エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

遂に来たホーワ30カービン  その3

つづき

まだまだ手を入れたいところですが、師匠より山で使いながら慣れなければダメと言われ納得!机上論では解りません。

初日 雨・・・
う~ん、こりゃステンレス製のボルトアクション(モデルセブン)の整備性には適わないですね、自動銃は機関部に雨が入ったらバラさなければならず、綺麗でキズ一つ無い仕上げ直ししたストックも気になり外を歩くのに二の足を踏みました。
実猟銃なのにこんなんではダメですね~(笑)

二日目小雨になったのでイキナリ忍び猟に行きました。
小雨でもいきなり濡らしてやれば綺麗なストックも機関部にも踏ん切りがつくってもんです、実猟銃です幾ら綺麗でも飾っていては笑われます。

歩いてすぐ感じたのは飛び抜けた軽さ!!

軽量なモデルセブンより更に500gほど軽く、30代の身の軽さが戻った気がします。楽に何処までも歩けました、こりゃ最強の勢子鉄砲になりますね。
これで忍び猟まで出来れば愛銃を一丁削っても良い程です。

しばらく行くと木陰から鹿が一瞬姿を現せて木の陰に・・・
ダメもとで枝や葉っぱが込み入って最悪の場所に撃ち込むことにしました。師匠より、薮撃ちは全然ダメと聞いてますがココは試してみるのが一番です。弾はリロードのホローポイントです。

因みにこの状況でもスラッグか、30口径の重量低速弾なら撃ちぬけます!
243winは藪撃ちは苦手なので全然ダメでしょう。

今回は実践でのテストが目的です、はたして結果は・・・

タンッ!

軽い発射音と同時に鹿が飛び出て「何かした?」と元気に背を超えて去っていきました!!やはりダメか・・同時にダッシュ!背の向こうは300m越えの伐採地なので逃げてる姿が見えるはず・・・

背を超えた瞬間逃げた鹿を探します。
次は開けた場所での狙撃テストです。

居た!

すでに200m以上あります(泣)
く~ 足が遅くなったな~ 
でも、この銃だと走った後の息の上りがりが少ないのは良いです。

多くの人から精々100mまでの銃と言われていますが、師匠は200mまでは走っている鹿を撃ちとるのでイキナリ高等技術に挑戦!しかし、すでに250m程離れています・・・・

243ならオイシイ獲物ですが、この弾のリードは?弾の落差は?ウダウダ考える余裕はありません、何時もより多めのリードと多めの落差を考え撃ちました。

当たれ!!

 タンッ! タンッ!・・・ダン!

元気に行っちゃいました(泣)

ションボリして車に帰る途中更に笹越しに居るメス鹿発見、体は見えず頭と僅かに背中が見えるのみ・・・笹越しのヘッドショット、しかもスタンディング(泣)
当たるか?

タンッ!

く~ これ位の藪でもダメか?こりゃ243並に藪が苦手な装弾ですね。
くそ重たい引き金もヘッドショットには不向きですね!

久々の猟果無しです。師匠の予想通りで結構ショックでした(泣)


結局、通常藪撃ちに強い30口径のラウンドノーズでも110grの軽量弾は別物で軽量高速弾の243win並に弱いことが体感できました。

ロングレンジでの捕殺も今まで以上に経験が必要なようです。
だから師匠は一種類の弾を撃ち込むことを進めるのを納得しました。

ハッキリ言って、今までのライフルとは異質です。
弾道曲線も今まで経験した事ない曲線を描くので高い経験値が必要です。
初心者が、威力不足?半矢製造機・役に立たないと言うのも一部解るような気がしましたが、そんな銃をプロの猟師が選ぶのか?肉荒れが少ないのは予想できますが、獲物が獲れなければ飯が食えないプロが捕獲率の悪い銃を選ぶとはどうしても思えないのです!!

早速借りている現地事務所に戻り、師匠に報告。
場所と距離、その他もろもろ・・・雨に濡れた銃を分解しながら一日を振り返りました。

獲物は獲れなかったけれど良い所もありました。

なんといっても軽さ、走って獲物を見つけたときに息が切れていないのにビックリ
幾ら高精度のライフルでも重たくて息を切らせたら獲物に当たらないからです。
精度がイマイチで、引き金が重くとも条件によっては高精度のボルトアクションより捕獲率が上がるのでは・・

更に速射性能は特筆もの、オートと言うだけでなく、反動が殆ど無く狙いなおさず次々に発射できる特徴は使いこなせば予想以上の戦力になりそうです。

あと、意外にも分解整備が簡単で、コインひとつで分解可能、部品数も少なくあっという間に整備が出来ました。流石もと軍用銃ですね、

結果、実践テスト一回目はボロ負け

次回は巻き猟。
弾も師匠お薦めのウインチェスターのホローポイントにしてリベンジです。

果たして結果は・・・つづく
[PR]
by hidehoken | 2012-08-21 13:38 | 実銃、射撃練習、射撃大会 | Comments(6)
Commented by カンザキ at 2012-08-21 14:25 x
とうとう30カービンへと昇華されたんですね!! ブログの内容も見ていてワクワクします。あれだけ凄腕ハンター&シューターのたいちょーさんが今後どうやって調教していくのかが楽しみです。そうそうおかげさまでようやくライフル所持できました。秋のRTには参加しますので、もしもお会いできたら見て下さい。
Commented by ダンシングキッド at 2012-08-21 17:35 x
同じグルーープでは使用者が居ませんが、308を所持するに当たり(個人的には、ミニ30を所持したかった・・・。)警察の方からホーワを進められましたが、誰も所持していない未知の銃に躊躇してましたが、実は気にはなってました。
Commented by tasigi at 2012-08-21 18:09 x
前記事にミニ30と良い勝負の精度とありました、数年前に仲間の勢子さんが使ってたホーワは正にそんな感じでした、現在友人の所持してるホーワは栃木で50mオープンサイトで撃ってもファクトリー弾で2インチくらいです
ホーワは中古しかありませんが前オーナーの手入れか当たり外れか分りませんがかなり性能個体差がありますね。自分も30カービンが欲しいのですが半矢製造機になりそうで使えません。
Commented by たいちょ~ at 2012-08-21 23:06 x
カンザキさん いらっさ~い
お~ 念願のライフル所持おめでとうございます。
RTで希少銃を拝ませてください、これから弾造り一つとっても泥沼の世界を楽しんでください(笑)

そうねんです、遂に30カービンに手を出してしまいました。
正直戸惑いましたが今後にご期待ください。
Commented by たいちょ~ at 2012-08-21 23:15 x
ダンシングキットさん いらっさ~い
ミニ30は精度はイマイチですが実猟には良い銃だと思います。
大先輩が所持していて非常に捕獲率が高かったです。
小型で回転不良の無い自動銃ですが、最近は許可が下りない県が多いいと聞きます。余分な事をされると直ぐ規制がかかってしまいまい残念です。

ホーワを丸裸にするつもりですので参考になれば嬉しいです。
Commented by たいちょ~ at 2012-08-21 23:37 x
tasigiさん いらっさ~い
現在当NPOにはホーワ所持者が4名います。
平均を取りますと、精度は概ね30-39を使う自動銃より良い傾向で、ブローニングのBARには遠く適わないのが所持した感想です。
しかし、当たりの銃身のホーワはファクトリーロードで100mで1インチ未満になる銃も存在するのも事実です。

次回、弾の考察も入れる予定ですので噂道理の半矢製造機か検証ください。