていきました。

「伴さんそっち行ったよ~」 無線を撃つと同時に先ほど駆け上がった丘を一頭のオス鹿が戻ってきました。下りなのに先ほどよりは遅いです・・・真正面なのでネックを狙って・・ド~ン! 今度はその場に転がりました・・・しかしまだバタバタしています。

ド~ンド~ンド~ンド~ン・・・ド~ン・・ド~ン
 伴さんです、いったい何発撃つのでしょう?

「やっと止まったよ~」と無線が入りました。どうやら先頭の大鹿を止めたようです。自分も止めたことを無線で伝えます・・・

キャンキャン・・・ 「ナニ!?」今度はサラが掛かったようです・・しかし自分よりも後ろで蚊帳の外です・・・キャンキャン・・・近い・・自分のところに持ってくる可能性もあります・・・構えて待ちました・・バサッ! 「来た!」・・・1・・2・・ 居ない・・二秒半で姿を消しました・・

「サラっ ごめんよ、早くて撃てなかった・・・」 足が速い犬だと獲物も早く逃げる為撃つのが難しいのです・・・せっかくパパの所に持ってきてくれたのに・・ザンネン!くやし~

こういうのを撃ちとって褒めてあげると、犬も喜びもっと良い犬になるのにな~ あー悔しい!自分の技量の無さに腹が立ちます。もっと早うちの練習をしなくてはなりませんネ!

気を取り直してさっきの鹿と記念撮影!
e0056797_10334221.jpg

ついでに何処に当たっていたか検証しました。

致命打は最後の一発でネックを貫通!でも狙いよりも若干上目でコレじゃあ助かりません。問題はコレです。
e0056797_10372859.jpg
撃ち遅れて三枚に入り損ねてますが、十分効果がある部位です。ここに初速3000ft/sの弾丸が入って袈裟懸けに走っているのです。肺の一部にもダメージがありました。が、まさかここに入って利かないとは恐れ入ります。どう考えてもイノシシよりも生命力が強いです。
もう一発は前足を粉砕、しかしこのクラスになると前足を飛ばされたぐらいでは全く利きません。
さらにこのキズは・・・先頭を撃ったときの物・・撃ち遅れて二頭目にかすっているのです。
e0056797_1042549.jpg

登りの鹿で撃ち遅れているのです。師匠の犬はアホ犬(サハラ)通称サラの姪っ子でまだ11ヶ月ですが登りの足はサラよりも速いのです。これは今後の課題になりそうです。サラですら3回に一回程しか撃ち取れてないのに更に足が速いとなると撃てる人が殆ど居ません。
 
洋犬を使ってゆっくりと鹿を走らせたい所ですが、こんなに暑いと犬を殺しかねません。事実地元の猟師はこの時期に何頭も犬を殺してしまった経験があり、十分気をつけるように言われていました。となると和犬かそれに近い戻りの良い犬でないと危険です。カン太もチャチャ丸も使えないのです。

とりあえず皆で記念撮影・・・自分の撃った鹿も大きかったのですが、伴さんの撃った鹿は4又(5ポイント)になり掛けの大鹿でした。
e0056797_10584241.jpg
皆で協力して仕留めた鹿です。嬉しいけど悔しさの方が大きかったです。

伴さんの撃った鹿には5発も308winが撃ち込まれていました。動きが早いので中々急所に当たらなかったとは言え余りにも強いですね!自分と同じく初速は落としていますがラウンドノーズ(先の丸い弾)ですから自分のよりは利くはずです。

夏の鹿は油が乗って丸々としています。因みに自分の撃った弾は皮と油を抜いた時点でバラバラで、貫通すらしていませんでした。夏の鹿にはもっとハイパワーな弾が必要なようです。特に足の速い犬を使うので急所に当たりにくく尚更その必要性を感じました。それでも今回は何とか撃ち取れました・・・
e0056797_10592583.jpg

「ご苦労さん!」

思わず相棒に声を掛けたのでした・・・
[PR]
by hidehoken | 2008-09-02 11:07 | Comments(2)