エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

新たなるライフル その3(改)

・・・つづく

今回の銃の秘密、その一つがストックなんです。

このカスタムストック・・・前回の画像と何が違うか解かりますか!?
e0056797_13224182.jpg


一つ目はこれが・・・
e0056797_9101330.jpg


こうなりました!
e0056797_1324650.jpg


付属品はこれ。
e0056797_1324546.jpg


ワンタッチで取り付け可能なのです。
e0056797_13265543.jpg

これにより、実猟でも便利な時があるのですが、ワンタッチがメインの目的ではないのです。

取り付け位置がノーマルの位置と違いますよね!

実はこれは今回の一都八県R・S安全射撃大会のライフル部門個人優勝者に聞いたノウハウです。彼は日本ライフル協会のハンティングライフル部門 3年連続優勝者です。

自分の目標にしている射手の一人で、射場での一言がとても参考になるのです。日ラではスリングを使った射撃が一般的で、そのノウハウが色々あるのです。この差を詰めないと中々静的での点数差を詰められません。

自分もスリングを使った練習をしましたが、スリングの本当の価値を出すにはものすごく強く引っ張るんです。するとノーマルの位置ですと、銃が捻れてしまうんです。それを防ぐためにここに取り付けるのだと知ったのです。周りを見て日ラのトップシューターが何人もこの位置に付けていたのを今年の県大会で確認したのです。

そこで今回は自分の銃も彼らと同レベルにしたかったのです。
スリング技術はまだまだですが、道具が同じレベルでなければ勝負になりません。
また、射撃だけでなく待ち猟でも使ってみたいですね!
ゆっくり狙える状況なら、きっちり固定しヘッドジョットの射程を延ばしたいのです。

つづく・・・
[PR]
by hidehoken | 2010-11-13 13:54 | 実銃、射撃練習、射撃大会 | Comments(0)