エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

<   2006年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

何でこんなに・・

先日、気の良い叔父が急に他界してから悪い事が続いている。

Blogには書かなかったけれど・・・

実は両親を殺されたサハラには兄弟のハルと言うメス犬がいるんです。この犬がチョット前にメデタク元気なチビ助を1頭出産した。見るからに猟系の血が息づいている。
e0056797_2253267.jpg

物凄くなつっこくて元気、これで血を受け継ぐ犬が出来たと安心した矢先・・
e0056797_2231729.jpg

不幸にして事故に合い死んでしまった。期待の星だったのに・・火葬して天城山の見晴らしの良い所に師匠が埋めるとの事になりました。

意気消沈の師匠に追い討ちをかける出来事が・・今年一番の期待の犬・・若犬の寛太が大怪我。(写真は幼犬時のもの)
e0056797_22353180.jpg

首がザックリと切れてしまっている・・声もまともに出ない・・思ったより深い傷・・病院に行くと即入院・・手術となりました・・

アホ犬(サハラ)も体調不良でチョット運動しただけで直にダウン・・イマイチです。
e0056797_22542342.jpg

きっと良いことも有るさ・・と、先週も、先日も思っていた・・しかし、本日は三件も事故相談が舞い込み・・・・気晴らしに昔よく行っていたお店に行くと、ここでも裁判沙汰の話でアドバイスしました・・

予想はしていたけれど、予想以上のペースでアメリカの訴訟大国に近づいている・・・日本も狂って来ていますが、身近でもおかしな事が続いてます。

相手にもしてなかったのですが、未だに続く嫌がらせ・・

試練でしょうか?

気落ちしている暇は有りません。自分が動かなければ!

ちょっと行動を自粛して、足元を固める必要が有るのかもしれません。
[PR]
by Hidehoken | 2006-10-30 23:01 | 愛犬(猟犬?)、ペット達 | Comments(6)

出会い・・別れ・・そして再会・・・

仕事を兼ねて前日から山に入りました。

過酷な忍びの下準備です。

町で幾ら考えても実際に使ってみて初めて分かる事も多いいのです。

先ず車の航続距離のチェックから・・車によっては四駆に入れて山を走ると予想外に燃料の消費が大きくハラハラした時もありましたがJEEP ラングラーはジェリ缶は持たずに行動できそうです。ノーマルタンクで十分!

それだけでも収穫!
e0056797_21353332.jpg

予想以上に良かったのが登りの細い山道です。ロールも少なく快適でした。四駆なのに32スカイライン以来の気持ち良い走りです。
予想外に悪かったのは林道です。フラットダートは早いのですが、ゆっくりとクローリングしながらが苦手です。ギャップや溝を斜めから入ると、体が持ってかれるほど振られます。短いホイールベースと硬く短い足が原因です。まるでレーシングジムニー、好きな足ですがもう少しゴツゴツ感を無くしたい所です。長く乗るならシート・タイヤ・ショックは要交換です。

小さく小回りの効くJEEPは予想外に寝やすいのですが・・サイズの割りには寝易いだけで足が完全には伸びないのはしょうがないかな・・ウイザードなら広々寝れるのにナー・・その代わりに鋭角もUターンも楽々です。
四駆も一長一短です。レッグスペースの穴埋めをすればもう少し快適に寝られそうです。本番では寒冷地用のシュラフ(寝袋)も必要なのが分かりました。


夜見つけた今年生まれたと思われる鹿です・・
e0056797_2152261.jpg

分かるかな~ 分かんねえだろうナ~  

・・・ 古い。


日が変わって、新しい装備はすべてチェックしていきます。靴や服、ナイフやザック、鹿笛や無線機に・・・こうした積み重ねが結果に繋がるのです。具体的には、ハンティングシューズは去年のものですが靴下の使い方を工夫しました、これだけでも疲れ方が変わります。忍び猟は時には巻き猟の何倍も歩くので、少しでも体力の温存をしたいのです。服は薄手の毛を試しました、コンパクトな体温調節出来る服のチェックです。ナイフも実際に携帯してみると意外と邪魔だったりしますので・・
e0056797_98516.jpg

そして、一番重要なのは「山を知る事!」師匠が一番重要視する所です。今年の山の状況を的確に判断するにはまだまだ修行が必要ですが、とりあえず師匠から頼まれていた簡単な二点は何とか確認できました。

一つ目は林道のチェック!あまり使用しないルートの路面状況や時間なども確認しました。もう一つは物(獲物)の動きです、まだ紅葉が始まったばかりの暖かさ・・去年も暖かかったけれど毎年違う動きをしています。

仲間と合流しておしゃべりしながら、山全体を大まかにチェックしました。お気に入りの所はハイキングしながらチェックでーす。ひと時の休憩・・缶コーヒーが美味い!

やっぱ山はイイナ~

恋人に再会した感覚です・・・
[PR]
by hidehoken | 2006-10-29 21:59 | Comments(2)

鳥も好きな犬

今日もアホ犬(サハラ)は元気に散歩する。

何か言いたげな表情・・・
e0056797_10215847.jpg

そうか!今日はサラベ~の誕生日か?

本日でめでたく2才になりました。「誕生日プレゼントは・・何がイイ?」 「なぬ、現金が良いと・・」そういうわけで皆さん宜しくお願いします。

さて、こいつの好物は現金と鹿肉ですが、最近ハムスターも仲間入りしました。しかし、哺乳類だけでなく実は鳥も好物です。

先猟期に裏山に入ったときの事、狙いは焼き鳥の王様「ヒヨドリ」でした。いつものように走り回って遊ぶ事はしません。撃ち落すまで自分と一緒にジッとガマンしてチャンスを待ちます。。しばらくするとチャンスがきました・・慎重に狙って・・バシッ 命中! それまでジッとしていたサハラが一気にダッシュ!自分より素早く獲物を回収します。そこまではエライ!しかし、その場で食べはじめます・・「だ~ ナニやってんだ 返せ!」 「ウ~」 「返せ!!」 「ウ~~」 「この野郎!まてー」 捕まえようとすると獲物持って逃げます・・全然追いつきません。逃げ足の速いこと速いこと。そして主人の体力が落ちたのを確認するとヒヨドリの頭をかじり始めます・・

話が変わって、これだけ鳥が好きなら鴨でも同じ事をするかもしれない!鴨サイズなら頭かじってる間に回収出来そうな気がします・・上手く行けばカモキャッチャー要らずです。試しに近くで鴨を見せられる場所はないだろうか?・・・ってわけで先日ミルク○ンドに行って来ました。

元ウサギ小屋が鴨ブースになってます。丸々太って美味そうな青首が数羽います・・アホ犬を近づけますがイマイチの反応・・だめか・・・しょうが無く園内を廻ると、サハラが突然物凄く興味を持った大型の鳥がいました・・・


それはコイツです。ダチョウ!なぜじゃ~?
e0056797_10293058.jpg

ぐいぐい引っ張り柵の中に頭を突っ込みます・・

これならかなりの肉が捕れそうですし、結構美味そうな顔つきです・・しかし撃って良い鳥なのか?狩猟鳥獣には無いよなー だいたい日本に野生のダチョウが居るのか?居るわけ有りませんが、アホ犬はドンドン進もうとします・・近くには「キケンですら餌を与えないように」との看板が・・

突然サハラが吼え始めました「ワン ワン!」やばいんで無いの?縄張りを荒らしたら気の強そうな親分ダチョウが出てきました。睨み合います!
e0056797_10445395.jpg

「クエ~」ダチョウの雄たけびスゲー初めて聞きました。「ワン ワン ワンワン!」・・・「クエ~~!」スゴイ構図でした。

ダチョウは口を大きく開けて威嚇しながら突っついてきます。アホ犬も負けていません。一進一退の攻防・・一瞬 「ゴジラ対キングキドラ」 かと思う両者の迫力!!

笑いながら見物人が集まり始めました・・ヤバイ!怒られる前に逃げよう・・

係員が来る前に早々退散・・逃げ足は飼い主も速いのです。

 

おわり
[PR]
by hidehoken | 2006-10-25 11:20 | 愛犬(猟犬?)、ペット達 | Comments(11)

モデルセブンで・・

狩猟用ハンティングライフルシリーズの「レミントン モデルセブン」は通常のM700シリーズより軽い2.8kgほど・・銃身が細く軽い為に射撃には不向きですが、あえてこの銃であのツワモノだらけの大会に出場してきました。目標は「サコー+6mmPPC」の時と同じベスト10入りする事です。
今回はおそらく狩猟が近いこともあり、マグナムでの参加?も可能な?黒点の中は全て10点という特別ルールの可能性が大きかったからです。
バレルフリーベンディング+バランサーを施した自分の銃は、悪くても100mで500円サイズ内で安定しますから何とか成ると思ったんです。

本日のルールが発表されました。

予想どうり猟も近いので、獲物の急所サイズの黒点の中は全て10点として、その他は通常通りの採点との事!ラッキーです、モデルセブンでも戦えます。
しかしライフルは、会長の一声で100m動的以外はすべてスモールボアサイズの小さい的で行う事となりました・・よって100mの膝撃ちも拳サイズの的になってしまいました・・膝撃ちで通常サイズの的では「ウチのクラブでは外す人は居ないから・・」との事。本当か??

更にスラッグの方は通常サイズの的ながら膝撃ちは100mで行う事に変更・・(射場で売っている的より黒点が小さいライフル用の的を使用)
e0056797_7425783.jpg
「実猟でも100mまではスラッグで撃つから・・」との事、そうだった会長は以前スラッグ(1/2ライフルでは有りません)で蝦夷鹿だけでなくライフルの大会にも参加して優勝経験者でした・・みんな知っているのでだれも文句言わずそれを目標に大会がスタートしました。が、100mは撃った事無い人もいるので皆に100mでの落差や狙い所のレクチャ~のサービスが付きました。参考になりました。

さて、ライフルの部は50mの異動的からです。ここ西富士射場は通常より2割増しの10mを4秒で走ります、そこへこの拳サイズの的に撃ち込みます。
e0056797_742155.jpg

だー風船なら7つ割れるグルーピングですが30点です。
赤枠は最後にやった100mの移動的の風船です。四つ割って40点・・・

100mの膝撃ちです。シッティングで撃っても構いませんがこのサイズです。41点やばい・・
e0056797_7501252.jpg


勝負どころの50m立ち、一番練習した成果です。
e0056797_7542357.jpg

初めて全て黒点の中に撃ち込めました。今までで一番の集中力が必要でした。

因みに射撃の先生である会長さんは・・当然のように満射?でした。
e0056797_757417.jpg

70才を過ぎてなおこの腕前・・恐ろしい。

結果です。

今回初のベストテン入り!8位でした。

皆さんお疲れ様でした。また、宜しくお願いします。

今回の戦利品(参加賞)です。
e0056797_84591.jpg

5kですが、新潟の新米です。うまそ!
[PR]
by hidehoken | 2006-10-23 08:06 | 実銃、射撃練習、射撃大会 | Comments(8)

ハムスター好きの犬

家のアホ犬(サハラ)はハムスターを眺めるのが大好きです。

何十分でもジ~ッとゲージの外に座りちょこまか動く姿を見入ってます。

大事にしてるのが分かるのか、時折「クーン」と啼いたりしてゲージをペロペロする事も有ります。「汚いから辞めなさい」と言うほどハムスター好きです。これなら漫画のハム太郎のように犬の頭に乗せるのも夢ではないかな~と思ってました。

先日のことです。

サハラが遊んでしぼんでしまった風船をハム助(八ベー)に与えたら大喜び!
e0056797_11152114.jpg

お気に入りの回し車の上で風船をカミカミしてましたが、よっぽど気に入ったのか自分の小部屋に入れようとしました・・自分だって一杯一杯の入り口に風船と一緒じゃいくらなんでもムリでしょう・・
しばらく格闘してましたがあきらめて、今度は二階に持ってく見たいです・・・もっとムリでしょう・・
う~ん うちの家族は バカばっかりだな~ 思わず笑ってしまいます。

そんな姿を サラベ~も静かに眺めていました。

部屋中に満ちるささやかな幸せを感じました・・・
e0056797_11244619.jpg


その時です、突然サハラがゲージに頭を突っ込み 「パクッ!?」

「だ~ なにやっとんのじゃー」


アホ犬の口から可愛いアンヨが二本はみ出てました・・・

       <画像無し>


「放さんか ボケー!」   バシッ!!   ボトッ。

       <画像無し>


「大丈夫かー? 生きとるかー?」

放心状態でピクリとも動かない・・唾液でデロデロのハム助・・・


「このバカタレ!」  ビシ! バシ! ドス!!  

クーン・・ 反省のポーズ・・


「バツじゃ尼になって出家せい!」
e0056797_11462360.jpg


タップリ怒ったらスネてしまいました。
e0056797_11385212.jpg


 おわり。
[PR]
by Hidehoken | 2006-10-18 11:49 | 愛犬(猟犬?)、ペット達 | Comments(10)

信頼出来る弾?

レミントンのモデルセブンに4~16倍のスコープを付けて新しい弾のチェックをしてきました。
e0056797_2316618.jpg

モデルセブンは軽量化の為、極細の銃身です。
ですからノーマルではストックの先端が銃身を押さえるワンテンションタイプの構造になっています。レミントンは銃身精度は高いので初めの数発は同弾に成るほど当るのですが、暖まって来ると狙点が変わってきます。射場でなら調整できますが、猟場では一瞬が勝負です。また極端に冷えるとテンションの掛かり具合が変わるのも気に入らなかったのです。
そこで前々回に銃身を触らないようにストックを削って撃ってみた所、予想以上のヒドイ結果に成りました。50Mで500円サイズより散らばります・・・しかし、安定して散らばるのです。
ならばと、前回銃身バランサーを取り付けて撃つと500円玉位のグルーピングで安定するようになりました。
今回は、もう少し弾を作ってスコープの倍率を上げて撃ってみました。
e0056797_23324569.jpg

同弾には成らなくても、あたりの悪いラウンドノーズ(藪撃ち用の先の丸い弾頭)でもこの位で安定するようになりました。自分の求めていた弾痕です。
自分の場合は射撃でもそうですが、最小のグルーピングになる弾より気温や天候に左右されにくい安定した弾を好みます。
そのほうが安心して獲物も標的も狙えます。多少の弾の精度の悪さなど自分の精度の低さに比べたら可愛いものだからです。

今度の大会は猟期前なのでサコー+6mmPPCを使わずに、モデルセブン+308ウィンチェスターで行うのも面白いかもしれません。モデルセブンは軽い上に銃身も短いので反動は30-06並ですから40発撃ちはキツイけどがんばっちゃおうかな~

因みに商品は新米とか・・

アホ犬にも食わせてやりたいしネ!
e0056797_005066.jpg

せっかく着せたのに襟付きの服は気に入らないみたいです・・

駄々こねるサラベ~
[PR]
by hidehoken | 2006-10-16 00:04 | Comments(4)

あと1ヶ月!

皆さん準備はど~ですか?
自分は現在4割の出来でしょうか・・

今年こそ平日仕事前に早起きしてヒヨ撃ちに行きたいな~と、今年も思ってみたりしてます。

頼り無い気持ちの準備が出来た所で鳥用のナイフの準備をしました。

もう20年近くも使っているヒヨドリ等の解体用ナイフが有ります。ガーバーのトラウト&バードです。
e0056797_841325.jpg

細身の刃は小さい鳥の首の筋を切るのに最高に使いやすく、肉メインと骨メインの二つのブロックに分けて秘伝のタレで七輪でジックリと何回もタレを重ねて焼きます。肉はテカテカ、骨はカリカリになるまで焼くのが好きです。
こうすると骨までバリバリ食べられます。スズメも美味いけど5.5mmだとパワーオーバー気味なんですよね。やっぱり本命はヒヨドリかな・・
おっと、今年は鴨も狙います・・欲張りすぎでしょうか?

因みに自分の鳥撃ちの時の服装はかなり軽装で、ジーパンにハイキングシューズです。あと忘れてはならないのがオレンジ迷彩の帽子とナイフかなー

裏山に行くときはこのナイフです。中学に入学祝いで父から貰ったもの・・
何年使ってるんだろう・・
e0056797_8515480.jpg

シマ黒檀?のグリップが美しく、フルタング構造(グリップまでしっかりと鋼材が来ている)なので丈夫で小枝ぐらいは1発で切り落とせます。切った小枝を集めて簡単な鳥屋を造るのに適してます。剣鉈より軽くて携帯に便利なのでコレばっかり使ってました。

錆が出始めてますが懐かしの切り出しナイフが出てきました。
e0056797_904848.jpg

小学4年の頃に、版画の授業の為に彫刻刃代わりに買ってくれた物です。それまでも折りたたみナイフは使っていたのですが、カッターナイフの使用を禁止されていた我が家では嬉しかったなー
因みに切り出しの一刀彫を教わり、それで授業を受けさせた父に今頃になって感謝です。「手を切るのは刃物が危ないからではなく、使い方が悪い」と・・よく言ってました。

そうそう、木登りして木から落ちたら「登り方が悪い」と木登りの英才教育も受けました・・今ではサルと競えます。

父がこっそりと鉄砲持って山に向かうのを見つけると、良く付いていって怒られたっけ・・「付いてくるな」「足音を立てるな」「動くな」全てが今になって生きてます。

家の仕事は継がなかったけど、山の技術は受け継いでるから許してね!
[PR]
by hidehoken | 2006-10-12 09:27 | Comments(6)

JEEP!

良く壊れる車ですが、チョット前に破格で買ってしまいました・・
e0056797_19444786.jpg

しかし、クラッチが逝ってしまい不動でした・・思わず売ろうか考えましたが何とか復活!今は元気に走ってます。元気すぎて振り回されてますが走りは良いです。ステキなパフォーマンスと非現実的な装備・・つまり、良い所も悪い所も両極端なんです。興味有る方も多いいので雑誌の書かない本当はドウなのよ?!的インプレッション開始です。

  パフ! パフ!

エキサイティングアウトドア流の独断と偏見で好き勝手書かせてもらいます。
(メーカーの方スイマセン、でも使用者の意見です)
    
まずはアホ犬(サハラ)との相性は・・
乗りにくそうですが、乗ってしまうと足を掛ける所が多くて高評でした。
坂道も余裕で登り、山道は以前より楽になりましたがガス代が・・
財布にはキツくなりそうです。
e0056797_2161258.jpg

e0056797_20424965.jpg
e0056797_20431191.jpg
e0056797_20433445.jpg
e0056797_20435620.jpg

でろでろになって遊び満足そう。遊びに連れてってくれれば何でもイイみたいです・・

結構心配でしたが、仕事で使っても意外と受けが良かったです。

足回りは硬く乗り心地は最悪で胃下垂になりそうです・・・しかし林道で跳ねても大丈夫な剛性なんです!巻き猟で抜けられた時に林道走って先回りするのに丁度良いセッティングです。

直進安定性が悪く高速では気が抜けません・・しかしビックリするほど小回りが効く!これまた狭い林道で重宝します。少ない切り返しでUターン出来ます。

エアコンが全く効かない・・これはオープンにしろ!と言う事か、それとも壊れているのか・・所詮外車なんでスイッチが有るだけで良しとしよう。

ルームランプが無い・・夜は書類が読めない、仕事するなと言ってるのか?
ハンドライトは必需品です。

ミラーに死角が多い・・Aピラーその他の死角も多い・・運転者にも死角が多い・・しかし、ぶつかっても壊れそうも無いバンパー

雨が漏る・・更に足もとに水溜りが出来る・・十分メダカが飼える水深です・・風流です。

ガソリンが漏る・・いえ燃費が悪いだけ?タンクに穴があるか気になる・・

射撃場までの山道の走りは快適・・ただし幌なので一時保管も出来ません。

アホ犬も保管出来ません。目を放した隙に幌を破って脱走しかかってました。頭半分出せる穴の完成です・・シクシク
この時点で新しい幌を買うのは無駄と解りました・・・

車中箔・・最悪だと思ったら、これが意外と寝やすい・・予想外に野宿ハンティング向き!これはかなり嬉しいです。

サンド走行は・・ノーマルでも余裕です。タイヤを替えれば十分の性能になりそうです。
e0056797_21153386.jpg

10月でもアホ犬は関係なく海に入ります。
e0056797_2117556.jpg

波に立ち向かうと思いきや・・こんなもんです。
e0056797_2118297.jpg

遊んでいても一声掛ければこの通りすっ飛んできます。
e0056797_2120630.jpg

おまえ、穴堀り+ゴロゴロした身体で車に乗る気か?
e0056797_21232739.jpg

黄昏のサラべえ・・
e0056797_2122532.jpg

自分も黄昏ながら考えました・・出来の悪い子ほど可愛いもの・・

結果です。

このアホ車も、もうしばらく飼ってやるか・・と・・

ああ、また悪い病気が・・
[PR]
by hidehoken | 2006-10-09 21:45 | 四駆・野宿・バーベQ | Comments(4)

今年の主役達・・

練習会での結果から今年のメインウエポンが決まりました。

まずは自分の体力・知力・経験の限界を共にする「忍び銃!」
e0056797_10281857.jpg

弾は取り合えず昨年と同じ様ですが微妙に違います。少しでも精度を上げる為、ネックのみのリサイジングで薬室にピッタリサイズの手詰め弾にしました。
e0056797_10285752.jpg

次にみんなと楽しむ「巻き猟」のメインはコレ!
e0056797_10292130.jpg

弾は通常の00バック(ダブルオーバックと読む、9粒の弾)と00バックのセミマグナム(12粒)更にサボットと手詰めも時には使います。
e0056797_10294445.jpg

鳥撃ちに今年はプレチャージも参加します・・5段階調整で最大実測で41フィートポンドのパワーの5連銃です。空気銃の可能性も見てみたいです。
e0056797_1030633.jpg

弾はコレ 27~8グレインの重量弾 射撃用の装弾(22ショート)より重いかも・・
e0056797_1033664.jpg


必要に応じて変わりますが今年はこの組み合わせをメインに修行します!

たのむぞ!相棒ども・・
[PR]
by hidehoken | 2006-10-04 10:36 | Comments(19)

第一回 射撃練習会!

行ってきました、撃ってきました。

「中部ビッグハンティングクラブ 第一回 射撃練習会!」

仲間内だけでやる練習会・・以前から要望がありましたがやっと実現しました。西富士国際射撃場を半日貸切っての練習会です。
今回は予約が遅かった為、土曜しか空いてなくフルメンバーではなかったのがザンネンでした。しかし少ない人数なら気楽に出来て安全管理もし易いですし、何よりタップリ撃ちまくれます。

まずは朝一に皆でサイト合わせしました。皆、狩猟の準備ですから真剣です。

自分は今年の忍び猟のメインウエポンであるレミントン モデルセブンと巻き猟用の12GAショットガン ウインチェスターM1300を持ち込みました。フローティング加工+バレルバランサーを付け、低倍率のスコープ(1.5~5倍)に交換し、装填のフィーディング加工したモデルセブンのテストをしながら調整しました。バレルバランサーの効果か以前よりはグルーピングが良くなり、しかもフローティングさせて有るので結構安定してます。ヒョロヒョロ銃身ですが、500円玉には入ります。大会にはイマイチの精度ですが実猟なら十分使えそうですし、安定して撃てる安心感は今までに無いものです。弾薬の装填もサコー並にスムーズです。う~ん 満足!
e0056797_234098.jpg

サイト調整が終わったら、本命の移動的射場に移動です。

射撃の前に当クラブ会長の挨拶、そしてゲストの有名射撃クラブの会長さんや役員さん達の紹介、最後に顧問の代議士の先生からのお祝いのメッセージの紹介をして射撃開始です!

50m先の移動的を撃ちます。初めは紙的を使って試し撃ちをしました。これなら何処に弾が行っているか解るからです。殆んどのメンバーが移動的の経験が無く、やった事がある人でも岩本山しかありません。ここは標準の2割増しの速度ですから面食らった方も多かったのではないでしょうか?「そんなにリード取るの?」っと言ってましたが、これも経験です・・なれれば結構当ります。

慣れたところで風船撃ちです!こちらの方が好評でした・・当った外れたで大騒ぎです。みんなでバカにしあって練習しました。狩猟用のスラッグを撃ちまくり、肩を痛がる人が出た所で50mを終了しました。痛々しかったですが、周りは「通風だろう?」と言ってるし・・口が悪い事・・

次は100mの移動的です、距離が倍なだけでなく速度は更に上がります。頭を切り替えて撃たないとまるっきり当りません!でも、本物の鹿はもっと複雑に逃げますからコレぐらい当てられなければ走ってる鹿は無理です。修行するのみ!

どうした事でしょう?今日は調子がイイです!軽量銃に低倍率のスコープ、しかも308ウインの組み合わせ・・当るはず無いのに6mmPPCと変わらぬ打率が出ました・・奇跡じゃ~

そんなこんなでタップリ撃てました。みんな満足した顔してます「久々にいっぱい撃ったー」とか「こんなに撃ったの初めて・・」とか言ってます。

「次回の予約をしよう」という人まで・・楽しんでもらえて良かったです!また次回、頑張って段取りしますね!

そうそう、他のクラブの方も今度は何時でも撃ちに来てイイと言ってたので勉強させてもらいに行きますか?

何時の日かクラブ内でも大会が開けるように頑張りましょう!

お疲れ様でした。



追伸、ブログ掛け持ちは大変なので今後は中部ビッグハンティングクラブの行事やお知らせも当ブログで書いていきますね。
[PR]
by hidehoken | 2006-10-01 22:49 | Comments(0)