エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

まだまだ未熟2017 その2

一都八県RS射撃大会に負け、心を新たにします。

守りの射撃では負ける
常にチャレンジャーであれ!


これが2016年度の教訓です。

そろそろスコープも変更が必要と分かって準備していたのに、実績のあるスコープを変えられなかった・・・数年前にスコープの故障で痛い目にあっていたのでスペアは用意していました。ただ、スコープを変えると意外とスラッグの射撃ではリスクもあります。でも、目は限界でした、より明るいスコープに変更すべきでした。正直、長瀞射撃場に暗さに苦労したのです。

装弾もそうです、年間を通してデーター集めをしてこなかった報いです。


私はこの年にして大事なことを忘れていたことに気づきました。

お陰様でその後の本命の射撃であるランニングターゲットのセンターファイア部門では攻めに攻めました。

お陰でいつもなら勝てる東日本公式戦で勝ち無し・・・
常に新たな装弾・銃身・ストックを変更し、理想の重心・バランス・テクニックを探っていきました。

きっと、多くの人は岩崎はもう当たらなくなった、ピークは過ぎたと思ったことでしょう。

しかし、自分の目標はあくまでも日本選手権大会
時間の無い中で工夫し、昨年度逃したチャンピオンの座に返り咲く事を前提に必死で研究・練習を重ねたのです。

そして、大会前日撃針が折れました・・・
数千回に及ぶドライファイヤーの影響でしょう・・・慌ててスペアに変えました。
用意しておいてよかったです。残る課題は一つ、前日テストでは好感触でした。

大会当日・・・前日テストのテクを使うか、既存のテクで行くか一瞬迷いましたが、腹を決め新テクニック採用で勝負に出ました。通常新しいことはミスが出やすいのですが、今回は腹が決まって迷いはありません、無難に勝つのではなく、更に上を目指すのです。

ですから、4段の昇段審査も同時に受けました。

4段は310点を越えねば場りません。
公式戦での最高点は2年前の307止まりです。
それでも、挑戦することに意義があるのです。

子供たちの空手でいつも言っていることです。
先輩が後姿を見せなくては・・・

結果は 317点  優勝!!

同時に4段も手に入れることが出来ました。
e0056797_11162553.jpg
多くの諸先輩方から貴重な体験・テクニックを教えて頂き感謝しています。
中でも今年は一都八県RS射撃大会でCASさんから大事なことを思い出させて頂き感謝しています。


さて、2017年はどんな年になるのか?

また日本選手権を目標にするのは勿論ですが、
更なる上の5段を目指します。

5段・・・この基準は特別なものです。
なぜなら、世界選手権の選考基準に近づくからです。
この年で・・間に合うでしょうか?

女子高生の応援お待ちしております(笑)


[PR]
by hidehoken | 2017-03-21 16:12 | 実銃、射撃練習、射撃大会 | Comments(2)
Commented by CAS at 2017-03-27 05:45 x
こんにちは。 久しぶりの更新ですね。
猟期が終わり一息ついていらっしゃるところでしょうか。

2014年の1都8県だったかな〜、動的の謎ルールで2発分なかったことにされちゃったの。この辺りはトラウマとして未だに引きずっています。
お祭り大会なのでそんなにムキにならなくてもと思われるかもですが色々プレッシャー受けながら撃っている人もいるわけで。試合当日にルールをグダらせるのはどうかななんてね。

〉しかし、その後の会長たちの態度か冷たいこと・・・ここまで露骨なでなくても・・・
この辺り、私も身に覚えあるなぁ。。。勝手に『トップ取って当たり前でしょ?』みたいに思われても困るわ。こちらも人間だから調子悪い時もあるしアホみたいに外す時もある。そんな時に励ましてくれるか冷遇されるかで今後の試合への考え方が変わってくると思います。

今年はフリーな一年なのでまったり撃ちたいかと思います。撃針も新調しちゃいましたし。
たいちょ〜さんのさらなるご活躍をお祈りしています。またお会いしましたらよろしくお願いします。
Commented by hidehoken at 2017-03-30 12:58
CASさん いらっさ〜い
書き込みありがとうございます^_^
一都八県では良い勉強させて頂き、ありがとうございました。おかげさまで、少しは成長できました。
次回、会えるのを楽しみにしています。