エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

<   2006年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

今年の準備!

これから射撃大会がいくつも控えているのに、早くも頭は今猟期のお山のことでいっぱいです。大会も猟の為の射撃練習ですから当然ですが・・

そんな時に某ショップからカタログが届きました。
ぺらぺら捲っていると・・あっ!

一丁の銃に目がいきます・・それからはその銃の事が頭に残ってしまいました。アホ犬(サハラ)の散歩中も頭から離れません。

モデルセブンとBARを足して2で割った様な銃です。この銃なら200mでもコブシ位のグルーピングでしょうし、連射も早く重さも何とか成りそうです。銃身を少し切るか・・スコープは・・オープンサイトは・・・

しかし、今から申請等しても猟期までに使いこなせるだろうか・・・運動神経の鈍い自分は人の何倍も練習しないと身に付きません。その代わりに体で覚えてるので、一度覚えればそうそう忘れませんが・・

今有る銃のバレル(銃身)か弾頭を変えた方が現実的かも・・・
取り合えずモデルセブンで200mカバー出来る高速弾を作り今週試射!ヤブ撃ち用のラウンドノーズ(先が丸い弾頭)で当たる弾も作らなければ・・エースハンターもスコープ乗せ替えて撃ち比べ・・・

そんな事を考えていたらアホ犬がダウンしました。
e0056797_933542.jpg

これ以上走れないと情けない顔で訴えます・・

ついに横になりますが、まだ走ってるつもりか足をパタパタさせてます・・
e0056797_936128.jpg

そんなに走ったっけ?ボケッとしてたので解りませんが・・

やっとクールダウン出来たのか顔を上げるとゴミが鼻に・・
e0056797_9382258.jpg

アホ面です・・。
[PR]
by hidehoken | 2006-06-29 09:45 | Comments(5)

敵城視察!?

土日が仕事になったりして久々に暇が出来ました。
師匠の許可を取りアホ犬(サハラ)つれて天城に出動です!

サハラの訓練はもちろん、山は?獲物は?・・・と、昨年度との違いを肌で感じる為です。

山に入ると風倒木を撤去した所は当然ウト(獣道)が変わってます・・足を見る限り今年も獲物にありつけそうです。中にちっこいアンヨも混じってます。鹿の出産時期は丁度今頃で6~7月だそうですから、可愛い奴に会えるかもしれません。

サハラは山遊びに夢中ですが、鹿の痕跡を追っています・・
よしよし、筋がいいぞ!

さて問題の忍びです、サハラは数ヶ月のブランクからか深追いしないので連れて行くことにしました・・

人間と違い、犬連れだと経験値の高い鹿は行動が早いです。
早くもガサガサ音がします・・やはりアホ犬でも怖いみたいです。

チラッと黒い影が植林の中を横切りました・・わずか2秒ほど、ショット(散弾銃)ならば矢を掛けれるかも?と言うタイミングでした。遠射の効くショットガンや弾が欲しいです。手持ちの銃ではウインのM1300で弾倉にフェデラルの12GA セミマグナムの12粒を入れといたなら勝負出来たかもしれません。レピーターなので装弾が早く、バラ(散弾)なら照準が合った瞬間に撃てるからです。

山を登ると鹿の警戒音が聞こえます・・

自分は得意とする猟場へ向かいました。そっと忍び寄ります・・・

いません・・・いえ、居ないはずは有りません。生(新鮮な)の足跡が有ります・・下り足(山を下っている足跡)です・・後を付けます・・
e0056797_164588.jpg


鹿の落し物のウ○コです。ウ○コ評論家のたいちょ~の鑑定では
形状と色・つやから雌鹿の産みたてのものだと推測します・・
e0056797_1634786.jpg


「近いぞ!サハラ!」

サラが寝場に向かってる間に逃げ道を先回りします・・・

いた!見えるでしょうか?(ズームかけたら暗くなってしまいましたが、中央の右よりに居るのが鹿です)
e0056797_1551980.jpg

サハラも後を追いますが・・そっちはとっくに居ない方だよ!
e0056797_15533583.jpg

まだまだ修行が足らんのお・・サラべえをなでなでしながらさっきから気になってた足袋を脱ぎます・・小石が入っていてもお山に入ったら小石を取ってる暇はありません。痛くてもガマンです!足袋からは干からびたアホ犬のドッグフードが出てきました・・。あーこれは嫌がって吹き飛ばしたヤツだ!!
e0056797_16154986.jpg


ひっぱたこうとしたらグラサンで睨まれました・・(うそです)
e0056797_1619347.jpg


娘(サラ)に睨まれたので、しばらく旅に出ます・・探さないで下さい・・返事遅くなります・・・。

冗談はさておき、今年の忍び猟中に雪で足を滑らして落ちた沢です。死ぬかと思いました・・それから救急セットを肌身離さず持っています・・・山を舐めてはいけません!
e0056797_16323447.jpg


帰り道、鹿に荒らされた畑を覗いてみました・・農業を放棄して、今年も自分たちの食べる分だけ網でグルグル巻きにして栽培しています・・気の毒になります。
e0056797_16291598.jpg

もっと自由に有害駆除に参加出来れば自分たちもボランティアで参加するのになーー。  「サラも手伝うだろ?」
e0056797_16414987.jpg

ぐっすりお休みのようです・・・
[PR]
by hidehoken | 2006-06-21 15:49 | Comments(9)

桜散る・・

密かに目標としていた大会に行ってきました。

ここで勝つにはまだまだ修行が必要です。

静岡のトップクラスはもとより、東京、神奈川、山梨・・からも上手い人がやってきます。実質、国内の東部地区の大会になってます。

三年前、地区予選では4位だった時に初めてオープン参加させてもらいました。結果はザンネンながらビリから数えた方が早かったです・・・

その時、会の会長さんから「猟自慢している人でもココに来るとみなそんなモンだから、そんなに気落ちしなさんなよ」と穏やかに何のフォローにもなってないお言葉を頂きました。ついでに「上手くなりたかったら仲間に入り、恥ずかしがらず色んな人から教わりなさい。私も解る範囲でお教えします」と言われたのです。自分の戦歴を自慢するでもなく、とても謙虚な方で他の人も上手い人ほどやさしいのです。それから本格的なお付き合いが始まりました。

この方が射撃の先生です。

何とか恩を結果で返そうと思うのですがまだまだです。昨年、「早くトップ集団の仲間入りしたい・・」と言ったら、「あと2~3万発位かな・・」と言われました。ガックシです・・。

そして今年の結果です!ジャカジャカジャカ・・チーン 10位でした!

ビミョーな順位です、目標の一桁に一歩及ばず悔しいのですが、アトラクションのサドンレス勝負 ライフルの部(50m先のヨーヨーを一斉に撃ち、割れたら次に進めます。で、最後まで連続して割り続けた者が勝者です)では初めて優勝できました!やっとココまで来たかとチョットだけうれしかったです!

100mの移動的の様子、今後の最大の課題です!
e0056797_9125215.jpg


順番待ちする愛銃サコーハンター
e0056797_9144818.jpg


今回の猟果です、参加賞でテンプラ油6ℓ・10位の跳び賞で一番絞り・サドンレス勝負のライフルの部 優勝は充電器のセットでした。
e0056797_926641.jpg


皆さんお疲れ様でした、ありがとうございました。
[PR]
by hidehoken | 2006-06-19 09:07 | 実銃、射撃練習、射撃大会 | Comments(6)

魅惑のモデルセブン

一昨年惚れ込んで購入したモデルセブン・・・
単独忍び猟を初めて成功させてくれた記念すべき銃です。

しかし、先猟期は藪撃ちを考えてドットを付けて50mの動的ばかりやってたのに、山が変わり鹿の着き場も変わってしまい、100m以上が殆んどと言う状況でした・・

当然モデルセブンの使用数が激減しました・・内地ではオートの方が圧倒的に有利ですし・・頂物のオートで結果を残したかったのです。

しかし、ボルトアクョンにはオートに無い魅力もあるのです。

一つ一つシッカリと操作して撃つ所にレピーターやレバーアクションにも通じる魅力が有るのも事実です。撃ち手も努力しないと猟場では通用しません!

しかし、一度火を噴けば正確無比!外したら間違いなく射手のミス・・・
そんな所に魅惑的な香りがするのです。クンクン

前回紹介したカスタムを施し、未知数のバレルバランサーを装着してみました。ついでに臨時収入が有ったので、リューポルドのマウントを購入!付けてみました・・

剛性も高く、ハイトも上がりボルトの操作性も若干上がりそうです・・・
しかし、軽量のスコープにはオーバークオリティーで何だか不恰好です・・・
e0056797_0313565.jpg


良い銃は見ただけでググット来るバランスが有りますが、今の段階ではアンバランスですね。
e0056797_033161.jpg

もう少しアイデアを注ぎ込んでやれば、山岳忍び猟に使えそうです。
[PR]
by Hidehoken | 2006-06-13 00:29 | Comments(9)

ワンワンの日

今日は11日でワンワンの日だそうな・・

アホ犬(サハラ)は山に行かない為、ブクブク太ってしまいました。

これはイカン!と近くの山に散歩です・・
昨年度天城の山でやった訓練と同様に山道でアホ犬を放します。
そして車を上に走らせると車の前に出て先に走り出します。
その後を車で追いかけますが、獣道を見つけるたびに横道に入ります。
「ヨシヨシ!」と褒めてやると得意になって捜索しながら走り回ります・・
20~30分程で行き止まりです・・
サラはハアハアして舌ベらが取れそうなくらいヒートアップしています・・

鎖で繋がれてる時と大違い、目が生き生きとしています。

「よしよし!」と声をかけ小川に誘導してやると
上手そうに川の水を飲み始めました。
e0056797_22164552.jpg

楽しそうにしている姿にこちらも嬉しくなります・・。

「良かったなー サラべえ!」 

するとシッポを振りながら小川に体を沈めるではありませんか!
e0056797_22181141.jpg

「この バカタレ!」 「帰り道、そんな体で車に乗るつもりか?」

と声をあげると何を勘違いしたのか、尻尾を振りながら疲れた体を起こし
獣道を捜索し始めるでは有りませんか・・・

オイラの為に全身ドロドロになって獲物を探してます・・・

そう言う意味じゃないのに・・・・・・でも怒るに怒れないですよね。
[PR]
by hidehoken | 2006-06-11 22:38 | 愛犬(猟犬?)、ペット達 | Comments(4)

雨じゃ~

最近 体が重い!だるい!

きっと、雨のせいですね。

ついでに腕立てなんてしたから・・・全身筋肉痛で・・・

昔の半分も出来なかったのに・・・筋肉痛・・・年のせい?

いやいや、雨のせいです!!


銃も撃ってやらないと、キノコが生えないか心配です・・

先月の地区予選を勝ち抜いた銃を点検してみました・・
e0056797_22581784.jpg

まずチェックするのは一番大切な銃身です!

このフルーテット(溝付き)銃身は、工場でプレスで大量生産される銃身ではありません。削り出しで焼入れや焼き戻しも数回繰り返して行われているシーレーンのカスタムバレルです。

このバレルは射撃の先生が「100mのグルーピング(集弾率)で50円玉に入らなくなったので廃棄する・・」と聞き、もらいに行きました。運良く廃棄前でタダでゲット!自分には十分な精度です。

それを、しっかりとフローティング加工して、銃身とストック(銃床)の間には紙が入る隙間を作ってやりますと、撃ちまくって銃身が加熱しても狂いは少ないのです。

弾は現在最高精度を誇る6mmPPCです。反動も少なく撃ちやすいです。

スコープも暗くて見難い為、今は使ってないスコープを射撃の先生から頂きました。確かにリューポルドと比べると暗いですが使いやすい倍率です。
オマジナイも教わり視差も極小にしてあります。

引金も調整してあります。サコーのトリッガー(引金)は良く出来ていて簡単に800gまで軽くできます。が、ここでもオマジナイを教わり、わずか400gで落ちます。自分でやるから勿論タダです。

もらい物ばっかりですが、銃身、弾、スコープ、引金は信用できます!
銃には満射出来る性能があるはずです。
外したら撃ち手のせいでしょう・・!? 
先生は「浮いたお金で弾を買えと・・結局は撃つしかないんだ」と言ってます。お陰様で年間1500発も撃てました。感謝です。

来週は射撃クラブの大会に出場予定です。
そこには各県の強豪がひしめいています。なかなか上位に入れません。
今度の目標は一桁で、10番以内を目指します!

そうやって経験を重ね8月の県大会をめざします。

そして9月にはエアライフルのロングレンジの大会があります。

すでにサコーと同タイプのスコープをエースハンターに取り付け済みです。
ですから9月のJAFTA大会では今のところは、以前よりチョット大きなスコープで出場予定です。
e0056797_2152738.jpg
チョット不恰好ですがポンプしやすいのが嬉しいです。

因みにこのスコープも先輩からの頂き物です。

自分の射撃は多くの先輩方に支えられて今が有ります。

この恩を忘れず、はやく後輩の為に同じような事が出来る人間になりたいです・・・

これが射撃の道だと思うのです。
[PR]
by hidehoken | 2006-06-10 00:03 | Comments(7)

ビッグハンティングクラブ

当、「中部ビッグハンティングクラブ」も組織化を本格的に始めました。

まずは本部を静岡県の静岡市に置き

 会長に 我が師匠がなりました。

 経理や理事・相談役もほぼ決まりました。
  
 他の地区にもメンバーが居る為、焼津支部を作り支部長も決まりました。

 更に、色々な手続も行う為に本部に事務局を設置し、

 事務局長には若輩ながら自分が就任することになりました。

今まで以上に地域に貢献できるクラブにして行きたいと思います。

今後とも 宜しくお願い致します。 

                             草々
[PR]
by hidehoken | 2006-06-07 19:04 | Comments(6)

新しい射法

今週も仕事で撃ちに行けませんでした。

しかし、一つ面白い撃ち方を教わりました。しゃがみ撃ちです・・・

不良の代名詞のウンコ座りで撃ちます。

利点は雪山の忍び猟のときなどで膝撃ちより素早く、そして立ち撃ちより正確に撃てることです。オシリを雪で濡らさずに済むのも嬉しいです、意外に実践的かもしれません・・しかし、イマイチ足が安定しません。

どうすれば安定するのか・・コツが解りません!

こういう時は兎に角撃つに限ります・・撃ってれば何かヒントが掴めます。

今週はダメでも来週あたり撃ちに行きたいです。

モデルセブンの試射もしたいし、ウインチェスターのショットガンにもスコープ乗せて撃ってみたいです。これで当たれば銃を買わずに済みます・・

それと大会の練習も必要です!あーどうしよう・・

e0056797_8384790.jpg

一日が過ぎるのが早いです。
[PR]
by Hidehoken | 2006-06-04 23:29 | 実銃、射撃練習、射撃大会 | Comments(6)

忍び猟専用銃・・

男の物欲はキリが無い・・・
でも、欲しい銃を買うお金があれば仕事に使いたい・・・

しかーし、今の銃には不満が有るのです。

特に一昨年その性能に惚れ込んだ モデルセブン が気に入らないのです。

日本で所持できる最小のボルトアクションは木々の間を楽々潜りぬけ、オールステンレスで雪濡れにも強く気にせず忍び寄り、音も無く装填して獲物を狙う・・・100m以内なら外す気がしなかったお気に入りの銃でした・・

それが昨年は山も変わり勝負する場所も変わってしまい、撃つ距離が大幅に伸びてしまったのです。ブッシュガンと言われるモデルセブンには近距離用のドットがついてます。長距離の精密射撃は向きません・・連射もオートの様にはスムーズに行きません、機関部のバリ取りしても良くなりませんでした。また細い銃身の為、ワンテンションタイプのストックもイマイチです。気温が大幅に変わるとそのテンションの強さが変わってしまうのです・・お陰ですっかり主役をブローニングBARに持ってかれてしまったのです・・・それとて完璧ではありませんが・・。

しかし、新たな銃の購入はまだ早い!まだやれる事が有ります!出来れば軽量のモデルセブンで最大200m先を走ってる鹿を転がしてやりたいのです。今の銃と腕ではかなり厳しいのですが・・。

重いサコーなら十分精度は有りますが、出来れば30-06は肉が痛むので使いたくありません。それに重すぎです。忍んで歩きにくいのです・・

やはり、モデルセブンをカスタマイズするのが良さそうです。
e0056797_1272376.jpg

昨年は至近距離想定してドットを乗せて練習したのですが・・・

まず、そのドットを外して以前の リューポルドVX-Ⅲ 
1.75~6倍のスコープを乗せました。

次に、ストックを外して銃身との接点を削り完全にフローティング化します。これにより極細の銃身ですから最小グルーピングは悪くなると思いますが、全体の集団率は安定はするはずです。

次はフィーディング加工です、去年はいくらバリ取りしてもスムーズに弾が薬室に装填されなかったのですが、この一年で自分もノウハウが付いてます。正確に問題点を見つけてヤスリをあてます・・

さらに引金調整です、これも以前とはノウハウが違います。軽さも大切ですが切れはもっと大切です、ジュールのトリッガーを超えることが目標です。

夜中にシコシコやってみました・・・結果です。

自分でもビックリ!物凄くスムーズにボルトが動き装填できます・・今度はボルトの長さが気になるほどスムーズになりました。

更に引金もGoodです。サコーと違い調整ネジが3つもあるので微調整がうまく行かなかったのですが、構造さえ解れば逆に自分好みにいくらでもフィーリングを変えられます。もうジュールも要りません、十分です!

そしてココで秘密兵器の登場です。
e0056797_1322312.jpg

ガンショーのお土産のバレルバランサーです。
これで、銃身の振動を抑制してやれば当たるようになるかもしれません!?

うーん、早く撃ちに行きたいなーー

でも、あと1万円ほど掛ければ更に5つのアイデアを試せます。
忍び用のスナイパーライフルになるか解りませんが、そこまでやってダメなら諦めもつきます。あとは練習しだいです。

山が今年はどう変わるか解りません。その上、相手も学習して行きます。ですからオフシーズン中に先猟期の失敗を少しでも克服しておかないといけないのです。野生動物と自然を相手にするのですから・・・
[PR]
by hidehoken | 2006-06-01 09:25 | Comments(13)