エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

イノシシの有害駆除

農家の方が、「みかん畑の横に植えといた山芋が全滅した」と嘆いてました。

被害が出た為、地元猟友会に有害駆除要請が掛かりました。

オイラもボランティアで参加しました。

まず猪が何処にいるか確かめる為、いくつかのグループに分けて山に入りました。

平均年齢70才オーバーの集団です。

大丈夫かな?と思ったら足腰が強くホイホイ山を登ります、なめて掛かると置いていかれます。

登りながら「ここに足(足跡)がある」とか「ここは食(は)んだ跡だ」と教えてくれますが、古いのばかりで2~3日遅れています。

2日も3日もたった足を付けた所で意味はありません。真新しい足を探しますが自分たちのテリトリーでは1~2日遅れがやっとです、食んだ跡の少なさからこの面には居ないとオイラは判断しました。

すると無線で隣の山を捜索しているグループが「こっちは食みだらけですごい」と言っています。足も「真新しいのが有る」と言ってました。

こちらの面に居た猪と同一の可能性もあります。自分たちもそちらに向かいます、苦労して何とか隣の山まで歩きました。

しかしチョボチョボ食んだ跡がありますが、大きな跡はありません・・・しかも古いのばかりです。

「どこら辺に食んだ跡が有るんですか?」と聞くと「そこら辺にいっぱい有るだろ」と言ってきます。えっ この4~5日前のチョボチョボの事を言ってるのか・・・

気を取り直して「真新しい足跡はどれですか?」と聞くと「これだよ、まだ2~3日しかたってないぞ!」と自慢げに言ってきます・・・・

返す言葉がありません、先が思いやられます。

取りあえず本部に帰り情報交換します。みんな「あっちの山だ」「こっちの山だ」あーでもない、こーでもないとやっているので、オイラは大先輩方に任せてその場を離れました。

やる山が決まったようです。

なんと、オイラが見切りを付けたもう猪が居ないと踏んだ面をやると言うのです・・・。

さらにあれだけ歩いた功労者のオイラが一番遠くのカスの持ち場です。

まあいいけどねー、いつもの事です。お年よりは大切にしましょう。

それでもオイラの待ち場はよく足跡が有ると言うので皆が外したら来ると言われました。

皆が外すことを期待して持ち場に入ります。

今回持ち込んだ銃はレミントン モデル7にドットサイト付です。三週間後に控えた解禁の為の最終チェックを兼ねてます。

銃の裏蓋を外して4発鹿用の弾を放り込み山に入ります。まだ薬室には入れてません。

仲間と別れて持ち場に着きます。少々滑りますが足袋靴は足音が少なくて重宝します。持ち場についてからそっと音を立てないように弾を薬室に送りました。

準備完了です。

犬も放たれました・・・。30分経過・・犬が鳴きません。(猪を見つけると犬は吼えこんで寝場から追い出します)

無線でやり取りしています。「絶対居るはずだからもっと下から犬を掛けろ」と言っています。

さらに30分経過・・・まったく犬が鳴きません・・

オイラは持ち場の近くの足跡をチェックしました・・・・一見猪の様な足跡ですが蹴爪の位置が違います・・・これはカモシカの足跡です・・これをジッサマ達は猪と勘違いしたのか・・・・

オイラはもう音を立てても変わらないと思い、持ち場で空撃ちの練習を始めました。そんな所いくらやっても猪なんて居ないのにな~はやく諦めないかな~と思いながら空撃ちをしていると仲間が来ます。「待っても無駄だから山下りよう」と言います。

そく同意して一緒に山を下りながら、別の日にやろうかと相談しました。
何十年ハンターをやっていても、基礎が出来ていないジッサマ達ではこの先思いやられます。

案の定 10月1日から駆除をしているのに1頭も取れてないとの事でした・・・。

e0056797_1356441.jpg

出番の無かったモデル7です。

来月、思いっきりお前の実力を引き出してやるから勘弁してくれ!と銃に誤るオイラでした。
[PR]
by hidehoken | 2005-10-24 12:44 | 実銃、射撃練習、射撃大会 | Comments(2)
Commented by K村 at 2005-10-24 19:35 x
ボランティアお疲れさまです。一生懸命作物を育てている農家の方のためにもがんばってください。それにしても平均年齢70歳以上って、すごいですね。
あと教習資格申請をしてきました。来月には教習射撃ができそうです。
Commented by たいちょ~ at 2005-10-24 20:47 x
K村さん いらっしゃ~い
今は何処の地域でも高齢化が問題になっています。ものすごく経験豊かで実力のある方もいらっしゃいますが、そうでない方や難しい方も多いいので苦労することもあります。でもそれ以上の何か遣り甲斐や使命感、達成感なども経験できますよ。

うまく行けば来月、遅くも年内に射撃出来るかもしれませんね!
あの銃ならクレーからスラッグ、実猟まで楽しめますよ。