エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

一部活動開始! その2

予選会前日

誘われてるフィールドは自粛しよう・・・しかし、毎年出場するライフルとスラッグ・・・これだけは出ると決心し準備を始めました。出場しなければ今までの実績が切れてしまいます・・・これらの実績は事業をする上でも重要な指標でもあるのです。

しかし、今からやって間に合うのか!?

勝てなければ意味はありません。
とりあえず予選会に必要な装弾は最低限ありました。
せっせと準備して久々に寝室で空撃ちの練習をしました。

スタンディング・・・ブレまくり・・・

シッティング・・・腹がつかえてゲロ吐きそう・・・

う~ん やばい!

しかも、新たな挑戦もあります。
それはセットトリッガーです。ワンタッチで引き金を軽くできる便利な機構ですが、トップ選手は皆嫌います。シビアな切れを求める彼らは、皆ノーマルのトリッガーを調整した物を好むのです。

しかし、85のセットトリッガーはカタログ通り75よりも進化していて引きやすくなっています。自分にはちょっと軽すぎで、節度が無いのもイマイチですが、セット無しでは1.5kgに調整してあるのでこれで当たればとても便利です。色々調整して、現時点では最高のセットトリッガーになりました。
e0056797_1115456.jpg

21年度の予選はこのセットトリッガー楽した分、僅か数点の差で予選落ちしていますから、今年はそのリベンジです。因みに昨年は75のセットトリッガーをカリカリにセッティングして優勝しました。前優勝者は1.5kgのままだったので勝てたのだと思います。

銃も銃身は今までどうりですがストックがバーミンターになり以前よりも左手が楽になりました。
e0056797_11174578.jpg

銃身は以前からのシーレーン 口径は6mmPPCです。
e0056797_11242889.jpg

弾頭は60GRのバーミンターで初速2760ft/sです。
e0056797_11214574.jpg

スコープも以前から使い慣れた6.5~18倍のブシュネルでAO(アジャスタブルオブジェクト)付きです。

スラッグは21年度の一都八県で勝たせてもらったMSS-20ですが、以前紹介したように可変パットとレールを装着済みです。
e0056797_11255158.jpg
e0056797_11261833.jpg

スコープはライフルと同じものを付けて違和感がないようにしています。
e0056797_11342287.jpg


アタッシュケースにボルト・ドライバーセット・ヘックスセットそして装弾の準備をしました。
e0056797_1131837.jpg
この瞬間から気持ちが射撃モードに変わりました。

つづく
[PR]
by hidehoken | 2011-04-13 11:31 | 実銃、射撃練習、射撃大会 | Comments(0)