エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

<   2005年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

大晦日

一昨日まで仕事の山・・・

昨日昼頃に仕事の目処が付きホッとしたら寒気が・・・体温測ると38度近い・・

これはやばいと思いソッコーで薬飲んで寝ました。

おかげさまで本日は平熱に戻りました。残務処理を終わらせ久々に愛犬サハラと散歩しました。

リードを外し好きに遊ばせていても「サラ!コイッ!」と呼べば一目散に駆け寄ってきます。訓練された猟犬ってペットとしてもいい相棒です。一緒に駆けっこしたり、猟に行ったり・・

これからも末永く元気で相棒を続けてもらいたいです。

遠くで遊んでいても・・
e0056797_2146690.jpg


一声かければこの通り!
e0056797_21471217.jpg


来年もサハラともども宜しくお願いいたします。
[PR]
by hidehoken | 2005-12-31 21:53 | 愛犬(猟犬?)、ペット達 | Comments(4)

なまけもの・・

すっかり寒くなりました。

家の住人のマツ(ハムスターの石松くん)も冬支度です。

ゲージから出してやっても散歩に行かず、暖かいところを探してもぐりこみます。

散歩させてて居なくなったと思いきや・・こんな所に・・
e0056797_8154197.jpg


ふとんを引っぺがすと中には餅の様な生き物が・・
e0056797_8173073.jpg

[PR]
by hidehoken | 2005-12-27 08:17 | 愛犬(猟犬?)、ペット達 | Comments(0)

サハラ初鳴き?

少人数で巻き猟をやってきました。

親方のご好意でもっとも獲物の濃いところでサラ(愛犬サハラ)とビーグルのパックで犬掛けをさせてもらいました。
先日サラは初めて半矢の鹿を咬むことが出来たので、今回はビーグルにどれだけ付いて行かせられるかでサラの将来が決まります・・

気合を入れてサラとビーグルを放します。一つ目の笹っぱは二頭離れずに進みます、しかしここには鹿はいません。
次に鹿が居る確立80%のところに来ました。鹿ウツに乗せるまでもなくビーグルが入って行き、サラもすぐ後を追います。
これはいいぞ!と思いましたが、しばらくすると二頭とも笹っぱから出てきてしまいました。
ならばと反対側の笹っぱからハッピーを入れます、サラもその後を追います。
今度こそっと思いましたがサラは早々と帰ってきました・・・どうもビーグルの後は追わず自分なりに獲物を探してるようです。

足元に寄って来ます、オイラは「さがせ!」と言い手を廻し合図をおくります・・すると鹿ウツでない処から笹っぱの中に入って行きます・・・あの辺はさっき近くまで検索してたのにな・・と思いながら様子を伺います。ビーグルも戻ってきました、サラの後を追ってガサゴソしています。

突然犬が鳴きました「キャン キャン・・」ビーグルーにしては変な声です・・声が高いです、まさかサラが・・・ススキの中を犬が鳴きながら突っ切ります・・ガサガサ音はしますが鹿も犬も見えません・・・

しばらくすると無線が入ります「いやー抜けられちゃった・・」「オイ 今サラが鳴いて獲物を追ってたぞ!」エッ うそ~ 「鹿の姿はよく見えなかったけど・・」とも言ってます。

サラはネコニャンしか鳴いて追った姿しか見たことありません・・こんなとこにネコニャンがいたなんて・・鹿をいきなり追い鳴きするなんて信じられません・・。
サラが戻ってきました。一瞬褒めるのを忘れて「おまえホントに鹿追ったのか?」と聞いてしまいました。サラは近くの雪ダマリに体をこすり付けて体を冷やし雪を食べています。

近くを見ると雪の上に今サラに追われて逃げたヤツの足跡が有りました、ネコニャンにしては大きく鹿と同じヒズメの足跡です・・変わったネコニャンです・・やっぱり鹿を追ったのだろうか?
「よし よし!」と褒めてやると満足そうに根っころがって腹を出します。いきなり半人前の仲間入りです!しかも先輩犬を出し抜いての追い鳴きです!嬉しさが込み上げます、オイラは思いっきり褒めて撫ぜてやりました。
e0056797_22394451.jpg

花より・・鹿に変わりました。
e0056797_22403835.jpg

今後が楽しみです。
[PR]
by hidehoken | 2005-12-23 22:28 | Comments(0)

ドナドナ・・

ついに長いこと付き合ってきたXR600とお別れしました・・

売ろうと思いながらも半年もの間手放せずにいましたが、ついにお別れです。以前AMAのナショナルエンデューロの最終戦でお世話になった方が新たに磐田市に店を出すことになり、そこにXRを並べたいとオファーが有ったのです。その方ならオフロード好きで元々モトクロスのワークスメカニックなので間違ってもシティーオフローダーには売らないしメンテも完璧なので安心して手放すことが出来ました。

花輪の代わりに秘蔵のハスキー430XCも寄贈しましたら大変よろこんで頂き、フルレストアすると言っていました。

知り合ったのはカルホルニア州のルサーンバレーでのプレラン時です、紹介されて付き合い始めて早10年です。月日が経つのは早いものですね。

600くんも行き先に安心したのか、しばらくエンジンをかけてやれなかったのに一発で掛かってくれました。

業者さんも程度の良さに店の飾りでなく乗り回したいと言ってました。

元気でな・・達者でな・・と最後の見送りをしました。
e0056797_16285662.jpg

これで手持ちは柿400のみになりました。
来春はyoshiさんとこの06モデルのラリージャケットを着て柿400で走り回ります。
[PR]
by hidehoken | 2005-12-22 16:35 | 四駆・野宿・バーベQ | Comments(0)

訓練!

暇があれば少しでもサラ(愛犬サハラ)と山に行くようにしています。

先日は家族を連れて井川に行きつり橋見物しながら鹿ウツにサラを乗せて遊ばせました。
最近は天城で鹿ウツに乗せて訓練してます。

すでに匂いを取って鹿を追いかけて遊ぶようになりました。
しかしサラに取っては追いかけっこする遊び相手でしかなく、ボールや近所のワンちゃんと同じです。

今後は実戦で他の猟犬から何をするのか学ばなければなりません。
そこで猟仲間と平日仕事ついでに天城に行ってきました。

猟犬の技を学ばせる為、一仕事終え山で合流しました。
さっそく先輩犬にサラを付けて山に放しました。

サラは途中まで付いて行きましたが、ザンネンながら途中で置いてきぼりです・・・
先輩犬は見事に鹿を起こし追いかけるだけでなく、オイラ達の位置を考えて廻してきます。

仲間の方に廻すかオイラの方に廻すか解りませんでしたが、やっぱりオイラの方にもってきました。まだ鳥撃ちの癖が抜けてなく気取られたのでしょう。
イタダキです。乾燥して足跡は解りませんが、落ち葉が不自然にめくれている所に身を置いて待ちます・・・

ガサッ 「来たっ」林の中を突っ切って来ます。思ったよりデカイです・・真正面ですがこちらに気づいたら横に飛ばれると思い50mまで寄せたところで撃ちます。「ドンッ」

手応えあり!一瞬崩れましたが持ち直して逃げます。追い矢を掛けます・・「ドン ドン ドンッ」
ゆっくりとスローモーションのように崩れます・・かなり矢に強い鹿です、流石三又の角持ちです。根性も有ります。

オイラは近くに居たサハラを呼び「いけっ!!」と号令を掛けます・・

「ウウ~ワンワン」 鳴きが入りました・・ 未だ動く獲物を仕留めようと咬みに行きますが物凄いヘッピリ腰です・・
「ウウ~ ワンワン ワンワン・・・ 」と吼えながら近づいたり離れたりビビリながら頑張ってます、しばらくして鹿の動きが鈍ってから本咬みをしました。

「よし よし」とサハラを褒めて獲物から離し、慣わしの供養をしました。

やっと動く鹿を咬ませる事が出来ました。

何をするのがサハラの仕事か何となく解ったようです。
次回 グループ本体との巻き猟が本番です。追うか鳴くか解りませんが楽しみになりました。
e0056797_16292924.jpg

はたして半人前でも仕事が出来るでしょうか?

不安です・・・。
[PR]
by hidehoken | 2005-12-20 12:30 | 愛犬(猟犬?)、ペット達 | Comments(0)

今年の主役!

e0056797_22515788.jpg

この2丁が今猟期の前半に使用した銃です。

上が最近のメインのブローニングBAR 308winです。原っぱではスコープ付きで、林の中ではオープンサイトで使用してます。

初猟の時は写真下のウインチェスターM1300 12番を使用しました。

葉っぱの多いい時期の近距離戦ならライフルよりあてになります。

では今の時期はいらないかと言うとそうでも有りません。

今度は鹿が銃を警戒して撃ちにくいススキの中や笹っぱの中をチラチラしか姿を見せずに距離を取って逃げる様になるからです。

こんな時は瞬間の一発勝負です。獲物を逃がさないように私は12番のセミマグナム フェデラル12粒を使用しています。この弾は00バック(9粒)の弾が12発入っていて反動はスラッグ並みですがノーマルの2 3/4インチの薬室で発射できます。

至近距離では凄まじい破壊力で一昨年親方より使用禁止を言い渡された弾ですが、昨年は中々討ち取れなかった林の中を逃げるヤツをこの弾のお陰で捕獲出来ました・・・
e0056797_2326470.jpg

そろそろ出番のようです、頼りにしてます。
[PR]
by hidehoken | 2005-12-19 23:26 | 実銃、射撃練習、射撃大会 | Comments(0)

サハラ復活!

サハラが体調を崩した原因は微生物で、しばらく下痢が止まりませんでした。
しかし厳しい食事制限により復活です。獣医さんからもOKが出たのでドライブです。

因みに、オイラの財布にはかなりのダメージが残り動物保険の加入を検討中です・・。

今回向かったところは富士山の綺麗な姿を眺めながら訓練出来る広大な原っぱにが有るところです。
Yosiさん達とオフロードバイク・ツーリングで来る所の近くです。

久々の自然の中の散歩に大満足のサハラです。
e0056797_12455145.jpg

首に付いてるアンテナは狩猟用マーカーで発信器です。

マーカー付きの為、安心して鎖を外せます。
e0056797_12492163.jpg


愛車も久々のオフロードを満喫してました。
e0056797_12521271.jpg

今猟期はこの車でサハラと野宿?(車中箔)して良い鹿犬になるよう訓練します。
[PR]
by hidehoken | 2005-12-17 12:41 | 愛犬(猟犬?)、ペット達 | Comments(0)

初物! 完結編

やっと続きを書けるようになりました。
今後ともよろしくお願いします!

さて、二人猟の続きです・・

私は目的のケロッパ(原っぱ)まで鹿に気取られ(気づかれる)ない様に行く為にこれでもかと大回りして向かいました。

一つ目の尾根を越え、二つ目の尾根を越えた処で尾根沿いに山をさらに登ります。

倒木です・・数百メートルに渡り風で木が倒れています。

あまりに酷くて鹿の足跡も一つも無くなってしまいました・・無線で状況を伴さんに送ります。

足跡のある範囲をやるか相談しましたが、結局予定どうり本音場を狙うことにしました・・

伴さんの方も足跡がありませんが、寝場所が広い為高いところに居ると踏んだのです!

決めた事とはいえ予想以上の山の荒れ方です・・これではいつもやる所は全滅だな・・と思いながら一つ一つ倒木を越えて行きます・・伴さんからは「今何処?」と再三無線で急かされます。

一時間ほどへろへろに成りながら歩くと、やっと原っぱが見えました。

伴さんに最後の無線を打ち犬を掛けて貰います。まだ持ち場には着いていませんでしたが、持ち場で無線を打つ為に喋りたくなかったのです。鹿の聴覚は半端ではありません、チョットしたことで気取られてしまいます。気づかれたら最後、二度とチャンスは無くなってしまいます。

オイラは原っぱに出る前に一息ついて立ちションです。待ち場についてどの位待つか分かりませんから出すものは出しとくべきです。オシッコしてる時に鹿が来て撃てなかった話は毎年一回は聞きます・・「だれも見てないんだからしまわずにチ○ポ出しながら撃てばいいのに・・」と皆から馬鹿にされ酒の摘みにされてしまいますからオシッコするのも真剣です。

広大な天城山系を見下ろしながらの立ちションは最高です。

その時です犬のマーカー(外部の音を拾う無線機)に犬の鳴き声がします・・・

ゲゲッ もう鳴きが入ったのか・・(犬は鹿を見つけると吼えて寝てるところを起こして追いかけます)

オイラは立ちションの真っ最中です・・・

頭に立ちションで逃がした猟友の話が頭をよぎります、オイラは下腹部に力を入れ気合でおしっこを止めチン○を出したまま全速力で原っぱに走ります。

チ○ポが左右に揺れて走りにくくガニマタで走ります・・人様に自慢できる様なモノではないのにこんなに走り難いとは・・誰かが見てたら通報モノの変態です・・

どうにか原っぱの端に出ました。反対の端まで200mありますが、ここなら自分が来た植林を通る鹿も狙えます。二人しか居ないので一人で何人分もカバーしなければ取れません。

そっとしゃがみ込み片手にライフル銃を持って、もう一方の手で下半身の銃を持ってしゃがんだまま息を殺してオシッコの続きをします・・だれも見てないのになぜか恥ずかしいです・・それより鹿が気になって、気が気ではありません。今まで生きた中でもっとも開放感の無い放尿でした・・

そうこうしていると「ズドン」と銃声でがします、間髪入れず伴さんから無線が入ります「行ったぞ~」思ったより高いところに寝ていたようです。だとすると自分で歩いてきた方の植林でなく200m先の笹っぱから原っぱに突き出る確立が濃厚になりました。

オイラは身を低くして膝撃ちの姿勢を取りました。スコープの倍率を1.5倍から5倍に上げて原っぱの反対側に神経を集中します。

時間にして5分も経たなかったと思いますが15分以上同じ姿勢で居たような感覚です。未だか未だかと全神経を集中します・・微かに笹が揺れたような気がしました。

一瞬の間をおいて鹿が飛び出します、デカイ三の又級の角です「ゲゲッ」一番高いところから一直線に真上に飛んで行きます・・こっちに来ない・・上の雑木林に逃げ込まれたらアウトです!

狙いこもうとした瞬間もう1頭飛び出します・・さらにもう1頭・・一瞬見入ってしまいました、すでに先頭は雑木林まで半分も有りません。

先頭に的を絞りいつものように肩口を狙い撃ちます「ズドーン」転がりません、しまったもっとリードを取らなければ・・さらに撃ちます「ズドーン」当たりません、もっと前か?「ズドーン ズドーン」ススキが思ったより深いらしくピョコピョコ跳ねる鹿を低倍率のスコープで狙うのは難しいです。鹿も見えたり見えなかったりで当たったかどうかも解りませんが先頭が見えなくなりました。後の鹿もしゃがみ込み身を隠します・・

急いで弾装を詰め替えますが、何処に隠れているか良く分かりません。微かに黒く見える所を撃って見ます。「ズドーン」2~3頭の鹿がバラバラに逃げます・・慌てて撃ちますがジグザグに跳ねたり隠れたりして撃ち取れませんでした・・・

ボーゼンとして何も見えない原っぱを見つめていると伴さんから無線です、「随分派手に鳴らしてたけど何頭転がったかい?」「・・・・」オイラは返す言葉がありません。

仕方なく撃った場所を探してみることにします。撃った場所が遠すぎて正確な場所が解りません・・辺りを探しても居ません・・血糊も有りません・・・外したのか・・・

伴さんも一緒に探しますが転がっていません。「こんな腕では北海道には行けないなー」と笑いながら原っぱの頂上に着きました。

ふと横を見るとさっきまで居た紀州犬のモモが居ません、「モモ 来い、来ーい」と呼びますが来ません。近くのススキの中でゴソゴソしています。

歩きつかれてクタクタですが犬を連れに身の丈ほどのススキの中に入るとモモが何かを食べています・・「お前何食ってんだ?」と声を掛けると鹿の太ももにカブリ着いてました・・

「伴さん居たよ~」「お~おめでと~」「モモがウーウー言って鹿から離れないんだけど・・」「見つけてやったんだから食わせろって言ってんだよ・・」そんな会話をしながら二人がかりでなんとか三段に枝分かれした角のオス鹿を山から引きずり出しました。

鹿の供養をして、親方に連絡を入れ帰路につきます。足はガクガクしてますが心地よい疲労感です。

大自然の中で生かされてることと生きている充実感を久々に感じました。

e0056797_2018334.jpg


活躍してくれた ブローニング BAR です。

今回は自動銃の性能も堪能できました。個人的にはボルトアクションが好きですが、自動銃も慣れれば中々面白いです。今回は初の200m実猟で経験不足から一発では倒せませんでした、ボルトアクションでは逃げられていたかもしれません。射撃場も100mまでしかなく倍の200mのリードは頭では解っていても経験を積まなければ普段の撃ち方の癖が出てしまいます、今回は良い経験をさせてもらいました。伴さん、モモ、そして山の神に感謝です。
[PR]
by hidehoken | 2005-12-13 10:32 | Comments(2)

お詫び

毎日たくさんのアクセスありがとうございます。

月末予想以上の忙しさで更新が遅れています。

頑張って月初に残務処理を行い2~3日で通常に戻す予定です。

もうしばらくお待ち下さい・・・。
[PR]
by hidehoken | 2005-12-01 22:09 | Comments(4)