エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

まだまだ未熟 2016 その2

放置しまくりのブログに多くのアクセス有難うございます。
お礼にせめて、結果だけでも時系列的に書こうかな?と思い立ちました。

今回は空手編です。

おもえば5年ほど前に父兄に頼まれて始めた空手道場
武道空手教室としてスタートしました。

元々極真空手の指導員をしていた為そちらを勧めていたのですが、結構お金がかかり、正直母子家庭ではかなり厳しい現実を見てきました。入会金2万円・道着1万円・月謝8700円・審査料5000円・合宿3万・・・しかし、直接打撃制をとる極真系列としては安い方で、韓国系の派閥では半端じゃないお金を要求されて移籍者が多かったのを覚えています。

私は母子家庭でもも支払える設定にするため極真の名を伏せてスタートしたのでした。
入会金1500円(スポーツ保険料)、一回500円。道着やサポーター・ミットの無料貸し出しも行い破格でフルコンタクト空手を教え始めたのです。

ただし、組手はお遊戯レベルで押さえて、楽しく、少しずつ体力・気力を付けて行きました。

1~2年たつと、登校拒否・肥満・いじめ等に成果が出てきて自信が着いてきたのを感じた時に有名な先輩師範が極真を別れ独立していたことを知りました。

連絡を取ってみると以前と同じく志が高く前の半値で指導している事、交流試合も行っていることをしりました。子供たちの成長にそろそろ試合を考えていた時でしたので無理言って参加させて頂きました。

結果は以前書いたように全員一回戦でボロ負け・・・みんなワンワン泣いてました。

「くやしい、強くなりたい」と連発する小学生たち

「やる気が有るなら本物の空手を教えてやる!」「でも今までと違って厳しいぞ!」と言うと全員教えて欲しいと言って来ました。嬉しかったですね~ここまで成長してくれるとは・・・

自分からの条件は1つ、白帯からやり直す事、彼らは二つ返事で承諾し再出発したのです。

師範とも何度も話をさせて頂き、日本空手道 静空連盟に所属し静空連盟の基準(極真連合会よりも厳しい基準)で白帯からやり直したのです。このとき、30年着た極真の道着を脱ぎました。

その1年後、小6の初級に多数参加し、優勝・準優勝
を手にしたのでした。

その後、中学に入るとまたボロ負けを2年続けるも辞めずに踏ん張り、中3になると新たな道場生も増えました。

おかげさまで昨年度は

 
交流試合(夏)
中学生初級クラス  優勝・準優勝


さらに、入賞やのみで競われる
南関東選手権 軽量級  ベスト8
       重量級  ベスト4

各流派の優勝者たちで競われる
リアルチャンピオンシップに出場
するまでになりました。

2月の中学生最後の試合
日本空手道 制空連盟主催の交流試合は300名を超す大会になり

交流試合(冬)
中学生 上級重量級  優勝・準優勝 

を勝ち取ったのでした。


私の射撃は不本意な結果(全日本準優勝)でしたが子供たちに教えるためにも自分に厳しくしていかなくてはなりません。生徒は自分の鏡と言われているからです。

あの小学生たちも今年から高校生です。
今年の南関東選手権は480名の大きな大会になり、50を超す道場の参加、有名な極真の分派が多く集まり非常に高いレベルの大会に成長しました。我が道場 「志風会」からは高校1年坊主が挑戦するも見事に一回戦でボロ負けして帰ってきました。
でも、勝つために挑戦する事に意義が有る事を体験している彼らは今、新たなレベルのトレーニングを課して稽古に励んでいます。


女子高生の皆さんの応援をお待ちしております(笑)
[PR]
by hidehoken | 2016-05-27 14:39 | 武道空手 | Comments(0)