エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

ライフル射撃

国内でハンティングライフルを所持するには、装薬銃歴10年と狩猟免許があれば誰でも申請できます。
ただし、何で必要なのか?明確な理由が必要ですよ。
必要なら何丁でも申請できますが、必要無くなると返すように言われます。

今回は前回撃ったヘボな結果を発表します。

まずは、50M先の標的に委託して慎重に5発、そしてさらに3発!
射撃装弾でなくフルパワーの狩猟装弾は散りまくる、無倍のドットサイトでも酷すぎる・・・
e0056797_23175829.jpg

スコープで撃ったときは殆ど真ん中に入ったのに・・・ガックシ


気を取り直して練習!
国体を目指すわけではないので、実戦的な撃ち方でやろう。
まずは、座って10発撃つ。
次に立ったまま10発撃つ。
さらにスリングを腕に巻きつけて10発!

結果はご覧の通り、この銃なら立派 立派と言われましたがイマイチ不服です。
e0056797_2330244.jpg

これは基本!さらにタイムを少なく、そして動いてる標的に自在に打ち込めなければ実戦では通用しません。

ライフルは車で言ったらF1みたいなもの、使いこなせばすごく良いけど腕が悪いと最悪です・・・

でもムズカシイから楽しいし、やりがいもあります。
[PR]
by hidehoken | 2005-09-09 23:42 | 実銃、射撃練習、射撃大会 | Comments(2)
Commented by yoshirally at 2005-09-10 23:12
たいちょ~の“あぶない世界”へようこそ!
そろそろ皆が引き始めたかな?
ペットなんてかわいこぶってないで、どっぷり行こう !!!
Commented by たいちょ~ at 2005-09-11 07:03 x
少しでもハンターを増やすべく日夜努力します。
こちらでは年々ハンターが減り2000名いた会員も現在は400名足らずです、伊豆地区などはもっと酷いと思います。おかげで鹿が増えすぎて毎年数百万~数千万かけて保護ネットを作ってますが、被害は2億円近く天城の知合いのオバーちゃんは農業放棄してしまいました。現在のハンターの平均年齢は70近くすでに地元の猟友会だけでは駆除できないところも出てきてます。東京、神奈川では若い人も増えだし、射撃はしているのですが・・・今 地方は末期的な状況です。