エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

やっと手に入った5mmの高精度弾

悩んだ末手にした5mmのエースハンター
e0056797_1365627.jpg

当初手に入れたのは狩猟用のエクストラヘビー
e0056797_1385735.jpg

10mのJAFTA公式標的にベンチで撃って見ると思った以上に精度もよくビックリしました。
e0056797_13105783.jpg

ジェット弾のようにエラーの弾がほとんど無かったからです。
これでも十分大会に使えると思いました。

また、それ以上に貫通力が高くてびっくりしました。
海外でゼラチンに撃ち込む貫通力テストの結果、30ft/lbs前後の5.5mmプレチャージによる貫通と同等の貫通力を、わずか18ft/lbsの5mmのこの弾で達成していたからです。18ft/lbsならエースハンターでも達成できます。前オーナーから「この銃は胴撃ちでカラスが落とせる」と言っていたのも納得です。実猟にはプレチャージに引けをとらない鴨やカラスでも胴撃ちで対応可能なポンプ銃になりそうで喜んでいます。

さらに4~5回程のポンプで威力を落とせばヒヨドリを肉荒れから防げます。
e0056797_13205114.jpg
これは標的を張っていた柱です。高精度でこんな木も貫通できない所まで落とせるのもポンプ銃ならではです。

コンドルでヒヨドリを撃つと、拾ったとき「グジュ」としましたから・・・

さて、狩猟にはマルチで活躍しそうで期待大ですが、射撃ではどうでしょう!?確かにエクストラヘビーでもあたりますが、時々わずかな外れ弾を確認しました。海外のデーターですと偏差は0.8%でジェット弾よりはずっと良いものの僅か0.1%の射撃専用弾には遠く及びません。

これが唯一5mmの気に入らないところ・・・海外には存在するワッドカッターの射撃用の弾も国内では流通していません。

しか~し、見つけました。

偏差0.1%のフィールドターゲット弾です。
e0056797_12532067.jpg

ビーマンの5mm FTS(フィールド・ターゲット・スペシャル)です。
11.45GRの軽量弾ですので、より少ないポンピングでエクストラヘビーと同等の初速も期待できます。

早く試し撃ちをしたいです。



追伸、ついでにこんな弾も買ってみました。
e0056797_12532051.jpg

ビーマンのクローマグナムです。
[PR]
by hidehoken | 2011-04-05 12:53 | 実銃、射撃練習、射撃大会 | Comments(0)