エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

<   2008年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

秋の香り

まだまだ暑いですね~ しかし、天城の山は秋の香りがし始めました。

朝晩は寒いぐらいに冷え込むようになり、風が冷たくなってきました。

さすがに日中は暑いですけどね~

クラブ員の方々は、ボランティアでの自然保護活動ご苦労様です。おかげさまで約一ヶ月での捕獲数は23頭になりました。残り一ヶ月頑張りましょ~

平日でも時間のある方と少人数で勝負してきました。
e0056797_12105613.jpg
スイマセン、林の中ので発砲するも2頭も外してしまいました・・・・それでも何とか師匠が2頭止めてくれて良かったです。

リベンジに忍びを掛けて何とか一頭捕獲!
e0056797_12161282.jpg
夏の鹿は矢強いですねー 肺や肝臓も切っているのに200m近くとばれました・・・肉の痛みの少ない低初速弾では中々その場で転びません。そろそろ弾を変えないとダメかもしれません。
[PR]
by hidehoken | 2008-08-25 12:22 | Comments(0)

貸切の射撃練習会 その2

・・・つづき

今回は参加者全員に銃の引き金に取り付ける施錠や、ボルトアクションを使えなく出来る施錠等の安全装置を配りました。5千円位するものも有りますので参加料以上の商品です!!ビール等もおまけで配られました。まだ飲んじゃダメですよ!(笑)

そんなこんなで結果はっぴょ~ 

ファースト・ドロー スラッグ部門優勝者は○木さんで~す。パチパチ!
e0056797_1114173.jpg
前回はダメダメでしたが、随分撃ち込んだようです。今猟期から大物猟デビューします。頑張ってください!

二位は初参加の中部ライフルの選手でした!流石です、パチパチ。
e0056797_11181895.jpg


三位は凶暴な紀州犬使いの伴さんで~す。パチパチ!
e0056797_11204020.jpg


続いてファースト・ドロー ライフル部門の優勝者は、東部ライフルの有名人ちかっちゃんでした。
e0056797_11231427.jpg
う~ん、さすがですね~ 色々勉強になりました。

二位は長老の○西さん!お~ 銃は30カービンです。
e0056797_11241270.jpg


三位は西部事務局長の○木さんです。納得!
e0056797_1223973.jpg



続いてハンティング・シュート部門 スラッグの優勝者はロージーさん(写真右)です。次回は猟友会の大会にも参加して暴れてください。
e0056797_1272546.jpg
二位は左の初参加の中部ライフルの選手です。お~ パチパチ

三位は同じく初参加の中部ライフルの選手でした。パチパチ
e0056797_1294714.jpg
又遊びに来てくださいね。


続いてハンティング・シュート ライフル部門の優勝者は師匠です。お~ 銃は30カービンです。
e0056797_1212377.jpg


二位に西部事務局長の○木さんでした。
e0056797_12223672.jpg


三位は自分でした。銃はモデルセブンにバイポットを付けて勝負しました。ボルトアクションでも30秒で4~5発撃てるようになりましたが、中々獲物(風船)には当たりません。難しい競技です!
e0056797_12231992.jpg
何故か逆さですが気にしないで下さい。

猟友会では地区の代表となり県大会でもベストテン入りしている選手でも中々このルールでは勝てません。結果は静岡新聞のスポーツ欄にも記載されていますのでご確認ください。

そんでもって記念撮影・・あれ写ってない人が結構居るけどまあいいか!?
e0056797_12245131.jpg
楽しい射撃会が終わりました。皆さんお疲れ様で~す、これからも事故の無いように頑張りしょ~!

終わり
[PR]
by hidehoken | 2008-08-19 12:19 | Comments(2)

貸切の射撃練習会 その1 

毎日暑いですね~

たまには自然保護活動の鹿の間引き作業もお休みして、涼しい西富士射撃場を貸しきって練習会を行いました。忙しい中、しかも普段山で撃てる環境下にも拘らず多くの参加を頂きありがとう御座います。
e0056797_105895.jpg

実は、実猟中に当たらないのでサイト合わせをしっかりやりたいと言う人が多かったのです。
e0056797_1055491.jpg
今回は東部ライフルの他に中部ライフルからも新規の参加がありました。
e0056797_10561734.jpg
和気藹々とした雰囲気の中お互いに情報交換しました。

今回はファースト・ドロー(早撃ち)の大会も行います。
更にいつもどおりの5発30秒の早撃ちもバージョンアップして行います。

ファースト・ドローは夏の鹿猟に必要な技術だと感じたのです。

草木の多いこの時期は、山を歩いていても獲物が逃げずに間近に居ることがおおく踏み出しで獲物を見る機会が多々ありました。しかし、我々クラブは常に脱砲して十分安全を確保して行動するため獲物を見つけても発砲するチャンスがほとんどありません。そんな中、師匠や自分や○木さんの様にレピーターの銃を持っている人は薬室は空にしていてもマガジンに2発詰めた状態で山を歩くため初矢が早く撃ち取るケースが多々あります。踏み出しで何等も捕獲する人がいると誰でもやってみたくなるのは解りますが、自動銃で真似てる姿を見て慣れないと安全性に掛けると判断したのです。

そこでファースト・ドローです。ルールは簡単!2~3人一組でチャンバー(薬室)を空の状態でローレディ(銃も下ろした状態)でコールを待ちます。
e0056797_10393723.jpg
コールと同時に実包を装填して50m先の風船(鹿のバイタルゾーンサイズ)を撃ちます。一番先に当てた人の勝ちとします。
e0056797_1040073.jpg
当たらなければ5発でも10発でも好きなだけ撃っても良いのですが、制限時間は5秒間です(笑)なぜなら実猟の踏み出しで鹿の姿を見れるのは3~4秒ほどしかなく、5秒後には姿が無いのが通常です。初矢に5秒以上掛かるようでは獲物は獲れないからです。

始めは4秒台が多く時間ギリギリで撃っていました。

しかし普段撃ちなれている東部ライフルの上位入賞者は適応が早いですね、2~3秒で初矢を出します。
e0056797_10565939.jpg
回を重ねるごとに全員が早くなり、皆2~3秒で初矢が出せるようになりました。銃の操作にも余裕が感じられます。
e0056797_10573217.jpg
またサドンレス状態でのファースト・ドローは見ていて楽しめ大いに盛り上がりました。

続いて何時もの早撃ちです、5発を30秒以内で撃ちます。今回は実猟と同じくチャンバーにも弾を入れずにコールを待ってからのハンティング・シュートです。
e0056797_1103258.jpg
スラッグは50m先の風船で、何個割れたかで勝負を決めます。

射撃姿勢はフリーなので寝ても立っても委託してもOKです。寝て撃てば当たるのですが速射には向きません・・・それぞれ考えながらポジションを決めます。
e0056797_1174035.jpg


ライフル部門は100mです、前回は立ち撃ちが殆どでしたが、バイポットや委託を選ぶ人が多かったですね!
e0056797_1192854.jpg
それでも時間制限が厳しいと中々当たらないのです。

自分は4発~5発撃って2個しか割れませんでした。サイトが狂ってると思い撃ち終わった後に試して見ると皆当たるんですよね~(笑)実猟でも慌てているから当たらないのです(泣)

・・・つづく
[PR]
by hidehoken | 2008-08-18 23:15 | Comments(2)

新たなる挑戦 その5

・・・つづき

違和感を覚えた石に銃口を向けスコープ越しに覗きました・・・しかし、いくら覗いてもピクリともしません。「角ばってるし、赤茶色の石か・・」・・・「んっ!」その横の石は・・・石に見えますがこの時期特有の鹿の斑点の様な気がします・・・スコープの倍率を5倍に上げました。

「見つけた!!」頭を隠してジッとしています。しかし狙い所が解りません、ノロノロ考えてる時間も有りません。立ち撃ちの姿勢のままど真ん中を狙って引き金を引きました。

ど~ん! 銃声が木霊します。

手応え有り!転がった音がしました。「やった!」

自分は直ぐにその横の違和感を感じた岩に狙いをつけます・・・変化無し・・コレだけの銃声がしてもピクリとも動きません・・・やっぱり石だったのか・・・っと思ったら変化がありました。なんと石に耳が生えたのです(笑)

体はピクリとも動かさずにそっと耳を立てています・・・あれじゃあ笹の中では解らないハズです。しかし、彼らが熊笹を食べ尽くしたためその様子を見ることが出来ました。急に首を持ち上げました「ヤバイ!走られる・・」

ど~ん! 瞬間的にネックに一発・・・

バサバサバサ・・・走られた・・・外したか!?

音のした方に飛び下ると目の前をサハラ(アホ犬)はすっ飛んでいきました。「物が下ったよ~ 行ったよ~」目の前で腹を上にして呻いている大きな雄鹿はトドメの必要は無さそうです。目印に蛍光色のハンター帽を木に掛けて、急いで二頭目に撃った奴を追いますが何処にも見当たりません・・・その時です。

ワオ~ ワンワン!ワオ~オ~ 

隣の谷からサラの鳴き声がします!?「なに!あんな方に巻いて逃げたのか!?」

必死でサハラの鳴き声を頼りに走り寄ると、谷の上のほうで鹿が登ろうとするも力尽きてしゃがんでいます・・しかし頭を振りサハラを威嚇、サラは懸命に食いつこうと格闘しています。首から血を流していて長くは持たないでしょう!「こいつはお前に任せた!」
自分はさっきの奴が気になり戻りました、目印のハンター帽を探します・・「あった!」近づくとバサン バッサン と音がします。「なに!腹出して転がっていたのに生き返ったか!?」下から回り込みます・・・すると向きを変えて山を登ろうとします、しかし駆け上がる力は無いようです・・・「遅い!!」

ど~ん!

ネックに一発、その場にしゃがみ暴れます!するとサラがすっ飛んで来て食いつきます。
e0056797_1136882.jpg
キャイン!一発食らったようです・・ウ~ ワンワン!格闘が暫く続きました・・・
e0056797_11382484.jpg
やっと決着が付いたようです。
e0056797_11385386.jpg
中々のモノです。

他にも居たはずですが中々ずる賢く撃ちての所まで行きませんでした。そのくせ包囲網を解いて引き出しにかかるとそこから逃げたようです。ユキがそこから戻ってきました。まだ一才なのにもう一端の猟犬です、こいつはマコト(伝説の猟犬)ように化けモンに成るかもしれません・・・血かな?なんとも嬉しい限りです。

何とか獲物を引き出して記念撮影。
e0056797_11481410.jpg
少人数でも勝負になりました(笑)全員汗だくです!

暑くて死にそ~ですが頑張って山を守らなければ・・・
良くしてくれる農家のオバーちゃんや子供達、そして応援してくれる女子大生の為にも頑張ります!

 お わ り
[PR]
by hidehoken | 2008-08-11 11:49 | Comments(4)

新たなる挑戦 その4

…つづき

山に入って直ぐにアホ犬(サラ)が走ります。ナマ足(昨晩の足跡)もいつもより多数あります…師匠の読み通り、重機を嫌って移動していたのです。

猟犬が山を走る姿は格好イイし美しい!山に入った瞬間ガラッとアホ犬が訓練された猟犬に変わります。
自分を中心に左右に捜索を開始…すると左回りにへらを越します…「マズイ!」
あっち側には撃ち手がいません…「サラッ 来い!」

捜索の途中でも一声掛けると戻って来ました。捜索方向を指と腕で指示!直ぐに反対の斜面を駆け上がります。熊笹の濃い所に付くと此方を向いて指示を待ちます。どうしよう?と首を傾げる姿がカワイイ(^O^)/既に寝場の直ぐ手前なので、自分は声を出さすに腕を回して捜索の合図を送りました。サラは走って笹の中を捜索し始めました!「素晴らしい!」

昨年から訓練した指示を的確に判断して応えてくれます。これなら自分にも撃つチャンスがあります。自分はゆっくりとボルトを操作して音を立てずに弾をチャンバーに送りました。チラチラ見えていたサラ(猟犬)が急にダッシュしました…直ぐに無線を打ちます「気を付けてよーサラが走ったよ~」自分もいつでも撃てるようにセフティーをoff、体を動かさないようにして目だけ動かして待ちます…
しかし、 なかなか銃声が鳴りません…
パンパンパンッ 「ユキがモノに付いたぞ~」師匠の無線と同時に銃声が鳴り響きます…もっと上か…一気にグイ登りするとサラがやって来ますが獲物が来ません。トリックを掛けられて他の足に乗せ替えをさせられたのです。まんまと鹿のトリックに引っかかってしまったようです。見ると足跡だらけ1頭や2頭のものではありません。生足を追いますが多すぎて自分も解らなくなってしまいました・・・背に出ると師匠と合流、状況説明するとユキが追った獲物も撃ち手の直ぐそばまで行ったものの巻かれたとの事。師匠から今来たところを横に切るように言われました!?「縦の足ばかりなのに・・・なぜ!?」ほとんど足跡がありませんが言われた通りに行くといきなり飛んでる(飛び下って逃げた)足跡を発見!こんな所に逃げていたのか!?スイッチに踏み替えとあらゆるテクニックを使っています、歩幅も長い大物の様です。サラも解ったのかその足跡を一気に下っていきました。「よし!行け!」

「サラが走ったよ~ 下の人気をつけてよ~ デカイよ~」直ぐに無線を打ちました。

自分も飛び下りバックをカバーします。が、突然サラが立ち止まっています。首をかしげたりして悩んでいました・・・またやられたか!?しかし当たりを気にしてその場から離れません???何時もと様子が違います・・・自分はユキ追ったものが撃ち手の手前で巻かれたのを思い出しました。「どこかにシコッている・・・」飛び下った足跡の左右をじっくりと探すとウツから7mほど離れた所にある木時の間にある石に違和感を覚えました・・・スコープで覗きます・・・違うか・・・その横の石は・・・

・・・つづく
[PR]
by hidehoken | 2008-08-09 10:20 | Comments(0)

新たなる挑戦 その3

…つづき

半月ぶりに山に入りました。いつものように朝一で忍び猟を始めると直ぐに山の異変に気付きました…いつもの寝場に鹿がいません。誘いを掛けても鳴きもしません。「何故だ…」どうやら林道整備で重機が入っているのが原因の様です。予想以上に奥まで入ってしまってる用です。直ぐに師匠に連絡…忍び猟は止めて重機の入り具合を確認する事になりました(泣)

早速チェックすると予想以上に奥まで入ってました、しかもまだ土を盛っただけでならして無いところも多数あります(泣)

足(足跡)も満足に在りません(泣)だからと言って穫らない訳には行きません、遊びでは無く事業なのです!師匠は更に奥の寝場に当たりを付けました。隣接する寝場に溜まっていると踏んだのです('-^*)/

山が大きいので二班に別れて巻きました。犬も我がアホ犬(サハラ)と師匠の若犬ユキが2方向から攻める複合巻き猟です。

勝負です!

…つづく
[PR]
by hidehoken | 2008-08-07 12:47 | Comments(2)

新たなる挑戦 その2

…つづき

そんなこんなで始まった真夏の調整捕獲は大変です。まずは栄養を穫るのが大切ですから鹿タンを摘みに一杯やりました。
e0056797_18551112.jpg
(^O^)うめ~

つづく
[PR]
by hidehoken | 2008-08-06 18:55 | Comments(0)

新たなる挑戦 その1

や~ 暑いですね~

死にそうです・・・しかし死んでなんかいられません。

なぜなら・・・女子大生が薄着になって・・・バシッ!(嫁の手)

実はボランティア活動を行っている自然保護団体「NPO法人 若 葉」で新たに自然環境保全事業がスタートしたのです。その中で最も大変な生態系の適正化事業が本格的に始まり、我が中部ビッグハンティングクラブも伊豆での活動を任されたのです。

これも、6月に初まった調整捕獲に協力した時の評価が非常に高かったからだと思います。利権に絡む猟友会のスッタモンダに巻き込まれたものの、事故も無く梅雨でろくに活動できない状況の中、僅かな人数で19頭の鹿を捕獲出来ました。
e0056797_1172212.jpg
これは鹿の下顎の標本です、標高の高い地域での標本は貴重との事でした。地元の猟友会員や市役所からは驚異的と言われました。これもひとえに支援してくださった女子高生!?のお陰です。ありがとうございました。

何度も役所に通い地元の駆除班の班長さん達と協議を重ねた結果こんな記事が静岡新聞に一面で取り上げられました。
e0056797_10534085.jpg
この中には自分達が5年ほど前から声を上げていた鹿の適正頭数がのっています。現在1000~2000頭が適正と言われる中、推計約2万頭が伊豆半島に生息しているのです。山では熊笹が壊滅的になり、湧き水が枯れ始め町でも海でも大変な事に成って来てるのです。

市では猟友会とは別に駆除隊を結成、初めてNPO法人にも委託したと書いて有りました。ここまで市が動くのは県内でも初!国内でもほとんど例の無いことです。

期待されてる分、頑張らねば~

でも暑い~ 体に悪い暑さです!倒れちゃうかもしれません・・・

倒れたら女子高生に優しく開放されたい・・・バシッ!!(嫁のパンチ!)


・・・・つづく
[PR]
by hidehoken | 2008-08-04 11:31 | Comments(4)