エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

26年度を振り返って・・・その3

・・・つづき

そんなこんなで、2年越しで三段を手にするのですが、
実はその陰には諸先輩方のお力添えが有ったのです。

当時は、皆、高性能なランニングターゲット用の銃に変更していて
銃の性能では勝負にならない・・・

と思い、悩みに悩みました・・・優勝したい、三段とりたい・・・
射撃専用銃に替えるか?・・・
でも、今の段階でハンティングライフルでの優勝を諦めるのか?

もう、全てやり尽くしたのか?


そんな時、RT理事で国際審判員でもある益永さんに声を掛けたのでした。

余り多くは語らない方ですが、こんな質問をしたのでした。

「益永さんは若い時 何点ぐらい出していたんですか?」

「当時は皆スロー(5秒撃ち)は殆ど10点圏に入れていて採点が大変だった、
ファースト(2.5秒撃ち)は150点台で、合計で350点位かな・・・」
「会長(オリンピック選手)は385点位、普通に撃っていたよ!」と・・・

「移動的で400点満点で385点とは・・・会長は移動的用の射撃専用カスタムライフルなので別次元として・・・益永さんは何で撃ってたんですか?」

「アリサカだですよ」

「えっ あの6.5mmの・・・・」

「スコープはダブルポストだったんですか?」

「いや、普通の3~9倍」

「・・・・」


言葉を無くしました。

今まで、銃のせいにしてきましたが、アリサカと3~9倍のスコープで350点が出せるのか・・・

周りの会長さんをはじめ事務局の中村さんのも話を振ると、「あのころは皆10点ばかりだった」と言われまぎれもなく本当の話だと知りました。

僅か300点で、じたばたしていた自分が恥ずかしくなりました。

銃が自分に付いて来ないなんて、良く言えたもんです。

自分のサコーは間違いなく、当時の益永さんの銃よりも高性能です。

何をすれば300では無くその上を狙えるのか?

350点と言えば八段に相当します。

会長さんは残っている公式記録から九段になってますが、実際は十段の点数をクリアしていたとも言っていました。

自分はどこを目指すのか?

自問自答して出した答えは 五段

これを目指して練習を一からやり直しました。

五段を目指すとなると、三段での悩みなど小さなものになりました。

そして、練習で五段(320点)の点数をまぐれでも出せるようになるまで研究し、練習してから三段の昇段審査を受けたのです。結果、引金の不調で一発大外ししながらも307点をマークして受かったのです。

猟用のハンティングライフルで三段

諦めずにやり続けた事で多くの事を学ばせて頂きました。

自分一人では達成できなかったと思います。

この場をお借りして、関係者の皆さんにお礼申し上げます!




残るは、実猟銃で全日本チャンピオンを手にする事・・・
これが、先輩方が一番喜ぶお礼です。


入会時、新星現ると言われながらも4位
翌年、優勝候補と言われながら 準優勝
3年目、今度こそは・・と思いながらも また準優勝
4年目、周りが成長し 4位に脱落

そして5年目・・・勝負の年です・・・・つづく
[PR]
by hidehoken | 2015-03-31 13:14 | 実銃、射撃練習、射撃大会 | Comments(5)
Commented by 変なおじさんハンター at 2015-03-31 22:52 x
しばらく更新が無かったので心配しておりました。
サハラちゃんもお元気とのことで何よりです。
先日、家内の親を連れて伊豆旅行へ行ったのですが、修善寺から湯ヶ島を通ったとき
たいちょ~さんのことを思い出しました。
いろいろお聞きしたいこともありますので、近々電話します。

Commented by hidehoken at 2015-04-08 11:59
変なハンターさん いらっさ~い
最近は事務処理を手伝ってくれる体制が出来て来まして、一日2~3時間の睡眠時間からは解放されました(祝)
しかし、仕事が多すぎて、それでも人手不足です。
特殊な仕事なので人材の教育も重要ですね。
日々、勉強させられています。

追伸、何時でもご連絡ください。
Commented at 2015-04-10 08:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hidehoken at 2015-04-21 15:43
非公開のいっく○さんへ
ご連絡したいのですが、連絡方法が解りません。
すいませんが、非公開で書き込みしていただけると助かります。
よろしくお願い致します。
Commented at 2016-01-09 16:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。