エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

どんな状況でも  その1

前回の練習会での点数と、猟友会での地区予選での結果に気を良くして一抹の不安を持ちながらもランニングターゲット春の記録会に出場することとなりました。

ついでにこの公式記録会で無謀にも3段を受験する事にしました。
もちろん、この冬に鹿を撃ちまくったヘッドショット仕様の実猟銃です。

3段をクリアする為には300点以上が必須となります。
過去の大会での最高記録は298点と300点越えは一度もありません。
しかしながら、昨年の一番撃ち込んでいた全日本に前の練習会で、なんと最高325点という実に5段の点数が出たこともあったのです。一度だけのまぐれと思っていましたが、練習不足ながら前回の練習会で314点越えをして4段の点数をクリアしたことから、本番の大会で300点を超える可能性は高いと思ったのです。

念のため、大会前に更に一日練習すれば8割がた行けると思いました。
しかし、予定していた日に仕事が入り練習は断念・・・

残る休日は大会前日の土曜日のみですが、前々から射撃のアドバイスをしてきた若手より、今度は山を教えて欲しいと言われ師匠にもお願いして有害駆除の許可の下りた天城山で忍猟の実戦での教育を行っていました。その後少人数での巻き狩りも経験してもらい、僅か2人の撃ち手でも山を知り、鹿の習性を知れば捕獲が可能なのを身を以て体験してもらっていました。アホ犬達も久々に山を走らせてあげられました。しかし、翌日の大会を考えて早めの帰宅をしたのです。

ちょっと練習不足が厳しいので自宅で練習・・・しかし睡魔が・・・
あまり体力を使わないようにしていましたが、日の出前からの活動は明日の射撃に響きますので練習よりも睡眠をとることにしました。

ウトウトしていると犬小屋から ワオ~
「サラ、うるさい!」

ワオ~ オオ~ ・・・

「バカ、だまれ近所迷惑だ(怒)」

ワオオ~・・・・

だめだ!久々の巻猟で興奮している!!

しょうがない、奥の手を使うか・・・

自分はアホ犬達を小屋から車へ積んで近くの山へ行きました。
ああ~ 明日は段級審査なのに・・・・

狭い車の中で身を縮めて仮眠しました・・・うう寒い・・・

朝起きると体が居たい・・・ついでに鼻水が・・・風邪ひいたか?

ほとんど眠れませんでした(泣)

急いで自宅に戻り射撃の準備をして射撃場へ

余りの体調不良にこりゃ今日はダメかな!?と思い役員と相談しました。

「じゃあ今回は止めますか!?」と理事

受かる確率はほとんど無いことは解っています・・・しかし・・・受からないからと止めて良いのか?

やるか?やめるか??

悩んでいると、「考えるなら受けるだけ受けてみたら?」

遠くから「どんな状況でも撃てなければ・・」みたいな言葉がポツリ聞こえてきました。

勝てなきゃ出ない人が多くいるスポーツの世界、しかし世界戦を追ってきた理事に言わせれば「どんな状況でも撃てなければ世界戦なんて出来ないよ・・」となるはずです、自分の3回の海外レース経験も同じです、どんなに困難でもリタイアしてでも続けたから最後はアメリカ人に交じって入賞できたはず。

今回も氷点下の難しい捕獲実験などと置き換えても同じです、「どんな状況でも撃てなければ捕獲にならない・・・」訳です、その為に多くの工夫をして更に経験値が上がったわけです。

大会に合わせてコンディションを整えるのは当然プロの仕事ですが、整えきれないからと逃げてたら成長しません、この状況でどこまで点数を持っていけるか!?どうすれば激減するであろう点数を押さえられるか!?これをこの大会の目標としました。

・・・つづく
[PR]
by hidehoken | 2013-04-24 13:55 | 実銃、射撃練習、射撃大会 | Comments(3)
Commented by ダンシングキッド at 2013-04-25 23:31 x
御武運を!( ̄^ ̄ゞ ケイレイ!!
Commented by 変なおじさんハンター at 2013-04-26 22:38 x
大丈夫ですよ!たいちょ~さんの技量なら3段合格です。
ご健闘をお祈りしております。
Commented by たいちょ~ at 2013-04-27 17:03 x
ダンシングキッドさん 変なおじさんハンターさん いらっさ~い
皆さんありがとうございます、しかしながら残念なお知らせをしなければなりません。改めて修行致します。