エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

一都八県親睦R.S射撃大会・・・

急遽勝てないながらもやれるだけの事をしようと望んだ県大会

練習よりもかなり低い点数ながら他の選手が不思議なほど点数が伸びずに優勝してしまい予定外で一都八県親睦R.S射撃大会に出場する事になりました。しかし、イマイチ気が乗らないのです。

事の発端は、何故か正式に狩猟登録を受けている6mmPPCと6mmBRの大会禁止によるものです。正式に公安委員会から許可を受けている銃が何故使用禁止なのか!?その理由をいくら役員に聞いてもすっきりしません。むしろ問題を感じる発言ばかり・・・残念です。選手会でも大きく問題になっています。

大会に県の代表として出るからには頑張りたい反面、出場する意義に疑問を感じます・・・更に大会翌日はランニングターゲットの公式戦です。大事な公式戦の前日に一都八県親睦R.S射撃大会では疲れが残って勝てるわけ有りません。

ウダウダしていたら一都八県親睦R.S射撃大会まで一週間程になってしまいました。今までと違って気が重い大会ですが、ここまでヒドイ状態ですと自分達が働きかけないといけないのかもしれませんネ!出来れば
一都八県親睦R.S射撃大会が良い方向に進んで欲しいと思います。
[PR]
by hidehoken | 2011-08-26 11:56 | 実銃、射撃練習、射撃大会 | Comments(2)
Commented by tasigi at 2011-08-26 13:50 x
それではスラッグも20番と12番が同じ土俵はおかしい、MSS禁止にしないと(笑)毎回上位に入る人達の締め出しとしか思えません、6mmXCや6×47はOKだとしたら?とっても老友会らしい基準ですね。
Commented by たいちょ~ at 2011-08-26 21:04 x
tasigiさん いらっしゃーい
まったくです。理由はやはり妬みからでした…情けない(泣)射撃は練習量と質で決まりますからそんな事しても無駄なのに…更に、爆弾発言を聞いて唖然!心配していた通り新規の申請に支障が出ました。困ったもんです。

こうしてライフル10年の規制が出来たのだと感じました…