エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

<   2006年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

勝負!ショットガンでの忍び猟 その2

朝早く車の中で身支度です。今日はショットですが本気モードで野宿したのです。アホ犬(サハラ)も居ません!

山の中には自分一人だけ・・気持ちが山と一体になり透き通っていきます。よし、行くか!車を後にしました・・

ピー 早くも警戒音、今年の鹿は手ごわいです。ゆっくりと山に入り込み、作戦を立てたルートを慎重に登ります。

ピー また警戒音、自分の得意としているルートからです・・やはり読まれている・・・気にせずに進みます、今日はいつもと違うのです。一つはライフルで撃ちにくいヤツを撃つのも目的ですが、もう一つショットガンの可能性にも挑戦してみたかったのです。
今の自分の腕と弾では射程はせいぜい50m、強力なスラッグでも70mが有効射程でしょう。

新しい攻め方をするとはるか下の山からピーと警戒音。「もう気づかれたのか?」「・・・」「まてよ・・あそこで啼いたって事は・・」「しめた!チャンスだ!!」自分は作戦のルートを小変更して迂回してから二番目に狙うウツを目指しました・・息が切れてハアハアします、心臓がバクバクしています・・・一番目に狙う予定の辺りで物音がしますが無視!先を急ぎます。

そこは前回霧で撃ち損じた処です。遠くに出られたらアウトですが、この前のルートで来るならショットで勝負できる距離ですし、ススキも低く木も細いので00バックのセミマグナムなら勝算があります。スコープ付きのライフルの敵を取れるかもしれません。

もう、ポイントは目の前です。

そっと覗いて見ます・・・居ない・・・「やばっ」「奥の遠いラインか?」一気にダッシュします!すると目の前約40mのススキが揺れて同じような色の物体が動きました。「鹿だ!」メスの群れです!チャンス!!

先頭?辺りのデカイヤツがチラチラ見えます・・・この距離のオープンサイトなら撃ちなれた間合い、余裕で追えます・・「ヨシッ 今だ!」ドゴ~ン!手応えあり、次!オスか?ドゴ~ン・・・当ったかな?見えなくなったけれど半矢には出来た気がします。

すると残りのメス鹿二頭が反転して逃げます・・待っているとバッチリ姿が見えました・・・撃つか?止めました!?・・確認してないけれど、二頭転がっている気がしたからです。この地域は二頭で定量です、三頭捕ったら違反です・・・一瞬迷いましたが、結局撃つのを止めて回収に向かいました。

結果です。
e0056797_22334278.jpg

ショットガンで初の忍び猟成功!しかもオス・メス定数確保です!!

うれし~ 出来すぎです。 しかもスラッグで撃ってないから肉の痛みも最小なはずです。しかし、引きずるのに一頭と二頭では大違い・・

とりあえず休憩・・これで何度目の休憩だろう・・記念にパチリ。
e0056797_22385957.jpg

何とか車に乗せて一安心。
e0056797_2241610.jpg

リアのスクリーンを外して更に冷やしながら帰りました。
仲間と合流して解体すると、予想以上の肉質でした。
ですが、体はあちこちイタイです。特に腰が痛い・・・
誰かかわいい子にもんで欲しい・・・
e0056797_238485.jpg

正直疲れました、でもライフルでの敵を 「獲ったど~」

では皆さんまた来年、良いお年を!
[PR]
by hidehoken | 2006-12-31 22:48 | Comments(6)

勝負!ショットガンでの忍び猟 その1

忍び猟が不調なため作戦を練りました。

色々考えた末、ショットガンで勝負することにしました。

本来の忍びではライフルが圧倒的に有利です・・・しかし・・

自分の責め方を学習した鹿達は、ライフルで撃ちにくい植林や笹の中など体の一部しか見えないコースを逃げます。自分の足音さえ覚えられたのでは?と思う処もあります。さてどうするか?

自分の出した答えはショットガン(散弾銃)を使う事です。

ただし、使用する弾は通常巻き猟で使用する00バック(9粒)や000バック(6粒)では有りません。セミマグナムのスラッグや、00バックを選びました。通常のショットの間合いでは役不足だからです。

作戦を立てての選定ですが忍びにショットガンを持つのは初めての事です。


さてさて、どうなるものか・・・


サハラは今回留守番です。
e0056797_22571555.jpg

行って来るぞ!


e0056797_2363560.jpg

[PR]
by hidehoken | 2006-12-31 13:13 | Comments(0)

良からぬ事!?

当らん・・スランプか?

いや銃が悪い??

いえ、一番悪いのは自分です、分かっているんですが・・・

鉄砲や弾のせいにしたくなるのは未熟者の証です。ええ 未熟者です。ですからしっかり鉄砲のせいにして、自動銃かレピーター(ライフル)を探しています。

まだ、葉っぱも落ちていなくて見通しの悪いこの時期ではショットガンの方が圧倒的に有利です・・オープンサイトの自動ライフル銃ならもう少し勝負出来たかもしれません・・・

だいたいが師匠より厳しい猟になると言われたのに、アホ犬(サハラ)に経験を積ませたくて忍びの猟場に犬を入れてしまった事により、いっそう警戒心が上がり完璧にウツ(獣道)が変わっています・・・撃ちたいポイントからではほとんど見えない所です。

更には、本土では圧倒的に有利な自動銃をあげてしまい、ボルトアクションしかないこと・・・止まっている獲物には高い精度で遠くの獲物も一発ですが、見え隠れして走っている獲物を撃つのは至難の業です。昨年はそんな状況でも自動銃だったために初弾を外しても二の矢や三の矢で仕留める事が出来ました。あまりにも確率良く仕留められるように成ってしまった為、好きなボルトアクションで今年は勝負しても勝算があると思ったのです。

甘かった。

まあ、雪の降る前の勝負ですから本番は年明けなのですし、雪が降ればモデルセブンは最強なはずですが・・・なんとか今の状況で勝負することは出来ないものか?

手持ちの銃ではウインチェスターのM1300 12ゲージ 22インチのスラッグ銃身付きレピーターが即射性に長けています。しかし通常のバラ弾では有効射程は2~30mほど、セミマグナムでもせいぜい40~50mほどです。サボット銃身が有ればと思い方々電話しましたが知り合いの銃砲店には有りません。

スラッグで勝負??通常より内径の大きな銃身なので、勝負になる可能性が有るのはフェデラルの新商品位か・・・

早速ガンショップにて購入・・・12ゲージで初速1600とな・・マグナムやサボット並の初速です。70mまでは有効射程になりそうです、しかし100m以上は無理でしょう。

急に冷え込み雨と風で葉っぱが落ちて今度はボルトでもいけそうな気もしますが、あの笹や雑木林の中を飛ぶヤツと勝負したい!ピーピー鳴いて自分の行く所を先回りして仲間を逃がす憎いヤツです。あいつをどうにかしないと今後も邪魔されそうです。

遠い獲物は前回ボルトアクションライフルを使って克服したので、今度は何度も苦い経験をしたヤツとの勝負にだけ集中してみようか?

獲れなくて元々!やってみますか!!兎に角矢を掛けるチャンスを作ること、ライフル代わりにポンプアクション スラッグ銃を使ってみれば最強の忍び銃探しにも参考になるはずです。

よし、次回はショットガンか!? まだ迷ってます・・・
e0056797_1133524.jpg

[PR]
by hidehoken | 2006-12-26 10:42 | Comments(4)

当たらん!!

今期は幸先良く初巻き猟で2頭、初忍びで1頭と一週間で3頭ゲットしたのですが・・・その後は銃の選定を誤り撃てなかったり、撃っても外す事ばかり。

先日の忍びも外しました・・・ヤバイです。

その点順調なのは師匠で既に6頭ゲットです。

グループでは今週も捕獲したので合計19頭の日本鹿を銃猟でゲットしています。年内に20頭越えるのはほぼ確実です。基本的に日曜しか集まらず、三頭転がると早仕舞いするグループとしてはマズマズの成果だと思います。しかも、その他に罠で猪も捕獲しています。

しかーし、忍びを甘く見て猟場にサハラ(猟犬)を入れてからは全くダメ!外し癖が付いたのか、本来撃ち取れるチャンスも逃がす始末です。集中力も低いです。

こうなると迷いが出ます・・ショット(散弾銃)で行くか?ライフルで行くか?

巻き猟ではショットが便利ですが、忍びではライフルが有利なはずです。しかし、撃ちすぎたのか自分の撃つポイントから見えない所にウト(獣道)が出来ています・・更に普通なら逃げやすいウトを使うのに、撃ちにくい木の間を縫う様に逃げる様になってしまいました。ヤバイです、学習されてしまいました。

ボルトのライフルを持っていくと、木々の中を一瞬姿を見せて消え・・・ショットを持つとサハラが沢止めして川にポツンと獲物が居ます。直側にはサハラ・・とてもバラ弾は使えません。

そんなのばかりです・・・ああ、あげてしまった自動銃が有れば・・・

また良からぬ事を考えてしまいます。
[PR]
by hidehoken | 2006-12-25 22:18 | Comments(0)

年末だよ~

いつの間にか忙しい・・日曜日のハンティングも自分は朝の一回戦で切り上げです。しかし、その一回戦にサハラが出動!更に違うラインから紀州犬が二頭入る予定です。

既に山には師匠達が入って30分ほど・・そろそろ持ち場に着く頃です。すると向かえの山から ダン ダン ダンッ!と銃声が・・おそらく師匠でしょう。山に入りながら忍びを掛けていたと思われます。しばらくして、猟犬(サハラ)と山に入ると「今獲物の処置をしているからまだ犬を入れないでくれ・・」と無線が入ります。仲間に聞くと、やはり師匠が忍びで転がしたそうです。「皆で山に入ってる途中で急に走り出してあっという間に居なくなった」と言う。師匠に聞くと、「気配を感じたので、合図を送って待ってもらい忍び掛けながら飛んだ(走った)」との事、「鹿の方が早かった、群れの最後を撃つのが精一杯だった」「俺も年だな~ 以前なら余裕で間に合ったのに・・」と言ってました。「マジですか?」そこはこの前自分が走って間に合わなかった所ですよ・・・

しばらくして持ち場に戻ったらしく合図があり、自分とサハラで下から突き上げます。伴さんは紀州犬で横から入ります・・雨が酷くなってきましたが、至る所に獲物が居た気配がします。始めてのラインでの犬掛けですが、忍びで何度かこの山に入ってますので大体の見当はつきます・・サハラと歩いていると、自然とウツに乗ります。前回の経験の為か、捜索範囲も少しずつ伸びていきます。(猟犬は獲物を咬ませてあげるごとに良くなるとの事)

しばらくすると ダン ダンッ! と銃声が山々に木霊します。何度聞いてもいい音です。心が踊ります!しかし後が続きません。犬が掛かってないと、予想外のコースを獲物が逃げてしまいます。人の気配を感じ取り中々本来のコースに来てくれません。既に猟期も一ヶ月、その前に有害と散々脅かされて警戒心が強いのです。

雨の為にサハラを初め紀州犬達も満足に獲物に付けないのです。しかし獲物達は犬を恐れて移動しています・・せめて霧雨位ならサハラでも獲物を追い詰められるのになー

残念ながら鹿達の方が有利なようです。遠くて矢を掛けるのが精一杯で仕留められません。寒くて待ち場の人も限界でしょう。一旦山を下りて早昼をするみたいです。すると突然サハラが居なくなりました・・「やばい、今頃になって掛かってしまったら・・」と思ったらマーカーから「サラ重い・・引っ張らないでくれー」と悲痛な叫び声が・・仕留めた獲物にカブリ付いて反対に引っ張ってるようです・・「しょうがないヤツだのーまあいいか!」少しでも猟欲が高まれば・・師匠も「ケツなら少し咬ませてやれ」と言ってました。遠くでワンワン声がします・・きっと中間が鹿持って生きてるように動かしてるのでしょう、ありがたいことです。

残念ながら、自分は用事の為ここまでです。

後で聞くと早飯の後に新たなポイントを攻めて大当たり!群れが出て皆でパンパン鳴らしたそうです。さすが師匠と洋犬のコンビです、今度は鹿達の方が部が悪かったようでさらに二頭ゲット!これ以上は要らないと思い急いで犬を回収したとの事。

合計3頭獲って早仕舞いしたそうです・・
それにしても雨の中みなさん好きですね~ 12月の半ばですよ!
e0056797_21525242.jpg

サハラもお疲れさん、雨でイマイチだったけれど進歩は有ったぞ!

次回がんばれ!!
[PR]
by hidehoken | 2006-12-19 22:15 | Comments(0)

名コンビなるか? その後

初めての沢止め・・疲れたようで車の後部座席でグッスリです。
e0056797_0102524.jpg

しかしあのクラスの鹿をいきなり沢止め?出来すぎです。おかしい・・普通ならトリック掛けられて巻かれるはず・・よくよく話を聞くと善さんが手負いにした鹿でした。だから追い安かったようです。納得!!

でも、サハラにとっては又と無い良い機会に恵まれ、この大切な時期に最高の経験を積ませてあげられました。止め矢を撃とうとした時にサハラが来た為撃たなかった善さんに感謝です。

また、貴重な太ももにカブリ付き直に獲物から放したのに見事に牙がモモ肉を貫通してました・・スイマセン。これも師匠が「獲物を咬ませてあげれば犬が良くなるから良し!」と言ってくださり、またまた感謝。

サハラはグループ皆の力で成長しているのを感じました。

こいつがサハラの追った鹿です。
e0056797_024852.jpg

翌日にはこうなりました。
e0056797_0244867.jpg

本ワサビと醤油で パクッ! 美味い!!

サハラの初物です・・

うーん、あのションベン垂れが・・・涙モノの美味さでした。
[PR]
by hidehoken | 2006-12-13 00:33 | Comments(8)

名コンビなるか? その4

この場所は前回でかいオスが二頭入っていたところ・・サハラは簡単にまかれてしまいました。もっともメス鹿が気取って出てきたのは師匠が撃ち取ってますが、サハラが完璧に掛かった獲物ではありません。動きも猟犬と言うよりは山に散歩に来た感じの動きでした。

「このままではダメだ!」と思い、忍び猟に連れて行って鍛えて来たのです。今回はもう少し猟場を広げて挑戦です!期待と不安、はたして結果は??


皆が配置が付いた所でサハラと一緒に山に入ります。このルートはサハラも自分も経験が無い所ですが、足(鹿の足跡)を見て当りをつけて進みます。サハラも散歩ではなくて捜索している動きです。

しばらく行くと山の地形からもう少し上のほうが怪しいと思いルートを少し修正して進みます。すると突然 バサッ バサバサバサ・・ 「出たよ~ 行ったよ~」と無線を打ちます。直に ダン ダン ダンッ! と銃声が・・ 「善さん 行ったぞー デカイ三の又だぞー」と師匠の声・・しかし銃声が続きません。しこったか、抜けられたか?しばらく進むと師匠と合流!「頭しか見えなかった・・デカかったぞ!」と言われました、足元にはチョッっと見ないサイズの大きな足跡が・・・師匠は足を詰めます。自分は横狩りに進みます。一つへらを越えると又怪しい所を発見!サハラと一緒に突っ込みます・・「サラが居なくなった、気を付けてよ~」 一分もしないうちに ダン ダン ダンッ! 善さんです「行っちゃったけど、二発位入ってると思う」と無線が・・自分の姿を見ると足を詰め始めます・・すると師匠が・・「別物が戻ってるぞー高橋さん気を付けてよー」・・流石です。自分たちが中段より上を攻めているのを見て下段を人間勢子してくれてるようです。
e0056797_03238.jpg

さて、いつもの猟場に出ました。サハラを呼んで、掛けたいラインに入っていくと正にそのコースにサハラが乗り走り出します・・「今回良いウト(獣道)にサラが乗ったよ、気を付けてよー」と無線を打つと直に ワン ワン ・・ワン 啼きが入ります 「啼いたよー 気を付けてよー」 啼き声が遠ざかりながら下ります・・沢だ!・・「沢待ちの人 行ったよ!」 銃声がしません・・啼き声が戻ってきます。見えませんが自分よりかなり下を切ったようです・・「伴さんの方に行ったよー」 ワンワン!ワオーワンワン! 啼き声が変わり、けたたましい啼き方です。

伴さんが「かなり下だなー、沢じゃないかな?」「さっきから動きが無いから沢で止めてるんじゃないの?」と無線が入ります・・サハラは けたたましく啼きまくっています。ワオー ワンワン・・ サハラの啼き声が山々に木霊します。「これだけ啼いたらしょろ抜けが出るかもしれないので気を付けて下さーい!」と無線を打ちました。師匠からは「こりゃ沢止めしてるから近くの人行ってやって!」と無線が入ります。

自分も急いで戻ります・・途中で岩にスネをぶつけます・・グワッ 痛い! 圧縮バットを折るスネも岩には適いません・・ ツー ガマンです、うずくまってる暇は有りません。早く行ってあげなければ・・崖のような所の下から サハラの声がします。覗くとサハラが何かに向かって吼えています・・目を疑う光景が・・・鹿でも登れそうも無い切り立った岩肌の下を流れる川にドップリと胸まで浸かったデカイ雄鹿・・角も三又くらい有りそうなリッパなもの・・その僅か数m先でサハラが吼えこんでいます!鹿は川に入ったまま動けません。撃って上げたいけれど獲物と近すぎです。こんな時にがぎってバラ弾を装填して有ります・・伴さんがライフル(ブローニングBAR)を持ってきたので撃ってもらいました。 ドゴ~ン しゃがんでどっぽリ川に浸かり頭だけ出しています・・もう一発 ドゴ~ン 今度は横になって川に浮きました。行ってみると頭が割れています・・中々いい腕していますが・・もう壁掛けには成らないかな・・「お疲れ様!」「よしよし、良くやった!!」サハラをたっぷり褒めてあげました。

その場で血抜きハラだしをしてサハラにお裾分けしました・・「サラッ美味いだろう、おめでとう!」満足げなサハラ・・ワンワン! 「なにーもっとくれだと?」 しょうがないな~ 「ほれ!」 バクバク ムシャムシャ食べます・・ まるで飯を与えてないような食い方です・・ あっ 本当にくれてなかった・・ 「サラ、これが朝飯な!」たっぷり食えよ・・

おわり
[PR]
by hidehoken | 2006-12-12 10:08 | Comments(0)

名コンビなるか? その3

行って来ましたグループ猟に!

えっ 忍び猟はって? もちろん前日に雨でも出動しました・・しかし、霧で何にも見えません。師匠は雨が降り始めた時点で「こりゃダメだろうな」っと思ったそうですが・・何事もやってみなくては解りません・・・そして・・・ダメでした。

ですが、収穫も有ります。ココも忍びが出来るのでは?っと思ったところを試した所、ほぼ予定どうりの場所で霧の中に木に隠れるようにしている獲物を発見!間違いなく鹿です。見難いけど瞬間的に木の隙間を狙って立ち撃ちしました。ドゴ~ンと一発!見事に木に命中!行っちゃいました・・霧の薄いところには更に二頭の影がチラチラッと・・むろん撃ちました・・ドゴ~ンと2発目!行っちゃったようです・・血糊もありません。この距離で外すとは・・・やはりショットガンの様な撃ちかたしても当りません。ライフルは狙いこまないとダメです・・解っちゃいるんですが、そんな余裕無かったです、矢を掛けれただけでも良しとしよう・・去年は撃つ事も出来ませんでしたから・・・それにしても霧の中では良いスコープでも役に立ちません。レンズの水滴を拭いていたら曇り止めが取れてしまい終わりです・・何も見えません。その日は早々に退散して仕事しました・・

因みに先猟期にドットサイトを霧の中で使用したときも同じようにダメでした・・スコープよりはマシに見えますがレンズに水滴が付くのは同じです。やはり霧の中ではオープンサイトが一番有利との結果になりました。収穫なのは新しい忍びの装備が利いてかかなり獲物に近づけた事です、この距離ならショットガンでもセミマグナムなら勝負出来ます。次回は霧の中でも撃ち取ったるー!!

そして翌日がグループ猟。師匠が一発目にサハラを使うと言いました・・場所は前回とほぼ同じ場所・・さてさてどうなるものか?
[PR]
by hidehoken | 2006-12-11 08:32 | Comments(0)

名コンビなるか? その2

本日はハンティングクラブの本隊が来る日です。

しかし今日もサハラ(猟犬)と共に山に入って忍び猟です。

師匠からは犬連れでの今の忍びのやり方ではほぼ100%ダメで、上手く行っても確立は10%と言われました・・・いくらなんでもそこまでは酷くないでしょう?と思ったのですが、それ以上にサラに経験を積ませたかったのです・・皆に迷惑かけずに犬を鍛えるには、自分の空けてもらっている猟場を荒らすしかないと思ったのです・・ダメで元々、「サハラをなるたけ山に引いてやれ!」と師匠に言われたことを実践する為でもあります。

前日の失敗を反省して、犬を入れても良いと言われたコースから入りました。

右手で獲物の音がします・・・姿は見えませんがアホ犬(サハラ)は気づきません。気にせず慎重に忍びのコースを進みます・・本命の撃つポイント・・出てきません・・・何処行ってもダメ!本当に10%以下の確立でした・・ 気取られています・・しかし、サハラと何時間も歩いていると犬と鹿の音の違いが解ってきました・・・いちいち音に反応しなくてもサハラなのが解ります・・・人間の何倍?何百倍?も耳の良い鹿なら尚更です。これでは獲物の姿を見れないわけです・・・

それでも歩きます・・・昨日もたっぷり3時間は山を歩きましたが今日もそのつもりです。いくつものウツを歩かせて経験を重ねます・・良いラインに自発的に乗れば褒め・・平行して捜索したら褒め・・遠くまで行ったら褒めてあげました。するとサハラに変化が起こり始めます・・甘ったれで自分から離れなかったのに、姿が見えなくなっても好きなだけ捜索するようになりました。自分が規則正しい歩き方をするので、離れても見つけやすいのでしょう。

一通りの訓練を終わり帰る時に、いきなりサハラが走り出します・・ジッと見ていると急にダッシュして小さい山を越えて見えなくなりました・・・美しい走りっぷりです・・アホ犬ではなく猟犬の走りです・・啼きは入りませんが、獲物にサハラが掛かったのを確信しました・・・

どっちだ?最後は左に切れたけど・・・山の地形を考えます・・鹿の習性・・行きに見たウツを思い出します・・「右だ!」・・そっと忍び足で窪をチェックしながら進みます・・・「居た!!」しかし、もう通りすぎてます・・諦めずに出てきそうな斜面を狙うと木々の間をチラチラ見えます・・「あーサハラが追った鹿だ!」「撃ち取ってやりたい!」後ろからサハラの物音・・「ええい!当ってくれ!」ドーン、ドーン、ドーンと3連射!!行っちゃいました・・その後をサハラが諦めずに猛ダッシュ!早い!斜面を飛んで追いかけます・・あっという間にマーカーも取れなくなりました・・

「サハラッ おめでとう! 今日から猟犬の仲間入りだよ!」「まだまだ半人前だけどな!」クタクタになって帰ってきたサハラをもみくちゃになるまで褒めてあげました。

来て良かった・・これで自信を持って本隊と巻き猟が出来ます。

遅れながら本隊と合流して報告。

すでに1頭捕獲していました。引き出しを手伝い次のラウンドに・・

今度は師匠の犬掛けです・・言ってた通り山に入って5分で犬が掛かり鳴きが入ります・・1頭転がり1頭逃げられますがまだ持ち場を離れないように指示が・・まだ居るみたいです。更に別の若犬を使い他の場所から獲物を出します・・今度は違う持ち場に獲物を飛ばします・・あんな芸当なかなかお目に掛かれません・・後で聞くと自分ばっか撃っちゃマズイと思い、撃ってない人の方に獲物を飛ばしたとの事・・巻き猟も奥が深い・・・

結局この日は合計4頭捕獲しました。「まー良く鳴らした(発砲)こと・・」「当らなくても皆で楽しめたんだからマル!」と師匠談・・この人には適わないや・・・


追伸、おかげさまで自分が誘ってきた新人さんも早くも4回もチャンスをもらい良い経験を積んでます。既に同射ですが1頭転がったそうで、ありがとうございました!
e0056797_112642.jpg

サハラもお疲れ様。
[PR]
by hidehoken | 2006-12-05 00:30 | Comments(8)

名コンビなるか? その1

・・・・つづき

日の出を待って出発!「これ、慌てるな!」「足音立てるな!」・・・
サハラ(猟犬)と一緒に忍び猟は予想以上に大変です。
「引っ張るな」「ハアハアするな・・あーもう息するな!!」 
 
まったく先が思いやられます・・いつもより早めに装弾することにしました。
音を立てずにそっとボルトを操作しました・・・ガシッ!

装填不良です・・確実な作動のボルトアクションが絡むとは不吉な・・・

気を取り直して山奥へ入りました。

サハラはもう行きたくてたまらないようです、まだ早いのでリードを付けたままですが煩いので思い切って放す事に・・・あっち行ったりこっち行ったりしてますが、自分を中心に30mほどしか離れません。かえって好都合です、いつものように忍んでいきます・・・

ガサガサッ  獲物か? サハラでした・・・

バサッ またサハラか? いない・・どちらか解りません・・

とりあえず一つ目のポイントには居ません。

次のポイントへ・・・途中にサハラに入ってもらいたい所に来ました。入れてみます・・ウツ(獣道)に乗って下ります・・「よし!そこから右に行けっ!」・・・戻ってきてしまいました。なかなか上手く行かないものです。

次のポイントには気配無し・・本命に・・居ません・・・次は・・・いません・・・最後は居ません・・・

そんなバカな・・師匠の「難しい猟になるゾ!」の言葉が頭をよぎります。

しょうがない、まだ手をつけて居ないとっておきの所に行くか?

「サラッ 来い!」ここらなら絶対居るはず・・・

・・・・ガサッ  !!  サハラでした。

パサッ !! 「居たっ!」  ふわっふわっと 跳ねて山の背をかえします・・・足音がしない・・・「自分と同じ足音の消し方を使いやがって・・・気づかなかった・・」先行されてますがダッシュ!! 間に合うか・・・回り込むも姿無し・・飛び方が早い。

しょうがない、本当は猟犬を入れたくないエリアに行くか・・・歩く事40分ほど・・・・「居たっ!」・・チラチラ見えます・・こっちに歩いて来ました滅多に無いチャンス・・距離200mほど・・・じっと待ちます・・

雑木を越えて170mほど・・また姿見えなくなりますが、その先を狙って待ちます・・。まったく出てきません。と思った瞬間、予定より左に獲物の姿が・・ほぼ正面距離150m「もらった!」銃を構えます!がその前に矢先にサハラがいないかを確認・・OKです。一瞬遅れて狙いこみます・・が、すぐに見えなくなってしまいました。「クソ!ミスった!」

あとはいくら待っても出てきません・・・サハラは?後ろからやって来ました・・右前に出ます。「そらヤバイヨ!サラちゃん・・」

しょうがない、左に廻るか・・獲物の姿は有りません・・しかし、逃げられた訳では有りません。何処かに隠れているはず・・そっと足を進めると バサッ 「居た!」 予想より右だ・・直に構えますが見えないコースを逃げていきます・・ならば見えるまでダッシュ!・・「あー 頑張れオイラの足!」・・ススキの切れ目・・出た・・ドンッ ハズレ!笹っぱに隠れる・・ドンッ・・・「あーあ 外したかな・・?」

アホ犬と一緒に捜索・・居ません・・もう一度捜索・・居ません・・くどいけど捜索・・居ません・・行っちゃったようですね!丹念に調べるとウツ(獣道)に弾の痕が・・この距離でも狙った所には弾が行ってました・・しかし獲物には当っていません。撃ち遅れです・・
e0056797_10122686.jpg

虚しい着弾点です・・今回は猟果無し!


以上です。
[PR]
by hidehoken | 2006-12-04 23:05 | Comments(0)