エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

禁断の果実   その後

自分の不甲斐なさに情けなかった県大会

ジワリ、ジワリと悔しさが込み上げて来ます(泣)

勝ち抜いた先輩と後輩に頑張ってもらいたいです。

自分は共に戦った銃に侘びを入れました。
e0056797_11544671.jpg

ですが、それと同時にこれでランニングターゲットに集中できる!
っと思ってしまったのも事実です。

前回とても悔しい思いをしたランニングターゲットの大会に集中したかったのです。不器用な自分は幾つも競技をしたら結果が出ないのが解っています。今回の県大会が良い例です。実はランニングターゲットの東日本大会(公式戦)が一都八県と同時期に開催されるので悩んでいたんです。

気が付くと、県大会が終わった日にセットアップを開始してました。

まずはスリングを外しました(この競技はスリングを外すように言われます)
e0056797_11583597.jpg

次にストックの長さを元に戻します(狙いこみがコンマ数秒早くなります)
e0056797_11573962.jpg

次に本体を外して・・・
e0056797_1159394.jpg

毎回頭にくる引き金を交換!!
e0056797_1202882.jpg

これだけで全く次元の違うスコア(点数)になります。
e0056797_1215794.jpg
ついでにスコープもスペアの若干倍率の低いものに変更しました。ファースト速度に対応する為です。今後、更に低倍率に変更するかも知れません。

通常、猟友会やその他の大会において行う速度は10mの区間を5秒間かけて走り抜けます。銃を構えたまま待機できるのでかなり余裕をもって撃てますが、ISSF公認のランニングターゲットはスキート射撃と同じで腰にストックを付けた姿勢で待たなくてはいけません。ですから同じ5秒でも余裕は無いのです。これをスローランと呼びます。

更にランニングターゲット競技にはファーストランがあるのです。同じ10mをたった2.5秒で駆け抜けるのです。もちろん銃は腰につけて的が出るまで構えてはいけません。

通常、的がでて体が反応するまで0.3秒、そこからボジションを取って1秒・・・その時点で獲物(的)を捕らえなければ狙う時間がありません。そこからの狙いこみは長くて1秒・・・・いかに難しいか解ると思います。

すごくスリリングで楽しい競技です。

まさに、いじめ抜いた天城山の鹿の速度です。

これを撃てるようになれば、獲物を撃つときにかなり余裕が出来るはずです。

当然、スコープの倍率は射撃用の高倍率よりは実猟用の低いほうが有利です。ですから、実猟銃そのままで勝負が出来るのも魅力なのです。

やっと実猟銃そのままでも戦える大会を見つけました。

まだ銃もセッティングの第一段階・・・さて、どう料理してやろう!?

現在は優勝者と全く勝負にならず優勝争いは出来ません。
しかし、何時の日かランターの東日本のチャンピオンになってやる!!っと思ったのでした。

今後の活動のメインは、体育協会がらみの日本クレー射撃協会所属のランニングターゲット部会になると思います。ISSF公認という事もあり、時間とお金と成績によっては更に上を目指すかもしれません。

今後とも応援よろしくお願いいたしま~す。

おわり。
[PR]
by hidehoken | 2010-08-11 12:36 | 実銃、射撃練習、射撃大会 | Comments(4)
Commented by なおきち at 2010-08-13 19:35 x
銃の事は良く分かりませんが・・・
大会頑張って下さいね!
15日(日)に例の川へ行きます。
ホトさんちと一緒にいます。
Commented by たいちょ~ at 2010-08-13 23:55 x
なおきちさん いらっさ~い
まずは、東日本大会頑張ります。
15日の件 了解しました。楽しみにしています(笑)
Commented by ナイトハンター at 2010-08-17 12:03 x
ワクワクしながら応援しまーす!

頑張ってください。
Commented by たいちょ~ at 2010-08-17 22:18 x
ナイトハンター さん いらっさ~い
猟友会の大会転向組みはめったにいませんから、恥ずかしい結果にならぬように、気合を入れて戦います!!