エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

県大会に向けて その1(改)

先の地区予選は面白かったです!

クラブ員の皆さんも楽しんで撃ってました。

善さんです。
e0056797_17142798.jpg
フタさんです。
e0056797_17144966.jpg
善さん入賞でニコニコで~す。
e0056797_17151255.jpg

自分も何とかライフル部門の選手に選ばれました。

地区の代表として次は県大会です!県大会になるとかなりシビアな戦いになりますので、今から準備をする必要があります。県大会の一番のネックは一都八県の大会と同じく引金の重さが1.5キロという恐ろしく重い設定です。これをどう攻略するかで勝負が決まるといっても良いほどです。

なぜならば射撃を本気でしている人で、そんな重さで試合をしている人は皆無だからです。そんな重さの射撃銃も皆無です。ですから皆上手い人たちは1.5キロの引金に慣れていないのです。大したこと無い自分クラスでも大騒ぎの重さです、いきなり1.5キロで撃つと引金が落ちずに安全装置を確認してしまいます(笑)

現在の射撃専用銃は60gが当たり前の時代だそうです。毎年進化しているんですね・・・60gでも暴発しないという事です。自分は60gでは使いこなす自身が有りませんが、自分の学生時代(20年前)の標準的な射撃銃が200~300gでしたので、その辺りなら何とか使いこなせると思います。因みに自分の精密射撃用の空気銃は同じく200~300gのセッティングです。射撃メインのサコーのカスタムライフルは若干重い400gで戦ってきました。ハンティング用のボルトアクションは800gにしています。射撃クラブの選手たちも概ね似たようなセッティングで普段練習していますので、いきなり1500グラム以上の引金ではまるで当らなくなります。

因みに今回の予選会では、今後のことも考えて600gのセッティングで戦いました・・・僅か200gの差ですが普段の1.5倍で、その差は結構有ります。実はそれが敗因の一つですが、今更泣き言を言っても始まりません。今度の県大会も1.5キロのままと考えられます。

今から慣らして次回県大会に備える必要がありますので、引金の調整をする事にしました。ついでに各部のチェックも行います。先ずは全体のチェックです、特に問題はありませんネ!
e0056797_1540613.jpg

ベースはサコー75ハンターで装弾は30-06のロングアクションですが、銃身をシーレーン製の6mmPPCに変更してあります。

スコープはブシュネルの6.5-18倍のAO(アジャスタブルオブジェクト)付です。
e0056797_1543788.jpg
因みにスコープマウントはサコー純正の1インチタイプのローマウントを使用しています。デカイスコープだからとハイマウントを購入するとエライ目に合いますよ(笑)ヨーロッパの銃はマウントが高めに設定されている事が多いいのです!

チークパットはアジャスタブルタイプに変更してあります。これは初めて所持にした射撃銃(ワルサーLGRマッチユニサーバル)の物です。18歳の時から使い込んだ一品です(笑)
e0056797_15485641.jpg


各部のチェックが済んだら分解ですね!コレはサコーの分解方法ですが、ボルトアクションの銃は基本的には皆同じ手順で分解・結合していますので、初めての方は参考にしてください。

先ずはボルトを外しますが、銃を手にしたら先ずは残弾が無いか確認します。
e0056797_15584292.jpg
習慣になれば無意識に確認するようになり、銃になれている人ほどスムーズでカッコいい仕草で行いますね・・因みにいくら口が達者で偉そうな事を言ってもこんな些細なところでその人の技量はバレますヨ~(笑)
e0056797_1558068.jpg


確認が済んだらボルトを外します!
e0056797_1559449.jpg
サコーの場合はフレーム横にあるボルトストッパーを解除してあげれば、後はボルトを後に引き剥くだけです(レミントンはトリッガー(引金)の前にボルトストッパーの解除するボタン!?が有ります。)。
e0056797_1615280.jpg
かんたんでしょ!?

ボルトを外したついでに銃身をクリーニングしておきました。

いよいよ本格的にバラシますよ~

・・・ つ づ き
[PR]
by hidehoken | 2008-04-10 16:20 | 実銃、射撃練習、射撃大会 | Comments(4)
Commented by ぷちはんたぁ@ほっかいど  at 2008-04-10 20:33 x
いいライフルですねぇ。
私も射撃部でしたが、「引き金は1kgあるべきだ!」と主張する先輩がいて、本人もそれを実践して大会に出ていました。
んまぁ。時代が今からふたつ違うんですが・・・。

06の包底面でも6mmPPC使えるんですね。ケースの長さが違うので、弾倉からの給弾はやっぱりムリでしょうか。
Commented by たいちょ~ at 2008-04-11 13:42 x
ぷちはんたぁ@さん いらっさ~い
世代が違うと考え方やルールが違うのはどんな世界にも存在します。そんな時に古い考えの人がごり押しすると必ずトラブルになりますネ!若い方がごり押しするのもトラブルになりますが・・・
双方が話し合ってお互いに納得できる答えを見つける事が大切です。

サコーの場合はエキストラクターの角度調整をするだけで、06もPPCも両方使えるようになります。しかも、単発なら弾倉からも綺麗に給弾しますヨ。
しかし、レミントンでは難しいです。レミントンの方はBRを使用することをお薦めします。
Commented by ぷちはんたぁ at 2008-04-12 18:49 x
情報ありがとうございます。
諸物価高騰ですから、弾のような絶対的消耗品を安く上げるのは大事ですね。本当は.222が使えると一番なんですけどね。
また教えていただきたく。では。
Commented by たいちょ~ at 2008-04-14 12:11 x
ぷちはんたぁさん いらっさ~い
そうですね~ こちらでは装弾がココ一年で何度値上がりしたか解らないです。スラッグは安い所でも一発200円になり、ライフルの弾頭や薬莢・火薬・雷管・・・全て値上げです・・・最近は安い弾頭を買って最低一年分備蓄することを真剣に考えています。弾頭も無い時は3ヶ月以上も在庫切れが有るからです。佐世保事件以来これだけ止める人が増えると各所に影響が出そうです・・・。