エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

散々な移動的 その2

・・・つづき

直近の県大会では、射場の標準的を使います。それと、殆んど同じサイズの的のみを集中して練習するのです。移動速度も通常よりも2割増しなので要注意です。

まず1ラウンド目!スコープの倍率を6.5倍にして何時ものリードで撃ちまくりました。結果です・・
e0056797_9172619.jpg
が~ん!何時もなら8~9割黒点に入るのに・・・たった3発しか黒点内にありません。いつもの400グラムの引金から1500グラムの引金になったことで、引きブレと微妙にタイミングにズレも生じています。

2ラウンド目!倍率を8倍に・・最近使い出した倍率で、調子が良いと高得点が出ます。リードは何時もよりも大目に取る事にしました。結果です・・
e0056797_9243334.jpg
さっきよりはいいですね!しかし、右下に黒点外に飛ばしてるのは明らかに引きブレ出、引金に負けている証拠です。

3ラウンド目!今度は勝負をかけて、10倍に倍率を変更しました。リスクがともないますが、高得点を狙うなら高倍率に限ります・・・はたして使いこなせるか・・・結果です。
e0056797_9295788.jpg
今までで一番良い結果が出ました。
中央左側にこぶし大に固まっています、ただし倍率が高いのでミスも目立ちます。

この撃ち方を練習しようと4ラウンド目にはいりました。結果です・・
e0056797_9372858.jpg
バラケましたね~ コレが高倍率の怖いところです・・あわてて8倍に落としてフォロ~しましたがダメでした。

この辺りが本番のポイントでしょう!その日のコンディションで倍率を決めたいと思います。40発を撃ち終えて本日の移動的は終了です。100mの移動的の練習はタイミングが違うので今回は辞退して静的の練習に入りました。

今年から県大会のライフル静的は100mになります。基本的に一都八県と同じルールで行うという事です。言うまでの無く難しいのは100mの立射です。はたしてどうなる物か・・・つづく
[PR]
by hidehoken | 2007-07-26 09:54 | 実銃、射撃練習、射撃大会 | Comments(0)