エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

<   2005年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

初物!その3

二人で猟をすると言っても通常5~10名で巻猟するところです。

抜けられる可能性は高いのです、去年3人で行った時は伴さんが犬掛けをして見事に鹿を追い出したのですが撃ち子がたった2名だった為抜けられてしまいました。その時は寝場の横の沢で待って勝負を賭けたのですが、物はオイラ達の気配を感じたのか笹づたいに上に登り原っぱを突っ切って林に消えたのでした。

なぜ気配を感じ取られたのか?おそらく沢づたいに登って配置に付いたからという結論になりました。

今回は3っつ先の谷から回りこんで原っぱの一番上で撃ち子(オイラ)が待ち、伴さんは紀州犬を使い獲物が横に飛ばないように上に突き出す役です。

犬掛けは決められた方向に獲物を追い出す能力が必要です。使う犬種や性格でも犬の引き方が変わります。親方の技術をどれだけ盗めてるか楽しみです。

撃ち子は獲物に気ずかれないように気配を消して山に入り、原っぱに突き出た獲物を撃ちますが、ここは射程距離が最大200mあります。

200m先の鹿が犬に追われてすっ飛んでるのを狙わなければなりません。射撃技術が物を言います、ベテランでも中々撃ち取れない難しい待ち場です。ワクワクします!
[PR]
by hidehoken | 2005-11-25 10:06 | Comments(0)

初物!その2

コール(鹿笛)に乗り近くまで来た鹿が鳴いていますが姿が見えません。

そこでさらに寄せる為にショートレンジ用の鹿笛に切り替えました。

このタイプは吹き方によって音色を変えやすいので、話かけてきた鹿に近い鳴きで対応しました。

するとすぐ鳴き返して来るではありませんか!対話が出来ています・・

何度も返し鳴きをしてきます・・しかし姿を現しません。しかし少しづつ迫ってきます。

ついにオイラから一番近い笹の中まで迫ってきました。距離にして30m程しかありません。

笹が動いているのも確認できるのにどうしても姿を出しません。

ジッと待って居ましたが、とうとうシビレを切らして体を動かした時に微かに音をたててしまいました・・

ヤバイッと思いましたが後の祭りです・・二度と返し鳴きは来ませんでした。

惜しいところでコール猟失敗です・・でも、かなりの進歩です!

次回、潜む位置をもっと考え適切な処を見つけられれば猟になりそうです。


山を下って車まで行くと猟仲間の伴さんが来ました。

伴さんも一人出来たとの事、さっそく二人で共同の猟をすることにしました。

やる場所は昨年にオイラと伴さん達と3人でやって失敗したところです。

昨年のリベンジです。気合が入ります!

使用する銃はブローニングBAR 308ウインチェスターをベースに銃身を切り詰めたカービンタイプの自動銃です。

e0056797_133518.jpg


スコープはリューポルドのVX-Ⅲ 1.5-5倍 ベースはウエーバーのローマウントです。

少々重いですが自動銃の中では信頼できる銃です。

リベンジで勝てるか勝負です!
[PR]
by hidehoken | 2005-11-24 01:24 | Comments(0)

初物!

先日、まだ愛犬サハラの体調が優れないので単身で天城に行ってきました。

今回は単独の忍びではなく、単独コール猟(鹿笛で誘き出す猟)にやってきました。

朝一に山に登り、撃ちやすそうな処で待ちます。

コールを始めるとすぐ下の茂みからガサガサと音がします・・

寄ってきたと言うより逃げた感じです・・向かいの林で小枝を折る音がしますが姿は見えません。

反応もなくなってしまいました・・。

いくら撃ちやすくても人間を判別しやすい隠れ方ではダメなようです。巻き猟の隠れ方では不十分なのが分かりました。

すぐ移動して今度は完璧に姿を隠します。

コール開始・・まずは三度鳴きから始めます・・

しばらく続けたら二度鳴きに変えてコールします。

今回使用した笛はバーハムのロングレンジ用のD-4と言うタイプを本土の鹿に合わせて自分で音色を調節してあります。昨年はノーマルのままでコールした時は全く反応がありませんでした。今年はリベンジのつもりで勉強してきましたが、そう簡単にいく訳ありません。まずは鹿を反応させる事、そしてどれだけ自分に寄せられるかです。

基本的に今の時期は繁殖期が終わった直後なので返し鳴きは期待してませんが、コールが完璧なら群れを造る為にそっと寄って来るはずです。

しばらくすると左の奥の笹が少し揺れた様なきがしました・・

今度は一度鳴きをしてみました。

すると茂みから「ブィ~、ブィ~」と鹿の会話音が聞こえます、来たっ!

でも姿は見えません・・もっと寄せなければ・・・

今度はショートレンジ用の鹿笛に切り替えて対話を試みます・・・はたして寄せられるでしょうか?
[PR]
by hidehoken | 2005-11-23 20:23 | Comments(0)

初猟!

初猟前日、夜の10時に山梨で仕事してました・・。

しかし、猟の準備はしっかりと車にしてあります。

そうです徹夜になっても初猟に参加したかったのです!

夜中のうちに天城山にもぐり込みましたが今日は山のふもとで待機です。いつもなら夜走り回って鹿の動きをチェックするのですが、先々週に下見済みなのでいきなり本番です。

15日、平日だと言うのに7人の好き物があつまりました。残念ながら愛犬サハラは体調不良の為お休みです。

まず一本目、肩慣らしに一番撃ち易く早く終わるところで体を慣らします。

残念ながら今日は鹿がお留守のようですが山の感覚が少し戻ってきました。そこで本命の場所に移動しました。

鹿の寝場をハンター5名が待ち伏せして、セコにオイラと親方が入る巻き猟です。

作戦的には去年の縦配置を変え、下見してあるウツ(獣道)に5名横並びの配置にします。犬の性格と犬種により犬を使い分けますが、昨年看板犬を毒殺されてしまい山から一直線に鹿を落とす犬がいない為、親方がウオーカーとビーグルの2頭引きして、オイラがビーグル1頭の計3頭を二つの寝場を同時に上から犬掻けをすることにしました。

山に入ると鹿の気配を感じてウオーカーが吼え始めてしまいます、オイラは必死で鳴かないようにさせましたが今ので物が気づいたはずです。

配置が完了の無線が入りました。親方に付いて犬を引きます。まだ放しません、犬を引きながら気づいた鹿を寄せていきます。寝場の上に付きました、親方の指示で微妙に掛けるラインを修正されます、親方が犬を放しました!オイラも慌てて放しますが、犬の掻ける場所が今いち早すぎ親方の方へ行ってしまいました・・シマッタ!
それでも物が濃かった為、まず一番端の待ち場に鹿が落ちました。ドンッ、ドンッと轟音が響きます!まず焼津からの応援組みが1頭ゲットです!
まだ犬が鳴いています、他の鹿を追っている様です。鳴き声がオイラの放したビーグルの落しです。
ビーグルの血が濃い為にウサギ犬の様に山を廻す習性があります。
オイラは一気に山を上り今度は横に走ります・・・
予想道理に一山廻して自分の方にやってきました、シメシメ・・

ゲゲッ戻りのラインが自分より高い・・オイラは気づかれるのを覚悟で山を登りました・・

鹿はオイラに気づきラインを変え下に落ちますが下の待ち場の手前に落ちてしまいそうです・・

その時です、ズドンッ!と銃声がします。親方です、親方が中段でてぐすね引いて待って居たのでした。

流石です・・してやられました!

初猟は何とか2頭のオス鹿をゲット出来ました。
[PR]
by hidehoken | 2005-11-22 23:02 | Comments(1)

久々の昼休み その2

オイラも鉄砲の準備をして弁当を食べることにしました。

オイラの鳥用の銃は シャープ エースハンター 5.5mm です。

これは東京に住んでいた二十歳頃に明治銃砲店で注文した銃です。

当時日ラに所属しワルサーLGRマッチユニサーバルを撃ちまくっていた頃です。発売されたばかりのエースハンターに一目惚れしてワルサー並みの引き金が欲しいと無理な注文をしたのでした。

明治銃砲も先代のシャープの社長さんも協力してくれて、マッチトリッガーを付ける事は技術的には可能と返事をもらい、暴発には十分注意し自己責任を確認しての製作でした。

おそらく日本で初のマッチトリッガー付きのエースハンターです。バレルも程度の良い物を選んで付けてあると言ってました。

e0056797_8554516.jpg


弁当のおかずに置いて見ました。

弁当を食べながら物思いに更けます、この銃には随分楽しませてもらいました。

一番猟果あったのは、昼飯食ってから出かけて夕方までにヒヨドリ四十数羽ゲットした事です。
ポンプするのが嫌になる位楽しめました。距離は30~40mでポンプ数は7回で弾はジェット弾です。ジェット弾の場合は8回以上のポンプ数では初速は上がりますが命中精度は低下してしまいます。

でも鴨をゲットした時は9回ポンプです。当時に今みたいな重量弾があればもっと鴨をやっていたと思います。

去年は鹿も転がると言われる韓国のプリチャージ用の重量弾を使い15回ポンプでウサギを仕留めました。念願のゲットしたウサギは正月に仲間と頂きました。

e0056797_9343165.jpg


空気銃は散弾銃に無い魅力があります。一言で言うと「腕勝負」です、独特なこの世界にハマっている方は多いいと思います。

家の親父もその一人です、数十年空気銃一筋!それも一昨年までスプリング銃ばかり買い換えて使ってました・・70過ぎてなお現役!いつまでも元気で居てもらいたいものです。
[PR]
by hidehoken | 2005-11-18 08:58 | 実銃、射撃練習、射撃大会 | Comments(2)

久々の昼休み

今日は何時に無く暇と言うか、急ぎの仕事が無かったのでまともに昼休みを取ることにしました。

でも猟期中です無駄に時間を使いたくありません・・。
チョット考えて家の裏山に有るネコの額ほどの畑で弁当を食いながらお酒のつまみを捕獲することにしました。

狙いはヒヨドリです。

焼き鳥にすると最高なんです。七輪でジックリと何度もタレを浸けながら焼くと、骨まで食べられます。

制限時間は一時間です。

畑に行ってみると先客が居ました。親父です・・。

親父の愛銃はBSAのスーパー10です。これにシェラストーンの2-7倍を乗せてあります。このスコープ以外に良いです。

e0056797_20565031.jpg

[PR]
by hidehoken | 2005-11-17 20:57 | 実銃、射撃練習、射撃大会 | Comments(2)

気になる出物 その2

実はガンショップ ミズノさんに冷やかし行ったのは、ある銃をチェックする為でした。

その銃はトム銃砲で22万で売られていた物で、モデルセブンと同じく2.8キロしかないボルトアクションです。

なぜ同じ様な銃をチェックしに行ったかというとモデルセブンの弱点をカスタム化するより安くそれ以上の性能になると思ったからです。

まず、モデルセブンに限らずレミントンのボルトアクションはエキストラクターが貧弱で張り付き等を起こすと簡単に薬莢のリムから外れてしまいます。それでも射撃場なら対応は簡単ですが山では深刻な問題です。幸い山ではアクシデントを経験してませんがせめてサコークラスのエキストラクターが欲しいです。国内でもその手のカスタムが出来るガンスミスが存在しますが約4万円と高価です。

次に引き金ですがノーマルでは激重で約3キロもあります。調整機能が付いてますが1.3キロまでしか軽くならず、カスタム化して900グラムで落ちるようにしましたが切れはよくありません。因みにジュエルに変えれば素晴らしい切れになりますが4~5万円しますし、サコーハンターレベルの切れがあれば満足しますので考えてしまいます。

さらにボルトハンドルも弱く何度かハンドルのもげたレミントンを見ているので何とかしたいところです。

サコーM75 フィンライトにすれば良いのですが予算がありません。

そこでサコーが製造していると言われるティッカ T3をチェックしたかったのです。

目的の銃です。
e0056797_20555322.jpg


サコーと共通のエキストラクターに鍛造?のボルトハンドルが溶接でなく頑固に組み付けて有りました。

e0056797_2113591.jpg


ストロークは308と30-06は共通のようです。
替え銃身と弾装があれば二種類の弾を使い分けられます。

e0056797_2141966.jpg


動きはサコーよりスムーズなぐらいですが、ボルトのラグは2つなのでオーソドックスな90度タイプでした。

気になる引き金はシングルセットトリッガーでしたので問題ありません。

さらに銃身はフローティングタイプです・・・。

また、欲しいものが増えてしまいました・・・

だれか極上のモデルセブンを買ってくれる方はいないでしょうか?
[PR]
by hidehoken | 2005-11-16 20:54 | 実銃、射撃練習、射撃大会 | Comments(0)

気になる出物

ガンショップ ミズノさんへ冷やかしに行った時に丁度商談中でした。

覗いて見ると例のトム銃砲の在庫落札品です、物はルガーのM77 MK-Ⅱ 30-06 オールステンレスのラミネートストック付きタイプでした。

気にもしてなかった銃ですが、思ったよりよい出来でビックリしました。オイラのモデル7より遥かに出来が良いです。ショック!
e0056797_016681.jpg


リアサイトは可倒式でスコープ装着を考えて有りました、レミントンより手間の掛かった造りです。スコープマウントはレシーバーに刻まれていてリングも付属で1セット付いて来ます。

e0056797_0245089.jpg


セフティイはイッチョ前に3ポジションタイプでした。

裏蓋も確りした造りですが、引き金はノーマルではレミントンと同じく激重で要調整です。

e0056797_030467.jpg


一番感動したのはボルトの造りです。ウインチェスターやマウザー(モーゼル)と同じタイプのエキストラクターです。

沢山撃ってると何度か張り付き等を経験します。レミントンは論外ですがサコーでも酷いものは薬莢を持って来れない事がありましたがこれなら安心です。

一度所有してみたい銃の候補が増えてしまいました。

気になるお値段ですがトム銃砲の約半額で販売すると言ってましたので、手持ちのトム銃砲のカタログで確認しますと26万程のプライスが付いていました。となると約半額で13万でしょうか?

この値段でこの装備ならBARをやめて入れ替えしても良さそうです・・・。
[PR]
by hidehoken | 2005-11-14 00:53 | 実銃、射撃練習、射撃大会 | Comments(0)

お徳情報! 

私と付き合いのある銃砲店の一つ「ガンショップ ミズノ」さんが、格安セールを開始しました。

お得なセールのメインは先日閉店したトム銃砲の在庫品(新銃)です。

結構入札があったようですが、ガンショップ ミズノさんが銃と装具等を落札したとのこと。

現在、新銃のみのセールですがトム銃砲の販売価格の約半額で販売すると聞き、仕事帰りに冷やかしに行ってきました。

店内の様子です。
e0056797_2135282.jpg


さすがトム銃砲の在庫品です、怪しい銃も結構あります。ザンネンながらAR10などの軍用銃指定された物は許可が下りませんので触るだけですが、目の保養にはなりました。(初めて触りました)

興味持たれた方はミズノさんに直接行ってみてください。調子の好い面白い社長が対応してくれます。

リンクしてますので詳しくは直接ミズノさんへお問い合わせ下さい。

尚、このサイトを見て行かれる方は「エキサイティング アウトドアを見た!」と言って頂ければ、もしかしたら購入時に何かサービスが有るかもしれませんので、言うだけ言ってみて下さい。

しかし、当てにしてはいけません・・でも融通は利かせてくれると思いますよ!
[PR]
by hidehoken | 2005-11-13 02:39 | 実銃、射撃練習、射撃大会 | Comments(8)

猟友

毎日 沢山のアクセスありがとうございます。

諸事情により中々更新出来なくてすいませんでした。時間を作ってぼちぼち更新しますので今後ともよろしくお願いします。

本日の夜に我がグループ(仮名、中部ビッグハンティング クラブ)が集合します。

15日の解禁に向けてのミーティングです。

今年も多くの山の恵を授かるよう頑張りたいと思います。

今年の二月初旬の写真です。
e0056797_1895128.jpg


手前がクラブの頭です。

鹿撃ちでは地元のNo1だと思います。
[PR]
by hidehoken | 2005-11-12 18:13 | Comments(0)