エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

鹿肉の燻製

我がクラブでは鹿肉の燻製が流行っています。

きっかけは師匠が燻製器を持ち出して作ったことでしょうか!?

自分達で食べるだけでなく、市役所にもお裾分けしたりしてました。

すると凝り性の棟梁が、奥さんとで腕によりをかけて作ってきました・・・

美味い!!

こりゃ売り物になるレベルです。

ならば大量に作ろうと師匠がドラム缶で大型の燻製器を作ったのです。

今回は男だけで大雑把な仕込みです、面倒なので鹿肉の刺身部分をメインに加工しました。筋も最小限しか外さないので刺身のサクを作るのよりも遥かに簡単です、あっという間に肉のブロックは完成です。
e0056797_11542291.jpg
それをワインに漬け込みます、香り付けのハーブや香辛料もぶち込みます。
e0056797_11544246.jpg
しばらく寝かせたら、今度は日陰干し・・・
e0056797_1155984.jpg
燻製器も準備!さくらチップに着火・・・
e0056797_11561180.jpg
鹿肉をぶら下げて・・・
e0056797_11563970.jpg
う~ん、イイ感じ・・・
e0056797_1157611.jpg
しかし、コレだけでかいサイズですとチップの量も温度設定も解りません・・・感です!

師匠が試行錯誤してました(笑)

凝り性の師匠の事です、近いうちに美味しい燻製が出来る事でしょう!?

自分も燻製にも興味ありますが、質問されてもチンプンカンプン???

皆それぞれに得意分野があり、二さんは煮込みが抜群です。

NPOの女性達は無臭コロッケやスペアリブを・・・

自分は料理は全くダメダメなので、今の自分の分担は撃つ事だと思います。

実猟と射撃を頑張ります!

そういえば、今回は中部ビッグハンティングクラブのクラブ員が各地区を勝ち上がり、なんと県大会に6名も参加することになりました。

女子大生の皆さん、ぜひ応援お願いしま~す!
[PR]
by hidehoken | 2008-06-23 13:10 | 四駆・野宿・バーベQ | Comments(13)

県大会に向けて勝負!

今回は鹿の生息適正数化の事業はお休みして射撃です!

何故かというと、平日に忍びプラス犬掛け二回でアホ犬(サハラ)も自分もバテテしまったのでチョット休憩です(笑)

代わりに猟友会の県大会に向けてキツ~イ大会に出場してきました。

その大会は各県や市の代表選手が集まる東部ライフル・スラッグ射撃協会主催の二十年度第二回大会です。何時も10位ぐらいをウロウロしていますが、昨年度は一度だけ6位に成ったことがあります。どちらにしてもレベルは高く猟友会の県大会を凌ぐほどで、一都八県の大会に匹敵するのです。

前回の大会では12位と振るわなかったのですが、1.5キロ以上の引き金ではまずまずと言えます。しかし、今回はこの東部ライフルから兵が県大会に多数参加予定なのでこの中で勝ちあがれなければ県の代表には成れません。

この日のために細かなセッティングをしてきました。

撃ち方も変えました・・・
精度は落ちますが、引き金に負けない構えにしたのです。

この日は息子がどうしても見に行きたいとダダをこねるので急遽連れて行くことになり時間が・・・練習も出来ずに大会開始・・・でも本番も似たような状況なので、試射もせずに大会に臨みました。

今回も実猟ルールと言うことで黒点内はすべて10点で後は通常通りの点数となりました。自分の出場するライフル部門は静的は100mでのシッティングとスタンディングを各10発づつ、移動的は50mでスモールボア的に10発、100mで直径12センチの小風船に10発の計40発撃ちとなります。

運営の関係でまずは50mの移動的からです・・・

この的の狙いどころは解っているのですが、銃が的に追いつきません・・・朝一の練習どころか試射すらせずにいきなりの本番はやっぱりツライです(泣)しかし、本番も同じです・・・もっとプレッシャーの掛かる中での射撃ですからコレでイイのです。

高精度の6mmPPCを装填
e0056797_1054086.jpg
ゆっくりと的が出るのを待ちます・・・
e0056797_1061237.jpg
出た!
e0056797_1063217.jpg
ド~ン!!
e0056797_1065859.jpg
フォロースルーが甘いのが良くわかりますネ(笑)

結果は・・・痛恨の28点・・・・最悪です!
e0056797_10134050.jpg
移動的の練習不足が思いっきり出ました・・・左右に散らばっているのは思ったところで引き金が引けてない証拠なのです。

しかし、これが今の実力です!でも上下の散らばりは以前より少ないのでエアライフルをしこたま撃った効果が出ています。静的で勝負するしかありません・・・集中・・集中しなければ・・・メンタルコントロールの最中にアホ息子が・・・・
e0056797_10191383.jpg
「あほっ!」ベシッ! 「イテッ」

「あ~ 集中できない~」

そんな訳で100mのシッティングです・・・ど~ん!!
e0056797_1024133.jpg
装填・・
e0056797_10244312.jpg
ぷひ~ 集中、集中・・
e0056797_10252598.jpg
結果です・・
e0056797_102821100.jpg
本来なら79点ですが、全部黒点内なので特別ルールにより100点!です。

新しい撃ち方にも随分慣れてきました。次は100mのスタンディングです!

集中して・・・弾を準備・・・
e0056797_10312847.jpg
ド~ン!!
e0056797_10381437.jpg
やっと1・5キロの引き金対策の撃ち方が馴染んで来ました。

結果です。
e0056797_1040079.jpg
特別ルールにより86点・・・しかし、実際は55点です・・・

最後に100mの風船を四個割って40点となりました。

今回は常勝のメンバーが思ったほど点数が伸びません・・・どうやら県大会にあわせて引き金を重たくしてきたようです・・・腕は明らかに自分よりも上なのですが、1500グラム以上の引き金を舐めてはいけません。3年間も悩み苦しんだ引き金です・・悩み苦しみトライ&エラーの繰り返しでした、その苦しんだ量なら誰にも負けません。

結果です!

な、なんと・・・準優勝!!
e0056797_10445497.jpg
中身は高級サラダ油でした・・・うれし~
e0056797_104618.jpg
これで家の神に持ってく物が出来ました。

我が家は大会で商品を得ないと生きていけないのです、何より手ぶらで帰ってきたら次回から出場できないかも知れませんから真剣です!

準優勝した嬉しさよりも、ホッとしました・・・(笑)

苦節5年・・・初めての準優勝です、今になって沸々と嬉しさがこみ上げてきました。あと3週間足らずで県大会です。

がんばるぞ~!
[PR]
by hidehoken | 2008-06-17 10:53 | 実銃、射撃練習、射撃大会 | Comments(8)

現代に必要な自然保護活動 その3

・・・つづき

そんなこんなで活動開始!

今回のメンバーは協議の結果、県内の猟友会員に限ると言われたため、県内から厳選して17名に許可を頂きました。

同時期に県の一斉捕獲も絡んでいるため、協力・協調をしながらの活動となりました。安全性を高めるために天城分会との連絡も密にしながらの活動で、使用する銃も当初は弾足の短いショットガンを使うことに・・・そのため急遽ウインチェスターM1300にスコープを取り付けて100mにサイト調整してきました。弾も強めのスラグ(一発弾)です。


6月1日
2班の自分が先行して見切りをしながら山に入りました。この地域は昨年度は100名規模で県の捕獲調整が入り熱射病により救急車まで出動した険しい山です。猟果は7頭だったと聞かされたエリアをやることにしたのです。

「ピ~」山に入って直ぐに鹿の警戒音です・・・予想外に左の林からです・・あれか!?
銃カバーをそっと外してリューポルドVX-Ⅲのスコープで覗きました・・・このクラスのスコープになると人間の目で見るよりも明るく獲物の判別が容易なんです・・・

「いた!」 

「ピー」 ドスッ ドスッ 足踏みをして威嚇してきます。出産の時期なので近くに子供が居たんだと思います。マズイ!この警戒音で周りの鹿が警戒態勢になってしまう・・・今までも何回も悔しい思いをしたパターンです・・・スコープに映し出される鹿を捕らえながら遠射ようのセミマグナムの12ゲージを装填しました。ハッとして時間を確認・・・日の出一分前です・・・初めての有害駆除です、実績が欲しいです、しかしたとえ一分でも違反です・・・やめよう!

獲物よりも違反や事故のないようにしなければいけません。撃ちたい気持ちをグッとこらえてそっと銃をおろしたのでした。かわりに自分は一旦行きたい方向とは別の方向を行き、その警戒音を発するメス鹿を逃がしました。ピーピーピーけたたましい警戒音を発しながら逃げて行きました。この逃がす方向にも意味があるのですが、企業秘密です(笑)

気を引き締めて周りの気配に集中しました。忍び猟用の足袋を駆使してそっと当たりを付けていた寝場を目指しました。

この斜面を登れば開けます・・・居るか!?
「居ない・・・いやっ居る!」・・・視界の左端に姿を捉えました。
距離は40~45m位です、すぐさま狙いを付けます・・・。

ど~ん! セミマグナムの重厚な銃声が木霊しました・・・
ゆっくりと獲物が横たわりました。

一瞬の間をおいて ガサガサ・・・ と一斉に物音が!

隠れていた鹿が一斉に逃げ出したのです。
予想通り、群れを成していたのです。

「いただきっ!」 ど~ん! ど~ん!

「ダ~」弾切れです、撃ち遅れた為に一頭を止めるのに2発使ってしまいました、「クヤシ~」。銃刀法によりショットガンは最大3発までしか装填できないように規制されているのです。鹿が視界から居なくなります・・・自分は急いで走りながら一発ポケットからつかみ出しました・・・視界が開けると同時に装填!群れの最後尾に狙いを付けて・・・ど~ん!若干撃ち遅れた・・・しかし、獲物がしゃがみます・・・太ももに入って走れないようです。

自分は止も矢を指さずに大急ぎで走り去った群れを追って走りました・・・

この丘を登れば・・・「居た!」四頭ほどが逃げてボサに隠れたのを確認・・・距離は150~200mです。ショットガンでは厳しいです・・・せめて100まで近づければ・・・自分は素早く近寄ったのですが・・・

「どどどどど・・・」

一斉に逃げます・・・・やっぱ逃げたか・・・距離はまだ100m以上ありますがチャンスは今しかなさそうです、遠いけれど矢を掛けることにしました。

ど~ん! ど~ん! ど~ん! ・・・

当たらない・・・かなりリードを取って撃つと一頭はぐら付きましたが、元気に行っちゃいましたネ~

「あ~ ライフルだったら2頭は頂だったのに・・・」一応半矢でうずくまっていないか探しますが居ませんでした(泣)。元気にフェンスを越えて行っちゃったようです・・・こりゃサボット弾でも使わないとこの距離では無理だな・・・

後はしこってるやつは居ないかな・・・ 当たりを付けてススキの中に・・・ピョコッ 子鹿です、早い・・・ド~ン!何とか一頭追加です。忍びようのライフルだったら5頭は行けた状況ですが、ショットガンでの忍び猟で4頭なら上々かな!?

無線で近くにいるロージーさんに来てもらい引き出しに掛かりました。その間にも挟み撃ちを試みて最新の注意を払いましたが一頭逃げられてしまいました。ザンネン!しかしロージーさんの反応のイイこと!以前と別人ですね、こりゃ後2~3年で忍び猟が出来るようになりそうです。楽しみですね~本体も続々とあがってきて引き出しを手伝ってくれました。一部は見切りに分かれます・・・引き出すと同時に次の配置が始まっていました。三班は既に山に入っています。自分達は一斑と合流犬を入れるコースの確認・・・

撃ち手は二つに分かれて犬掛けは三人が三方向から入りました。変則の二班同時巻き猟です。

ド~ン ド~ン ド~ン 遠くで銃声がします・・・三班でしょうか!?

他でも撃ち始めたようですが山が違うので全く銃声が聞こえません・・・しかし微かに無線は入って来ます・・・「いっちゃった~」ガクッ! 他でも ド~ン ド~ン 「後ろから来たよ・・・撃ち遅れた・・・見に行ってくる・・」

銃声はしますが外しまくりです・・・(泣)

それでも3頭転がして引き出しに掛かりました。その内の2頭がロージーさんです。おめでと~腕を上げました(祝)
e0056797_14214220.jpg
中々の袋角です、漢方薬にイイですね。
e0056797_14221245.jpg

新人の活躍に皆で記念撮影!
e0056797_1424482.jpg

暖かくなってきたのでハイカーを考慮して高い位置での駆除を終了!山を中断まで降りて早飯となりました。
e0056797_14262311.jpg
ずらずら並ぶ鹿達・・・午前中で7頭捕獲出来ました。
e0056797_14274045.jpg
昼過ぎにはテストを兼ねて国有林の下の部分を犬掛けして山の様子をチェック!獲物を撃つことは出来ませんでしたが次回の為のデーターの蓄積をして早々と終了することに・・・最後に天城分会と役所に報告、そして記念すべき第一回の有害鳥獣捕獲事業を終了しました。
e0056797_14315877.jpg

外しまくったけれどまずまずの成果でした。

その晩のおかずです。

たいちょ~作 シカ肉のユッケです! 
e0056797_1502412.jpg

美味~い(*~、*)
[PR]
by hidehoken | 2008-06-09 14:37 | Comments(2)

現代に必要な自然保護活動  その2

・・・つづき

自然保護活動と一口で言っても色々有ります。

自分達には何が出来るか!?ゴミ拾いなどの整美事業は天城山だけでなく富士山でも行ってきたことです。手始めに今までやってきたことをNPO法人として県の行事に合わせて行ったのです。森を綺麗にすることは基本ですし、ちっちゃい子供もお年よりも女性も手軽に出来るのがイイですね。親子で森林浴しながら天城山を堪能しました(笑)

多くのハイカーとも交流して言われるのが「山が変わってしまった・・」と言う事です。

鹿の食害により笹が壊滅的な打撃を受けていることです、青々としていた地域も地肌が出ていました。
e0056797_8432812.jpg
追い討ちを掛けるようにテングサ病が拡大していました、葉っぱの無い笹ではイチコロでしょう。

それにより大変なことが始まっています。山に保水能力が無くなっているのです。以前は透き通ったスバラシイ湧き水が懇々と流れて居た所です。
e0056797_8422919.jpg
残念ながら此方でも乾ききっていました・・・
e0056797_8413971.jpg
コレじゃあワサビ農家は死活問題になるのも時間の問題です。

また山が健康でないと海もダメになってしまうことをご存知でしょうか!?

今現在でも伊豆は年間億を超える被害が出ているのです。

現在伊豆には約2万頭の鹿が生息していると言われていて、猟期+有害駆除+県の捕獲調整を合わせても全く間引きが出来ていないのが現状です。爆発的に鹿が増えてしまった原因のひとつは鹿の保護政策でした。メス鹿は撃ってはいけない、オスも一日1頭までと長らく規制があったのです。しかし、鹿はある一定数を超えると爆発的に増える傾向があり、もっと早くに対処してれば・・・今居る地元猟友会でも対処できていたかもしれません。しかしそれが遅れ、現在では全く対応できない所まで来ているのです。遅れた原因の一つに動物愛護団体が居るのですが、何でもかんでも保護すると逆に自然破壊が進んでしまう良い例です。他の地域でも同じような傾向がみられます。

自分達の大好きな山が死んでいく・・・

この山の自然を保護するには第一に大急ぎで増えすぎた固体を間引きしてバランスを取って上げる必要があるのです。その後には大掛かりな植樹活動も必要です。現代の自然環境は、人間が手を入れなければバランスは取れないのです。

そこで自然保護団体であるNPO法人 若 葉 は伊豆市と猟友会との度重なる協議を進めました。時には町の名物になるものはないかと相談される事もありました。試行錯誤の結果結果、無臭鹿肉コロッケ三種類を市へ持ち込んで試食した時もありました。
e0056797_1151242.jpg
ノーマルとカレーとメンチカツ!?です。
e0056797_1131091.jpg
てんこ盛りにして市の職員さん達に試食してもらい、正直な意見を頂きました。
e0056797_1143775.jpg
皆さん癖の無い鹿肉にビックリしていました。「コレなら売れる・・」とも言われました。中には鹿って感じがしないとか、肉が多すぎるかな・・と言う意見もありましたが、ほとんどの人が「コレが鹿!?」と癖の無さに驚いたのです。
e0056797_1174927.jpg
おかわりをする職員も・・・「今買ってるコロッケより美味い」と・・
嬉しかったです。
e0056797_1181892.jpg
食感を増やすための工夫や材料も吟味しているものの適切な肉処理とした鹿肉ならば、無臭レシピをマスターすれば家庭でも作れます。自分達は年に数回こういった山の恵みの食材を生かした物を販売して福祉に寄付してきたのです。

そんなこんなで「有害鳥獣捕獲」の許可を頂きました。ついに日本初の自然保護団体による生息頭数適正化活動を始めたのです。この自然保護活動に共感を持たれた団体が既に4団体あり、今回の地区にはその一つ「中部ビッグハンティングクラブ」と委託契約を結んだのです。

はたして上手く行くのでしょうか?

・・・つづく
[PR]
by hidehoken | 2008-06-07 10:00 | Comments(4)

現代に必要な自然保護活動  その1

前回のお題が予想外の反響で驚いています。

このエキサイティングアウトドアは主に中部ビッグハンティングクラブでの活動を書いていますが、これほど意識レベルの高いハンターが書き込みして頂けるとは思いませんでした。とても嬉しかったのと同時に更なる困難に立ち向かう勇気と力を頂きました。

本当に  ありがとうございます。

さて本題です。

まず、海外の自然保護活動を色濃く反映した自然保護団体が法人格を所得した事を報告します。また、その自然保護団体に日本初の有害駆除の認可が下りたことをご重ねてご報告します。


その団体名は・・・・

特定非営利活動法人(NPO法人)
     若 葉

と言います。先進国での自然保護活動を参考にしていて、生態系のバランスを守り維持する事の大切さをよく理解している団体です。自然環境美化活動を通じて子供達への生態系の正しいし知識を教えています。会員の半数が女性ですが、特徴として複数の任意団体と提携することにより、各種専門職のメンバーが多数存在することです。

理事長は病院の電子カルテを提供する会社の女性社長で大変自然に対する理解があります。県商工会のメンバーで商工会議所女性部の副理事も兼任し、行政や議員さんとの面識も多数あります。

顧問には、自分達とは別次元の人脈の先生方になって頂きました。

副理事長には生態系の第一人者の大学教授に付いて活動してきた我が師匠が兼任、猟友会の担当者でも足元にも及ばない知識があり、人望も有ります。

その他にも多くの人達が賛同して力を貸して下さいました。

昨年度は合同で天城山の調査を行いましたが、今年は県の環境美化週間にNPO法人として参加!昭和天皇の大好きだった八丁池周辺の遊歩道や林道の整美(ゴミ拾い)を行いました。「中部ビッグハンティングクラブ」からもボランティアで参加して、細かな道案内をしながら下は5歳から参加するも無線も駆使して安全に広域で活動を行いました。
e0056797_1239380.jpg
車両規制のため舗装路から歩きです・・・

道下には多数の空き缶が散乱してました。
e0056797_12404738.jpg
結構すべるので、狩猟用の足袋を履いてくれば良かったです。
e0056797_12452298.jpg
ヤバイヤバイ・・
e0056797_12462053.jpg
何とか上がって来れました。
e0056797_12472041.jpg


美味しそうに水を飲む幼稚園児(5歳)、頑張れ!
e0056797_12483293.jpg
あっという間にゴミ袋が一杯に・・・各遊歩道ごと3班に分かれて活動しました。
e0056797_12511662.jpg
ちょっと休憩・・・予想以上のゴミでした。「コラ!テーブルに乗っちゃイカン!」
e0056797_12504070.jpg
新しい看板の横には古い看板が・・・業者はこんなのを放置して良いのだろうか?
e0056797_1254399.jpg
八丁池には既に他の班が到着済みでした。
e0056797_12545996.jpg
女性も、こんなちっちゃい子も頑張りました。
e0056797_1256556.jpg
子供達にも良い経験だったと思います。
e0056797_12575222.jpg
美しい湖畔の横にはドラム缶が・・・小さい子にも良いことと悪いことの区別をさせる為にも見せました。あまりの汚さにビックリしていました。
e0056797_12591331.jpg
しかもいく箇所もありました・・
e0056797_1302867.jpg
五歳児は寒がってネズミ男に・・・
e0056797_1314135.jpg
それにしても笹っ葉がまるで有りません・・・ほぼ壊滅状態です。
e0056797_1324440.jpg
不法投棄も多く、車両を乗り入れないととても撤去不可能でした。
e0056797_1342065.jpg
多めに持ってきた手持ちの袋は一杯です。持ち帰るのも一苦労!
e0056797_1364341.jpg
それを分別して缶は圧縮しました。
e0056797_138570.jpg
コレだけでもえらい労力です。
e0056797_1392035.jpg
お凄まじいゴミの量に圧倒されましたが、今後も継続していくために県の計画に則って協力し活動します。
e0056797_1394616.jpg



そして自然保護活動の一環として、鹿等の生息頭数の適正化活動を実行し始めたのです。まずは活動拠点となる静岡県において、最大級の被害が出ている地域から活動を開始しました。!今回はその地域で最大級のクラブで実績が高く30年近くに渡り無事故で活動してきた我が「中部ビッグハンティングクラブ」が委託契約を交わし活動を開始したのです・・・・すると、「市としては一頭でも多く獲ってもらいたい」と言うのですが、なぜか話が思うようにいきません。実は影で何度も何度も邪魔をしていた団体が居たのです・・・情けないことです・・・

つ づ く
[PR]
by Hidehoken | 2008-06-03 13:17 | Comments(2)