エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

過酷な単独忍猟 完結編(改訂版)

オス鹿の鳴きを聞いて500m以内と判断した私は細心の注意を払って足を進めました・・

200mほど進んだ時です、ピィイー また鳴きです・・思ったより近い・・

敵は異変に気づいたかもしれません。でも走り去ってはいないようです。

慎重に、慎重に気取られないように回り込みながら進みます・・・

もう間近のはずです気配を感じます・・20m位前に谷が見えました、あの辺りがクサイな・・

でも、経験不足で自分より上に居るのか下にいるのか解りません。
 
その時です、カサッと音が・・私はビクッとしました・・緊張でチビリそうです。

動きたいのに動けません。斜め上に居るようです、ここからでは笹が邪魔して見えません。

あと15m進めば正確な位置が解るのに・・・辺り一帯シーンとしてます・・鹿もジッと身を潜めています。

意を決して私は身を低くしたままゆっくり ゆっくり 進みました。 

静寂を破る時が来ました。「ドドドドッ・・」 ものすごい音でした、
「走られたっ!」私も走ります

10mほど走ると笹から飛び出した鹿が谷の上を切るのが見えました・・
距離30m

一頭、二頭、三頭・・・ 全部で四頭居たようです。三番目がデカイ!!

安全装置を外しながら銃を振り三頭目に狙いを付けます・・距離50m

杉の木の間が狭く撃ちにくい・・過去何度も逃がしてるパターンです。

私は勝負を賭けてチャンスが来るのを待ちました・・鹿が遠ざかりながら谷を横切り正面に来ます・・距離70~80m

私の作った鹿用の弾は軽量ですが高初速で、100mまではほぼフラットに飛びます。この距離ならそのまま撃てば当たるはず・・木と木の間が広いところに来ました!

今だ!「ド~ン!」
引き金を絞ると轟音と共に 大きなオス鹿がグシャッとその場で崩れました。

やった! その時です 「バサバサバサッ」 さらに別の三頭のオス鹿が音に驚いて飛び出ました・・

「デカイ!」 三頭とも自分が撃った鹿より大きくその内の一頭は牛の様に丸々としています、遠くからも良く分かる太い角・・すぐにボルトを操作して次弾を詰め狙います・・

仲間を囮に使うとはなんて奴・・しかも狙いにくい所を逃げます、でも狙い続けると一瞬チャンスが来ました。 「よしっ!」がっ・・・・・撃つのを止めました・・・

なぜなら 一頭撃った時点で奴に負けたのですから・・・まして 二頭も引きずって来ることは出来ませんし定数オーバーになります。

次回の楽しみに取っておきましょう。

でも冷静に考えると この群れは七頭もいたことになり、後に飛び出たのが頭だとすると・・
水戸黄門に例えると後の三頭は 御隠居さんと助さん、角さんと言ったところでしょうか・・

とするとオイラが撃ったのは うっかり八兵・・・・ 

e0056797_20291113.jpg

苦労して撃った うっかり八兵です。

山の神に感謝して祈りを捧げマタギの儀式を行います。

それからこの巨大な鹿を一人で山から引きずり出します。
こいつの引き出しに約2時間・・終わったのは昼になる頃でした・・
次の日から筋肉痛で起き上がるのも大変だったのは言うまでもありませんが、強烈な痛みが三日も続いたのには参りました・・・めでたし めでたし
[PR]
by hidehoken | 2005-10-08 20:44 | Comments(13)
Commented by ナオ at 2005-10-08 23:12 x
獲物を捕らえて嬉しいのは分かりますが、
こういう画像をUPするのはどうかな? と思うけど・・・。
たまにしか遊びに来ないのに生意気言ってスイマセン。
Commented by togacis at 2005-10-09 13:51 x
ひょっとして、去年美味しくいただいたのは彼だったのかな?
普段、口にするものの詳しい出自を知る機会ってなかなかないけど、
あの美味しいお肉にこんなドラマがあったのかと、ある種の感動がありました。それにしてもこの鹿、顔がディズニーっぽい。
Commented by たいちょ~ at 2005-10-09 23:49 x
ナオさん いらっしゃ~い
ご意見ありがとうございます。実はこの画像をUPするか悩んだのですが、最近の改造モデルガン事件のとこや急増しているアクセス数を考えてあえてUPしました。私もまだまだ未熟者ですしゃが少しでも本物の世界の厳しさや残酷さ、また自然の素晴らしさ等を伝えたいと思いました。バイクの世界も一緒でしょ?乗り始めの粋がってた時は公道を飛ばしても、レース活動すると回りに迷惑かけないように走る場所を考える様になるでしょう?どの世界も同じです、銃も車も一つ間違えれば人を傷つけます。画像がグロく感じる方には申し訳ないですが、中途半端はできません。

togacisさん いらっしゃ~い
実はtogacisさん宅で食べたのは このお肉です。一人でも多くの人に食べて頂くことは供養に繋がりますのでお持ちしました。少しでも何か感じて頂ければ嬉しいです。

追伸、本編にはまだ書いてありませんが朝一に山の神にお神酒を上げ仲間の安全祈願をして、獲物を捕獲したら師匠の教え通りに必ず供養の儀式を致します。私たちのグループは撃つだけでなく必ず口にする事を義務づけられています。生き物を殺すと言う事は遊び半分では困るからです。
Commented by ナオ at 2005-10-10 10:42 x
そっかー、安全祈願や供養の儀式をされてるのですね。
たいちょーの真剣なそして真直ぐな気持ちが伝わってきましたよ。
よく分かりました!

このblogはたいちょーのものものです。
これからも益々たいちょーの色に染めて下さいね。
Commented by たいちょ~ at 2005-10-10 14:58 x
ナオさん またまたいらっしゃ~い
わかって頂いて嬉しいです。山の師匠の奥さんから、「うちの人がオイラに山の技術を教えたい・・」と言ってたと聞かされました。マタギの技術を教わると言うことは、この技術を絶やさないように伝続けてくれという事です・・まだまだ駆け出しで師匠の足元にも及びませんが、期待に応えるよう頑張りたいと思います。
Commented by takegowithmoon at 2005-10-10 17:20
はじめまして!今回初めて拝見しました。ハンティングの様子が詳しく説明してあって楽しく拝見しました。
ぼくはカナダのバンクーバーに住んでいて、ただ今ハンターになるべくライセンスの申請中です。同時にハンティングに関するブログも始めてみました。まだまだぜんぜん初心者ですが、いろいろと教えていただきたいのですが。
kusamomiji.exblog.jpです。もしよろしければ遊びに来てください。
Commented by たいちょ~ at 2005-10-10 19:31 x
takegowithmoonさん いらっしゃ~い
バンクーバーですか・・うらやましい・・
そちらにはドデカイ ムースやらグリズリーがわんさかいるイメージがありますが実際はどうなんでしょうか?
私もまだまだ初心者の域を出ていませんので、お互いに情報交換させて下さい。
そちらのblogにも是非遊びに伺いたいと思います。
Commented by たけぞう at 2005-10-11 01:43 x
たいちょ~さん takegowithmoonです。
バンクーバー近辺ではミュールディアー、ホワイトテールディアー、ブラックベアー、エルク、ムース、などが主な獲物です。
グリズリーも狩ることはできるのですが、頭数が少ないため、
ライセンスを抽選で当たった人だけ買えるようになっています。
友人の家にはムースの頭の壁掛けや、クーガーの剥製がありますよ。
Commented by hidehoken at 2005-10-11 12:45
たけぞうさん いらっしゃ~い
エルクにムース・・十分です!!でも夢がかなったら動きの早いものや危険な動物と勝負したくなるかもしれませんね。
たけぞうさんのblog拝見しました。さすがにムースはデカイですね!
感動です。でも今の技量では猟中にクーガーとは鉢合わせしたくありませんです。たけぞうさんの初猟が楽しみです。
こちらは11月15日が解禁ですが伊豆は鹿が増えすぎた為、鹿の定数はオスは1日1頭ですがメスは2頭まで、ただしオスメス合計でも2頭までOKになりました。
私はもう少し天城で修行してから北海道に乗り込み蝦夷鹿に挑戦する予定です。
でも その前に仕事をかたずけなければなりませんが、焦らず確実にやってくつもりです。

Commented by nori_lc4-e at 2005-10-12 00:34
たいちょ~殿>
こちらには初のカキコとなりますnoriです。
私の所へいつもカキコして頂きありがとうございます。

たいちょ~殿の文を読んでいると、ハンティングの情景が目の前に浮かんでくるようで、思わず自分も息を殺して読んじゃいました。w
マタギの世界には色々な雑誌で断片的に触れて来ていて興味があるので、マタギのお話、これからも楽しみにしております。
Commented by たいちょ~ at 2005-10-12 08:14 x
noriさん いらっしゃ~い
そう言って頂けると嬉しいです。マタギの話は今シーズンも色々な体験をすると思いますので期待していてください。でも文章能力が問題です・・・
Commented by じゃみ at 2017-06-30 02:16 x
狩猟免許と猟銃所持許可があればマタギ、というわけではありません。
マタギに怒られますよ^ ^
Commented by hidehoken at 2017-08-17 13:01
じゃみさん いらっさ~い
久々にチェックしたらコメントが・・・すいません今気づきました。それにしても、12年前に書き込んだブログで懐かしいです。言葉も足りないですね~ 

ご指摘の通り、マタギにあこがれマタギの真似事、今見ると恥ずかしいです。

ただ、でたらめに真似たわけではありません。国内では珍しい、学者さんから「鹿マタギの里」と言われる南アルプスのプロ猟師の流れを汲みます。

祝詞は失伝してしまいましたが、作法は100年以上続くものを継承しています。

そして、近年求められている捕獲に合わせた仕事をして、現代マタギとして捕獲を生業としています。