エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

RT東日本 記録会 その1

女子高生の皆さんこんにちは。

先日、暑い中での駆除で、あほ犬(サハラ)が倒れ込み、レミも本調子にならない事から今週の駆除は休んで休養をさせることにしました。

代わりに、前々からランニングターゲットの東日本 記録会への参加を行けたら行くとあやふやな打診していたのを本決まりにして準備を始めました。

しかし、今のままでは勝てません!ボロボロに負けるだけです。
第一に練習不足。前回の練習会以降射撃場に来ていませんし、すでに射場で練習する時間はありません。

第二にファーストランの点数が低すぎるからです。
スローランは一級合格時の40発撃ちで319点と良かったものの、久々のファーストラン20発は100点ちょっとと最低だったからです。

その原因の一つはスコープにあると感じました。静的に有利な高倍率のスコープ(6〜18倍)ではファーストランを追い切れないからです。しかし、実猟では師匠に言われて2倍以下の倍率を多用することで捕獲率が飛躍的に上がった経験があります。道具を変えるだけで当たるようになったのです。

そこでファーストランをメインに少しでも有利になるようにして、尚且つスローランにも対応可能な倍率を選定・・・現在の技量では3〜9倍がベストと判断しました。
e0056797_9265861.jpg

早速スコープを付け替えました。リューポルドのVX−Ⅱ 3〜9倍AO(アジャスタブル・オブジェクト)付きです。

ランニングターゲットの規定を教わると、50m競技はスコープの倍率は自由なのです。しかし、引き金は500g以上と言う規定が有るそうです。因みに10m競技のエアライフルは、引き金は自由ですが、スコープは4倍の固定と決められているそうです。

それならと国際大会!?に合わせてついでに引き金も500g以上に変更しました。

この位なら 納得の範囲内です、どっかの大会の1.5kgとはエライ違いでむしろ射撃専用銃から実猟銃に近くなりました。やはり現代の射撃大会では最も内地の猟に近いと感じました。勿論世界大会クラスでは 実猟銃からかけ離れてしまってますが、これはどの競技でも同じなので仕方有りませんね… 諦めました。ただ自分の技量ではまだ実猟銃での戦いが出来る範囲が残されているのが解り俄然やる気がでて来ました(笑)。よし、狩猟用ライフルでどこまでやれるか挑戦してみよう!と前向きに考えられるようになったのです。

つづく
[PR]
by hidehoken | 2011-07-10 23:15 | 実銃、射撃練習、射撃大会 | Comments(4)
Commented by 初心者 at 2011-07-11 11:06 x
先日は お疲れ様でした。あの記録会の結果なら・・・お昼に 抹茶アイスをおごってもらえばよかったです。
追伸・・ブログの書きはじめ、期待を裏切らずに今回もありがとうございます。血が騒ぎます
Commented by sco at 2011-07-11 12:49 x
昨日はお疲れ様でした。
昼休みにクラブハウスで絡んで頂いた検定受検者その1です
あまりお話する時間がありませんでしたがまた機会がありましたら宜しくお願いします。
Commented by たいちょ~ at 2011-07-11 16:41 x
初心者さん いらっさ~い
おつかれさまでした。
あの記録会の点数ではとてもとても・・・ですよ!
書き始めは初心者さんのご希望どうりにいたしました。
こんごとも宜しくお願いいたします。
Commented by たいちょ~ at 2011-07-11 16:49 x
SCOさん いらっさ~い
検定合格おめでとうございます。
いよいよライフルですね!
1~2ヶ月で推薦状が降りるようです、楽しみですね!
今はどれにしようか悩んでる最中でしょうか?一番楽しい時ですね(笑)
次回ご一緒するときは遠慮なく声を掛けてくださいネ!