エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

カテゴリ:未分類( 265 )

新たなる挑戦の為に(改)

早いもので極真空手に正式入門して31年・・・
黒帯(初段)を取って14年・・・月日が経つのは早いものです。

弱っちかった自分が、いっちょまえに腹を据えて行動できるようになったのは精神力を鍛えられて来たからだと思います。

極真精神7か条にある、「我々は心身を練磨し確固不抜の心技を極める事」にある何物にも恐れぬ心と体に鍛えることを目指し、厳しい稽古で自分を追い込み這い上がる努力を毎回重ねていました。

ここ数年は先生と呼ばれ、生徒の目が有る中の稽古は一瞬でも楽をするとすぐさま鏡のように生徒に影響が出るため気が抜けません。

しかし、自分の体を追い込む稽古は出来ませんでした。
自分のペースで稽古したら子供たちを潰してしまうからです。

しかし今回は違います、体を追い込みました。
今回悩みに悩んだ末加盟した連盟は、私の知っている極真分派や系列の中でも昇級・昇段のハードルが高い基準です。受験するのは2段ですが、他の極真分派では3段から4段の設定基準が多いいです。これなら何処に行っても恥ずかしくありません、だからこそ受ける価値を感じたのです。

しかしその分、半端な努力では受かりません。

今年に入ってから既に必修の型だけで千回以上行い、万全の態勢で師範の居る道場へ出稽古に行くも、多くのダメだしを貰いました(泣)
順番や形が出来ても、引っ掛け、掴み、抑えなど細かな動作の意味を理解し応用を教えられるレベルを求められました。形式だけの型では受かりません。型をベースに昔の極真の技術を伝えるのです。懐かしいです・・・実践を想定しての顔面・金的・掴みは生徒たちに教えたかったことです。大変良い勉強になりました。自分のものにするために更に数百回・・昇段審査まで通算千数百回行い体はガタガタ、疲労も激しい状況で受験しました。


私が何時までも二段を受けてこなかったのは理由があります。
極真が分裂してから簡単に段位を取らせる分派が多くなり、
昔の基準では到底納得できない段位所持者が横行したからです。

何処に行っても昔の極真の人間と紹介される中で同じに見られたくない・・・そんな思いがありました。今回の連盟加盟には正直悩みました・・・素晴らしい連盟ですが極真の名が無いのです。名を取るか?身を取るか?
正直「極真」の名前には特別な思い入れがあります。
自分たちが顔面有りの他流試合を決死の覚悟で戦ってきた時代があります。
しかし、現在はスポーツ化し競技に特化し顔面無しのルールを悪用した選手が多すぎです。無論、その中でもキッチリとした稽古を続ける極真道場も多々あります。

しかし、芦原支部長が独立し芦原会館を作った当時、その上位段者が「俺たちが極真の技術を継承する」と言っていた意味が最近良く解るのです。その分派の円心会館に体験入門させて頂いた時は衝撃的でした。なんて動きやすいんだ・・・昔のまんま・・そんな印象でした。


空手道は字の通り「道」です。
礼に始まり礼に終わり、基本や型もきっちり出来なくては話になりません。
顔面無しのルールだけを追い求めていては「道」にはなりません。
更に、顔面、金的、掴み(崩し・サバキ)は極真の特化した技術です。
これを失伝することなく継承し伝承する事が使命と考えています。

悩みに悩み、名より身を取ることにしました。
連盟の師範と何度も直接はなしをさせて頂き、物事の考え方、そして継承していく技術と教え方に共感し、人柄にも引かれ連盟に加盟する事となったのです。現在門派を越えて連盟に加盟する団体も多く、大会では昔名声の高かった師範が立ち上げた多くの分派と交流が始まっています。大山館長が亡くなって分裂した多くの分派が集まりだしているこの連盟なら・・・との思いで胸の極真の刺繍を外しました。
何とも言えない寂しさと、希望が入り混じった複雑な思いでした。
e0056797_92859100.jpg

既に審査結果は聞いてますが、それは次回に書く事にします。

最後に、審査に立ち会っていただいた代議士の先生をはじめ師範や多くの先生方、生徒、父兄の皆様に御礼申し上げます。

押忍!
[PR]
by hidehoken | 2013-06-03 21:50 | Comments(0)

あほ犬(サハラ)が倒れた…(改)

暑い中での駆除でのことです。アホ犬(猟犬)達の消耗が激しい・・・途中途中水を与えながら来ましたが既に水は底をついています・・・沢に出ましたがサラもレミもすぐ戻ってきました・・・沢が枯れて水がないのです。(鹿による食害で下層植物がほぼ全滅したため山に保水能力が著しく下がった為です)マズイな・・・師匠は犬の様子がおかしいと言って既に引き上げています。やっと犬掛けがおわり、自分はここから水無しで戻るぐらいなら沢沿いに下ろうと決めてひたすら下りました。しばらく行くとやっと水が、猟犬たちは早速水浴びです、一安心その後も沢沿いに下り、やっと林道に出ると同時にあほ犬(サハラ)が倒れ込みました。

体にいい訳ありませんが、何時もの事です。もっと加減して走れば良いのに限界まで走り倒れるのです。しばらく冷たい土にお腹をくっつけて休ませた後、集合場所に移動して師匠と合流しました。そこでもしばらく横になっていましたが、師匠が水を飲ませてやれ!と氷水を持ってきましたが飲みません!?

まだ、飲めないのか?しかし何時もと様子がおかしい…

まるで見えてないようです、自分は水を鼻先に付け「飲め」と言うとやっと飲み始めました、が、起きあがるとふらふら夢遊病者のようにしています。

師匠が「直ぐに水をかけろ!」と叫ぶと同時に痙攣が始まりました。
ヤバイ!熱痙攣です。直ぐに氷水をもらって応急処置… 既に師匠の水は底をつきました。

しかし、まだまともに歩けません…しばらくすると自分の車を仲間が持ってきてくれたので、急いで水を取り出し意識がもうろうとするサハラに声を掛けながら、水を掛け続けました。

頭の中にはこんなことや
e0056797_9594530.jpg
こんなこと・・・
e0056797_105630.jpg
更にこんなことも思い出して
e0056797_1093055.jpg


絶対死なせない…師匠に言われ特にお腹を集中して冷やし続けました

しかし、ぐったりと横たわります…師匠が「側に付いてやれ…」と言った瞬間、ダメかも知れない…と悟りました。無理をしすぎた…しかし、しばらくすると徐々に意識がハッキリして来たのが解り一安心。

ヤバかったです。

師匠から後三十分遅れていたら死んでたと言われました。

あほ犬は自分に褒めてもらいたくて、何時も限界まで走るのです。もうすぐ八歳ですから自分がもっと気をつけないと今後はヤバイと痛感しました。

そんな訳で、今週は夏休みをとり休息します…
[PR]
by hidehoken | 2011-07-08 23:32 | Comments(2)

段級審査 その2

つづき

段級審査まで数日

その日以外に練習日は取れません。一旦練習が終わった後にもう一度一丁の銃を取り出しました。エアライフルのエースハンターです。

初速が遅いのでフォロースルーが鍛えられるからです。

その後、自宅で真っ先に引き金のセットを変更しました。キレが良くなった新型の85セットトリッガーですが、静的ならまだしも移動的になるとコンマ数秒の遅れが点数に顕著に現れます。標準で1.5kg、セットすると200gの設定でしたが、元々ライフル射撃で使ってきた400gに戻しました。サコーは弾倉を外すと引き金に向かって穴があり、そこからヘックスレンチで簡単に引き金の重さを変えられて便利です。空撃ちしてみると、セット時よりも若干重いものの、キレが良くとても気持ちよく引き金が落ちるようになりました。
e0056797_17332926.jpg
指慣らしに空撃ちの練習を繰り返したのは言うまでもありません。イイ!しばらく空撃ちを繰り返すと、以前のように銃をコントロール出来るようになりました。

しかし、新たな問題が・・・・
以前付けていたスコープを付けてよくわかりました。
アイリリーフが遠いのです。
これはスコープの位置を付け替えれば良いというものではありません。
以前使っていた75ハンターで何年も使ってきたスコープとマウントです。
このアイリリーフは何年もかけて体に染み込んだ距離です。
これが違うと言うことはストックが以前より長いのです。

審査日前夜に今からストックを切って警察に構造変更をする時間もありません。そこでパットを取り外し、こんなモノを製作(笑)
e0056797_17332967.jpg
バットの交換なら全長は変わりませんので警察に届けを出す必要はありません。取り付けて見るとドンピシャ!!

今までグリップにも違和感を持っていたものが一気に解消!
以前使っていたサコーのようなフィット感・・・見た目は悪いがこれならイイです。

やる気が出てきました。

よし!一発で合格したる。


つづく
[PR]
by hidehoken | 2011-07-02 17:33 | Comments(0)

元旦!

明けまして、
おめでとうございます。
e0056797_14212558.jpg

昨年は多くの応援頂き大変お世話になりました。

今年は森の番人としての活動と支援を昨年以上に頑張って行きたいと思います。
e0056797_14212542.jpg

女子高生の皆さん、今年も応援のほど宜しくお願い致します!!

元旦
[PR]
by hidehoken | 2011-01-01 14:21 | Comments(2)

ランニングターゲット全日本選手権に向けて  その2

かる~く 試射してきました。

まずはサイト調整・・・着脱とアイリリーフ変更したものの、思ったほどズレが無く2発で調整完了!その後も、二回アイリリーフ変更・・・そのたびにサイト調整・・・僅かな違いが着弾点を変えて行きます。
e0056797_1221742.jpg


これでアイリリーフは完璧!?と思いきや、移動的を撃って直ぐにパットの挟んだ僅か1~2ミリの青いスペーサーが気になり取り外し・・・こうやって少しずつ素早い構えが出来るようになってきました。
e0056797_1219077.jpg


段々と、銃も練習も実猟に近づいて来るのも感じて良い気分でした。



規制の少ないランニングターゲットです。気分良く、どんどんエスカレートして行きました。
構え方も優勝者やランニングターゲット部会の公式最高記録を持つ人の撃ち方を真似て練習・・・・スパッと銃庄を上げるだけでそのまま撃ちます。撃ってみると反動の無いエアライフルや22RLで有利な撃ち方ですね、6mmPPCでも何とかなりますが、スラッグや308winでは厳しいだろうな・・・でも世界大会の画像を見ても、皆このうち方をしています。自分も勝つためにこの構え方を練習しました。

引き金も勝つために、更に軽くしました。現在の射撃銃は僅か60g程で引き金が引けますから、練習しながらどんどんそれに近づいていきました・・・・もう1.5kgの引き金は引けない指になるでしょう・・・それでも全日本で入賞を狙うなら・・・っと、どんどん軽くしていきました。

すると、最近 実猟で使っているモデルセブンの軽く切れの良いカスタムトリッガーが重く感じるようになったのです(泣) このまま激軽トリッガーに移行して行ったらどうなるのでしょう・・・!?

しかも、急激な銃の変更に体のほうがついて行ってません。

間違いなく銃の戦闘力は上がっていますが、思ったほど点数が上がらないのはその為です。
でも、入賞を目標にするのならより戦闘力の高い銃に慣れる必要があります。

ここに来て迷いが出ました、いったい自分は何を求めているのか!?

オリンピックや世界大会を考えているのなら、更に軽い引き金を使いこなして行く必要があります。先にも書きましたが現在の射撃銃は僅か60g程で引き金が引けますから、選手もそれを使いこなして来るわけです。当然選手たちの平均点数の次元が変わります。構え方も変えてエアライフルや22RLの殆ど反動の無い銃ならではの撃ち方をした方が有利なのも解りました。構える時間が少なく、狙いこむ時間がコンマ何秒か余裕が出来ます。また、スコープも専用のダブルポストを使いこなすのも絶対条件でしょう・・・・つまりランニングターゲットの世界でも極めると射撃専用銃とランニングターゲット専用の撃ち方が存在するのです。考えて見れば当然の事ですが・・・

ランニングターゲットはその他のライフル競技よりも圧倒的に内地の猟に適していて、身近な銃にスコープを付けただけでも十分射撃を楽しめます。だから入会したにも拘らず、勝つために実猟からかけ離れてしまうのは本末転倒です。紙には当たるけど、獲物には当たらないという射手にはなりたくありません。事実ランニングターゲット専用のダブルポストのスコープにしたら、リードを取らなくて良いので点数が上がったものの、獲物でもリードを取らない癖が出てしまい失中する事が多くなった・・・と言っていた人がいました。

一気に競技に勝つ事ばかり考えたら、過ぎたるは何とかになってしまいそうです・・・

今の自分のレベルでは競技専用の撃ち方を増やしても自在にこなす余裕はありません。
実猟と同じ撃ち方を、よりスピーディに構える工夫をして点数を伸ばす事からやるべきでしょう!


さてどうするか!?紙撃ちに徹しないと勝てないかもしれませんが、一番実猟に近いセンターファイヤーライフルに出場するのですから、自分は実猟にもプラスになるセッティングで射撃を行いたいですネ。

そんなこんなで再セッティングしました。
引き金も、実猟銃を自在にこなす為の若干重めのセッティングにしました。
スコープも通常のデュープレックス(十字)で、前大会よりも若干低倍率です。
ストックもノーマルのサイズに戻りました。
e0056797_122178.jpg
この方が実践的ですね、今の自分には気持ちが入ります。

一気に気合を入れていたのですが、あまり先を急がず現段階では今の自分のポジションにしっかり根をはり、これを基準に発展させて行くようにしました。

腰を据えて、じっくり練習したいですね~  


あ~ 時間が欲し~
[PR]
by hidehoken | 2010-09-21 12:02 | Comments(2)

ランニングターゲット全日本選手権に向けて 

おかげ様で先日のランニングターゲット東日本公式戦で国内ランキング6位に付ける事が出来ました。今後は10月の全日本選手権に照準を絞って活動します。

早速東日本公式戦で色々な方の銃を参考にさせて頂いた事を実践しました。

今回の大きな変更点はパットです。

スキートのように素早く構える競技はパットが重要なのが良くわかりました。
多くの選手がパットの変更をしていて、滑りの良い木製にしている人も結構いました。
自分は今回の大会では、今まで使っていたパットを小変更して対応しましたが、潔く思い切った加工をしてトップ選手たちと同じような形状に変更しました。
e0056797_111448.jpg
これだけで、ビックリするほど構えやすくなりました。これに滑りの良い素材を貼れば完璧です。

次にやったのはスコープです。

現在は6-18倍のスコープを使用してきましたが、ランニングターゲットだけに絞るなら3-9倍あたりが使いよいかも知れません。が、今回の大会のおかげで他の大会にも出てみたくなり、100m静的にもある程度適応できる4-16倍にする事にしました。
e0056797_1114443.jpg
アイリリーフも再調整、スペーサーも一枚かませてみました。

引き金も若干重たくしてみました。

なぜなら役員の方が言うように練習次第で本当に90点台を出せるようになるのなら、一都八県の大会でも上位で70点台ですから、猟友会の大会でとんでもないアドバンテージを手に入れる事になります。まー二兎を狙って一兎も得られなくなるのでは本末転倒ですから練習時の点数を見ながら来年に向けて調整して行きます。

早く実射練習で細かなセッティングを決めて行きたいです。

追伸、先日のランニングターゲット東日本公式戦の順位に変更がありました。なんと自分が3位入賞になるとの事!?でも上位との差は歴然・・・・精進します。
[PR]
by hidehoken | 2010-09-16 11:01 | Comments(2)

ランニングターゲット練習会 その1

e0056797_8471283.jpg

e0056797_8471211.jpg

行って来ました。

ランニングターゲットの練習会です。

前回の記録会で気が付いた所を変更して参加しました。が、イマイチですね〜

的は得ている筈なのに、急な変更に体が付いて行きません。

よい経験しました!

失敗変更点は3つ

一つ目は引き金を一気に以前撃っていた時の軽さに戻しましたが、激重トリッガーに慣れた指には軽すぎてタイミングが合いません。静的なら抜群に当たるのですが、移動的では狙うリード量も変わってしまうのです。

2つ目はスコープ変更して倍率をダウン
するも、微妙にアイリリーフが合いません。再調整か交換が必要です。

3つ目は肩付けを早めるストレートパットに変更するも、引きつけが甘くなりました…これは大幅な改善が必要ですね!

結果、10点9点にもバスバス当たるものの1点から4点圏にも飛ばしてしまうのです。詰めの甘さがでてるのです。

平均75点では話になりません。

ただ、今までの80点台では勝てません。何時か優勝を狙うなら練習会では90点台を目指したいのです。

このままセッティングを煮詰める時間はありません。今週末には東日本公式戦が有ります。

さて、どう戦おう!?このまま行くか…それとも…?

つづく…
[PR]
by hidehoken | 2010-09-07 08:47 | Comments(0)

一都八県RS安全射撃大会 速報!

本年度の一都八県RS安全射撃大会に、中部ビッグハンティングクラブから二名の選手が静岡県の代表として出場しました。

結果、ライフル部門に出場した先輩のチカッチャンが個人で8位!

スラッグ部門に出場した後輩のケロさんが10位

と、二人とも初出場でベスト10入りしました。

応援ありがとう御座いました。

団体戦はライフル部門・スラッグ部門ともに準優勝!

結果、総合優勝となりました。

選手の皆さんおめでとうございます!有給まで取って練習した甲斐がありましたネ!優勝は皆さんの努力の結果だと思います。

大会を運営された山梨県猟友会の皆さん、及び各県の役員の皆さんお疲れ様でした。

お陰様で、大変勉強になったと報告がありました。

今後とも応援宜しくお願い致します!!
[PR]
by hidehoken | 2010-09-06 10:58 | Comments(2)

豪華商品のJAFTA大会

今週の土曜日

岩本山国際射撃場にて

JAFTA東海、関東合同大会を開催致します。

高額!?商品を多数だしますのでふるってご参加下さい。

お待ちしています。



因みにライフル・スラッグ射撃場を使用しますので、パワー規制はありません。

5.5mm以下の空気銃ならば何でも出場可能です!





気になる高額商品を紹介しますと・・・

まずは電子式イヤーマフです。

欲しいけど高い電子式イヤーマフが破格で手に入りました。

SKBの輸出仕様です。

思った以上に造りが良く、3万円で買ったぺルターの電子式イヤーマフよりも感度が良かったと言っていました。音量も左右別々で調整でき、最大にすると補聴器のように音を拾えますので、使い方次第では実猟でも有効かもしれません。

自分はこれを射場以外に猟場でも使う予定です、これなら山の中でもマズルブレーキやBOSS付きの銃でも安心して撃てます。
e0056797_16124551.jpg


つづいて此方

e0056797_16124561.jpg


装弾ケースにもなりますが、スポンジがシッカリしているのでこんな使い方も可能です。
e0056797_16562272.jpg
スポッティングスコープもちょうど収まりますよ!

どれも通常1万円以下ではけっして手に入らないものばかりです。

入賞者以外でも飛び賞・ブービー賞・レディース賞も考えていますよ~
[PR]
by hidehoken | 2010-06-02 16:12 | Comments(5)

一斉検査 その後

一斉検査の書類が大変とか、猟友会のは使いにくい等いくつかの問い合わせがありましたのでチョコッとだけ紹介します。

先ず基本知識から・・

実包管理をしっかりと行ない、帳簿をつけることが今回の改正銃刀法により義務化されました。

ただし・・・

ポイントを押さえて必要以上に面倒なことはしないのが「たいちょ~流」です。

まず、昨年の12月4日から施行されたわけですから、言い方を変えると最低限昨年の12月4日から帳簿を付ければよいのです。

また、猟友会からもらった緑色のやつは小さすぎて書くのがちょ~大変で、しかも射撃や駆除等項目がバラバラで実包総数の管理がイマイチです。

そこで、あっちこっちの実包管理表を取り寄せて採用したのがこれです。

自分が知る限り、最も簡素化された一品です。
e0056797_20302532.jpg
国際射撃場で扱っている管理表ですから当然法律に則ったものです。

でも意外と書く項目が少ないでしょう!?

ポイントは散弾実包とライフル実包で区別して管理し、その総数を常に把握できる事です。お陰で昨年のように散弾の号数ごとの管理まではしなくて済みました。

マスも大きく書きやすいですヨ!

これに日付け順に、射撃も実猟も有害もリロードもすべて書き込みます。

ごちゃごちゃに書き込みますが、常に正確な実包総数が管理できます。

ポイントは実包の管理を優先する事。


ただし、射撃だけは各銃ごと聞かれるので今まで射撃場でもらっていた射撃証明は、各銃ごとの管理に一昨年から変えています。

あと、有害駆除や管理捕獲等の社会貢献は写真や許可証のコピーをとっておくと良いですよ!


それでは、楽しいGUNライフの為にがんばってください。
[PR]
by hidehoken | 2010-05-26 20:30 | Comments(9)