エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

RT日本選手権 結果!

・・・つづき

まずはスローラン、
50m先の移動的を狙います。的は10mの感を5秒で走り抜けます。
銃は腰だめの状態で待機し、的が出てから構えて、狙い、撃つ競技です。
何時もなららスラッグから始めるのですが、的のダメージを考えて今回はリムファイヤ(22LR)の射撃専用銃の組からに変更になりました。

このクラスは国際大会出場経験者も多く、見ていて参考になる事は多くあります。
しかし、このクラスで早くも波乱が・・・
10点9点を重ねていたトップ選手がまさかのホームラン!?
全日本には魔物が住んでいると言われますが、まさにその通りになりました。
公式戦に無いプレッシャーが選手に圧し掛かるのです。

大波乱はつづくセンターファーヤ(射撃銃・狩猟銃が入り乱れるクラス)でも起こりました。トップバッターは自分です、スイングの練習中に腰痛による違和感を感じました・・・
これもプレッシャーの一部かもしれませんが腰の切れが悪いのです。
何時ものリードですと撃ち遅れます・・・乱れる弾・・・でも諦めずリードの修正、スタンスの修正をして無理やり弾を矯正して行きました・・・なんとか8点圏に集弾させて来たので更に上の得点を狙った時に波乱が・・・だ~やっちまった!まさかの場外ホームラン・・・これを出すと一気にテンションが下がり後はボロボロのパターンです。

まずは一呼吸ISSFルールでは、インターバルは18秒許されています・・・気持ちを戻すため集中しました。気を取り直して後半に掛けました・・・
結果です。
e0056797_9161794.jpg
e0056797_9162889.jpg
独特の全日本のプレッシャーの中、なんとか暫定2位に付けられました。

暫定一位は昨年の優勝者・・・点差は6点です。
前回の公式戦での点数(140点台)が出れば逆転優勝の可能性もあります。
無難に撃って120~130点台では逆転は出来ないでしょう・・・

プーラーの手伝いをしながら「よし、勝負だ!」と思い、銃のセッティングが決まりました。しかし、気を抜くと瞬間的に寝てしまうほど疲れも溜まっていて流石にこれでは射手に迷惑をかけてしまうと思いプーラーを変わってもらいました。

いかにして集中力を高めるか・・・スローランでの撃ち遅れから、ファーストでのリードは!?体が異常に重く腰の切れが最悪でした。そんな話を国際大会経験者の理事と話をすると「それはプレッシャーの一部です。」と言われました・・・体の調子が悪いのではなく、プレッシャーで体が重くなると言うのです。「なるほど!」と思いました。国際大会ではとにかく待ち時間が多く、その間をどう過ごすのかが勝負の分かれ目になるほど重要とも言ってました。トップアスリートは撃つ以外の技術も飛び抜けて優れているのです。

いろんな思いを引きずりながら、2ラウンド目ファーストラン(10mを2.5秒)で勝負です。本来なら無難に撃ちますが、今回は優勝をかけて勝負です。

はたして結果は・・・

e0056797_9421187.jpg
e0056797_9422060.jpg

く~ 痛恨の110点台(泣)

自分の限界を超えたプレッシャーでは無難に120~130点台を狙う撃ち方が正解のようです。まだまだ修行が足りませんね・・・

しかし、昨年の優勝者は二大会連続優勝のプレッシャーからか大ミスで100点台となり自分と順位が入れ替わりました。しかし、3位以降に付けていた選手がこのファーストランを制し140点近い点数を出しジャンプアップ。

結果は!?
e0056797_949088.jpg
準優勝となりました。

今回からメダルも付きました。
e0056797_949569.jpg
裏にもしっかりと書かれていました。
e0056797_9504764.jpg

優勝は出来なかったものの、山と同仕様のハンティングライフルでの勝負で全日本準優勝は十分満足がいくものでした。今まで参加した大会のほとんどは、実猟が上手くなるために行っていたにも関わらず、山では絶対使わない高倍率のスコープや引き金等がどうしても納得できなかったのです。もちろん試合ですからルールの中で少しでも点数を上げる工夫は大切です。しかしプロハンターを目指す自分としては、一度は純粋なハンティング仕様で実績を作りたかったのです。これで自分の心にあった蟠りが取れました。

精神的にも得るものが多かった大会です。

役員の皆さんを始め、多くの仲間に感謝いたします。

相棒も細い銃身をチンチンに熱くしながら頑張ってくれました。
e0056797_1045216.jpg


ただ一つの心残りは、射手とプーラー係を兼任していて時間がなく
本物の女子高生(強化選手)が寄ってくれたのに、ゆっくりお茶が出来なかったことです・・・あ~ これだけが悔やんでも悔やみきれません(笑)

おわり。
[PR]
by hidehoken | 2011-10-20 10:11 | 実銃、射撃練習、射撃大会 | Comments(2)
Commented by CAS at 2011-10-20 20:05 x
大一番お疲れさまでした。ハンティング装備での準優勝おめでとうございます(^-^)
1位~3位の入れ替わりみてると、決して諦めない強い心が大事みたいですね
Commented by たいちょ~ at 2011-10-21 14:13 x
CASさん いらっさ~い
ありがとうございます。残念ながら優勝出来ませんでしたが今回の試合で何か吹っ切れました(笑)
また、射撃は精神力を競う競技だと再認識しました、まだまだ修行が足りないようです。