エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

暑中見舞い申し上げます!

暑い暑い熱い~

溶けそうな暑さです(泣)

ダッシュボードに置いといた電卓が…
e0056797_1030292.jpg

大した暑さでございます!

死なない程度に働きましょ~(笑)
[PR]
by hidehoken | 2008-07-22 10:30 | 仕事・修行・事故調査等 | Comments(2)

ついに県大会当日!

やー ついに当日になってしまいました。

五時半起床で ね・む・い・・

スポンサーの入った上着と帽子を忘れずに・・
e0056797_985145.jpg

会場に着くと見覚えのある人ばかりです。
e0056797_994753.jpg
銃の検査も頭部ライフルの方が多くて助かりました。実にスムーズに検査が進みます。シビアに調整した引き金は一発OK、ステッカーを貼られました。
e0056797_912155.jpg
次にアジャスタブルパットを封印!?「チョット待って・・」あわてて立撃ち用のセッティングに・・検査会場で構える訳にもいかず微調整出来ずに封印されてしまいました・・(泣)
e0056797_917101.jpg
ちょっと動揺しましたが、許せる範囲のずれなのでこのまま大会に臨みました。

そんでもって開会式、県の副会長です。
e0056797_9644.jpg
こんな人も来てました。
e0056797_963997.jpg
射場からも一言
e0056797_9211032.jpg
そんでもって大会開始で~ス!

まずはシッティングから・・3発まで試射が認められていますから合計13発持って射場に入りました。磨ききった銃身なので試射をして銃身を汚して安定させます。ついでに着弾点をチェック!「見えない・・・」アジャスタブルオブジェクト付きのスコープで18倍にして覗いても見えません・・・ヤバイ相当視力が低下しています。しかし、ずれていても9点圏内に着弾するのでそのまま撃つことにしました。

ど~ん!

戦いの開始です!苦手なシッティング・・・体が硬いので攣りそうになりながら撃ちました。結果は着弾点が見えないので解りません。次は移動的です。

さて、練習で最も精度の良かった倍率で撃つか、安定度を取って若干倍率を落とすか悩みました・・・考えた末勝負することに・・・いつもの定位置の準優勝ではなく、優勝を狙いに行ったのです。

ど~ん!ど~ん!ど~ん!・・・・

移動的は4人一斉に撃ちます!「早い・・」若干撃ち遅れです。
スイング射法を微調整・・・

ど~ん!

途中10点か9点に二発入って居るのが解りました。「イケル!」80点台を狙って、さらに狙いこんで撃ちました・・・

ど~ん!  やべ~

白いところに飛ばしてしまいました・・・動揺したらもう一発・・・・「落ち着け、落ち着け・・」何とかもと直して後は黒点内に入れたものの飛ばした二発が悔しいです。結果は・・・

70点台・・・今のところ暫定2位!?でした。中部ビッグハンティングクラブの皆にはっぱをかけます。今回はライフル・スラッグ部門の10%以上が中部ビッグハンティングクラブのクラブ員です。ケロさんが初参加で良いところに付けています。

よし、最後は得意の立撃ちで勝負です。既に予想以上に神経を使いヘロヘロですが、皆の点数が気になってウロウロしています。イライラしながら待ちました・・・やっと点数が出てきました・・・自分のシッティングは70点台・・ヤバイ!終わったか!?

皆もイマイチでまだ3~4位ぐらいに付けているようです・・・練習では90点台を狙えるのに今日は当たりません、明らかに疲労の蓄積と練習不足ですがそんなの関係有りません。みな同じ条件の中で戦っているのです。まだ巻き返しは可能の位置です、気合を入れて勝負に出ました。

スコープは・・・高倍率で勝負です!

一発一発時間をかけて狙いこみました。いつもの8点圏内を狙うのではなく、10点を狙って撃ちました・・・しかし体力が続きません・・・それでも勝負をかけてシビアな撃ち方を続けました。結果は狙いすぎで二発黒点外に飛ばしてしまいました。

見ている仲間が残念がっています。しかし自分はもう立っているのもツライ位に消耗していて、限界まで撃ったぞ!という満足感はありました、後は結果次第です。

結果が出ました・・・ライフルの部門4位!

ア~ ザンネン!無難な撃ち方をすれば良かったか?・・・・

一都八県は3位までしか出場出来ないのです。

師匠からは「自然保護活動に出ていて練習してないからしょうがない、そんな中よくやった!」と言われましたが一番の要因は解っています。何時も優勝しているNさんの背中がやっと見えたために欲をかいて勝負に出たことです。無難にまとめれば定位置に付けたかも知れません。

でもそれでは何時までも追いつけません。今回大きな大会で勝負に出たことで得たことも多いです。その分来年は・・・です。

女子高生の皆さん、スイマセン!

来年頑張りま~す!!


しかし、嬉しいこともありました。ケロさんが初出場でスラッグ4位、大○さんがスラッグ7位でスラッグ部門のベスト10の20%を中部ビッグハンティングクラブで占めました。

更にライフル部門は4位にたいちょ~ 8位にちかっちゃん 10位に○木さん とベスト10内の30%を我がクラブで占めました。更に準会員も合わせると40%のシェアを取ったのです。

お~ パチパチ!

もしも、団体戦があったら間違いなく総合優勝でした!

少しずつ静岡を代表するクラブに成長してきたようです。

ここまでシェアを取ったと成ると、今後は猟会員友会員の見本になるように昇進しなければいけませんね!がんばりま~す。

女子大生の皆さん、更なる応援をお願いしま~す。

    

こいつもお疲れさん、ゆっくり休んでくれ!
e0056797_1034999.jpg
来年は頼むぞ!!

   お わ り
[PR]
by hidehoken | 2008-07-15 10:35 | Comments(5)

県大会の3日前

今年の県大会は地区予選はクリアして出場枠は得たものの、優勝ではなく準優勝での参加です。4年連続で優勝できなかった原因は3つ、1つは練習不足、2つ目に引き金を通常より重くしたこと、3つ目は予想以上にライバルが銃を仕上げてきたことです。

しかし、自分の目標は県大会でベスト3に入り3年連続で一都八県の大会に出場することでしたから、少ない練習時間を有効に使うために引き金も軽くせずハンティング用のセッティング(800g)で地区予選に出たのです。

選手に選抜後の大会はすべて1.5キロ以上のセッティングで東部の大会に臨み、春の大会では11位で終わりましたが、JAFTAの先輩から1.5キロ対策に実に有効な撃ち方を教わってからは劇的に精度が上がり初夏の大会では準優勝するところまで来たのです。

しかし、そのうち方を体に染み込ませる大事な時に自然保護活動を行い全く練習が出来ませんでした。

そこで大会の3日前に居ても経っても居られず最終調整をしにいったのです。

まずは空気銃で今の自分の悪いところをチェックしました。
e0056797_9302440.jpg
10mに的を設置
e0056797_9313268.jpg
銃は先日オバーホールした20年物のエースハンターです(笑)
e0056797_9321514.jpg
馬鹿にしてはいけません、撃っていくと直ぐにフォロースルーが甘いことに気づき修正!低初速弾でも安定するようになりました。

そして本番!空気銃を撃った後は気持ちよい位に当たりますから小さいスモールボア的を50m先に設置してまずは立撃ち10発!
e0056797_10572699.jpg
おお~ 今までで最高の得点が出ました。

つづいてシッティングで10発!
e0056797_10574356.jpg
まあまあの出来です!これなら万年優勝者のNさんと勝負出来ます。

次に気になっていた移動的です。まずは4発撃ってチェック!1・5キロ対策の撃ち方で低倍率で撃ってみました。
e0056797_1112388.jpg
まあまあです。

次に軽い引き金での一番当たる移動的用の撃ち方で撃ってみました。
e0056797_1121019.jpg
バラバラです、やはり1.5キロ対策の撃ち方のほうが当たるのです。

そこで1.5キロ対策の撃ち方で倍率を高倍率に上げて8発撃ってみました。
e0056797_113116.jpg
ベストなグルーピングですね!県大会はこのうち方で決めました。

西富士の移動的は2割早いので専用の高速弾を作ればバッチリです!?

自宅で的を眺めて反省しているとモンジが乱入・・
e0056797_1113939.jpg
食べ物以外は興味無いようです(泣)
e0056797_11132387.jpg
そんなこんなで大会に臨みました・・・

つづく
[PR]
by hidehoken | 2008-07-14 11:14 | Comments(2)

獲ったど~

中部ビッグハンティングクラブとしては、6/1~6/30の間、自然保護団体で法人格を持つNPO法人 若 葉 の自然保護活動に参加してました。

内容的にはバランスの崩れた生態系を少しでも改善すべく、主に鹿の個体数調整に協力していたのです。

しかし、梅雨真っ只中のこの時期は雨や霧がほとんどです、そんな中で予定していた日が曇りで雨は無し・・・「イケル!勝負だ!」

師匠と相談・・・場所は遊歩道の近くな為、猟犬も使わないことに決定!狩猟の世界では「1犬 2足 3てっぽう」と言われますが、それは一般的な巻き猟での話です。犬が居なくても十分狩猟になることを役所に説明してありますが、今まで静岡のマタギ(プロ猟師)の技術は公にされていなかっただけに半信半疑でした。

自分は先発隊として先に山に忍んだ後に仲間に犬無しで押して貰う事になったのです。自分としては忍びで山に入り、仲間は秋田県のマタギの使う人間勢子の変形です。

自分は夜明けとともにそっと山に入りました・・・

「気配が無い・・・」

「足(足跡)はある・・・」

「!!、気取られている・・」

雨で山が湿っていたためハンターシューズで来たのが失敗でした。山に入りだして二週間もすれば鹿も敏感になります、楽してハンターシューズで山に入った為に気取られたのです!

「ならば・・・」作戦変更です。

気取られるなら誘います・・・・その後予定通り仲間が押します・・・・

獲物が警戒音を発しながら逃げていきます・・・・

予定ならフェンス脇に追い込んだはず・・・・

回り込んでそっと覗きました・・・

「居ない・・いや居た!!」

ド~ン、ド~ン、ド~ン・・・・

一頭はデカイ・・逃げるな!

ド~ン、ド~ン
ボルトアクションライフルでの5連射です。

2頭は転がったのは確認しました・・・デカ物は・・・・左上に逃げたのに右横で音がしました・・・トリックを掛けてススキの中を反対側に逃げていたのです。大したもんです!

結果です。仲間そうでで引き出しました・・・この時期の引き出しはキツイ!
e0056797_1248130.jpg
少人数でも猟になるのです。
e0056797_12482653.jpg

次は犬を使った猟です!

サハラを使った巻き猟では発砲するも遭えなく撃沈!藪の中で3案発撃つも行っちゃいました・・・ザンネン!

でもそれが、隣の山で隠れているはず・・・クヤシイ!

そこで師匠が捜索犬の茶々丸と追跡犬のカン太を出してきました。しばらくすると茶々が啼きます・・・「よしっ」・・・しかし、たつの間を抜かれます・・下に行ってしまいました。師匠に下ったほうが言いか聞くと師匠はまだジッとしてろと言います!?すぐに鳴きが止みました・・暫くすると今度は自分よりもかなり下でカン太が啼きました・・・蚊帳の外です・・・泣き声が上っています・・・今までに無いパターンです!オスか?・・・師匠は、廻してくるから待てという!?

鳴きがドンドン離れて聞こえなくなりました・・・・戻ってくるとは思えませんでしたが、師匠の師匠は筑波大学の助教授で国内では有数の生態系の第一人者です。師匠は30年前にその方と山に入り鹿や熊に発信機を付けて野生動物の行動を把握しているのです。自分は師匠を信じて向きを変え獲物の戻りに備えました・・・2分・・3分・・5分・・・とても長い時間に感じます・・・「ワンワンワン・・」鳴きが戻ってきます・・・!!  パサッ  

「来た!デカイ!!」

ふわっ ふわっ と重力を感じさせない跳ね方です・・・ひっとっとび6m位でしょうか!?スコープに付けるのが難しい・・・自分に気づき向きが変わって射線上にカン太が居なくなりました・・チャンス!

ど~ん!

矢が確実に入ったのに下っていきました・・結果です!
e0056797_1382733.jpg
デカイ!心臓を撃ち抜かれていたのに凄い生命力です!ワタヌキで80キロ程の大鹿でした・・・あ~猟期中に撃ちたかった(泣)冬ならスバラシイ角が生えていたことでしょう!でもカン太のお陰です、良くやった!!ありがとう。

その日のうちにこうなりました・・・
e0056797_13112560.jpg
油が乗り焼肉に最高です!

そんなこんなで天候に恵まれたのは僅か2回しかありませんでした。
しかし、お世話になっている地元の農家からは悲痛の叫びを頂き、雨の中でも必ず1~2頭は捕獲してきました。結果は17名で19頭の捕獲となり、自分達としてはイマイチの捕獲量となりましたが、他の班からは脅威的な数字と言われました。

ほぼ週二回ずつ雨に打たれながらの作業は予想以上に体力を消耗し、仕事や家庭サービスへの影響を最小限に抑える為に射撃練習は激減してしまい苦しい状況でしたが、充実した一ヶ月でした。

調整に苦労した役所の方々ご苦労様でした。
今後も要請があればガンバリマス!

応援していただいた女子高生の皆さんにも感謝です。

皆さんのお陰で頑張れました。

ありがとうございました(笑)
[PR]
by hidehoken | 2008-07-07 11:39 | Comments(6)