エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

カスタム銃身が寿命!?  その4

そんな訳で、たっぷりと移動的を撃ちこんで考察

「明らかに初速が上がっている、その為着弾点も上がっている!」

さて、実際はどうでしょう!?
ベンチで撃って見れば一目瞭然、着弾点が高くなる筈ですが・・・


今回は中部ビッグハンティングクラブの顧問(元狩猟会編集長)より、
譲っていただいたベンチ台で実験です。
e0056797_20411438.jpg
何時もはフロントレストかバイポットのみの実猟撃ちですが、今回はまじめに銃身の精度を見るためにリアもガッチリ固定して撃ちました

銃をセットするとこんな感じです。
e0056797_20434814.jpg
このタイプは反動を軽減できるので実猟弾でもリラックスして撃てるのが良いですね。

結果です。

一発目、予想通りクロスを狙ったのも関わらず着弾点は上ですね。

二発目、感で10クリック程動かして発射!使い慣れたスコープですから一発で上下調整終わりです。
e0056797_20522919.jpg
大会では試射は3発までですから、こういった技術も養っておくと良いですよ!

的を変えて数発・・・グルーピングを見ました。
e0056797_20544213.jpg
う~ん おしい!

一発跳んでるのが気に入りません。

悪くは無いのですが、この火薬量ではシートが浅すぎのようですね・・・あまり精度を追求すると、跳びやすくなったりするので少しマージンをとる事にしました。

そのため今回は射場に軽量のリーのシーターも持って来てました。

ちょいちょいっとナ・・・
この辺りかな・・・・ハイ完成です。
e0056797_20592264.jpg
早速的を変えて5発撃ちました。

結果は・・・
e0056797_2103718.jpg
お~ 5発ワンホール!

「よしっ 復活!!」カスタムバレルはこうでなくっちゃ!

薬莢を見ながら次の大会に気持ちが集中するのでした・・・
e0056797_216724.jpg


おわり
[PR]
by hidehoken | 2010-06-30 21:06 | 実銃、射撃練習、射撃大会 | Comments(4)
Commented by izhmash at 2010-07-01 18:20
同じの持ってますね、肩当てがしっかり出来ないのがネックですがやりかたによってはしっかりと固定できるんで物は使い方だと思います。
Commented by たいちょ~ at 2010-07-01 22:26 x
izhmashさん いらっさ~い
初めは若干やり難いものの、慣れたらキッチリ肩に圧着して撃てました。反動をレストが吸収するため撃ちやすい反面、サンドバックを追加しないと動いてしまうのが気になりました。かっこいい付属のサンドバックが欲しいな~
Commented by ナイトハンター at 2010-07-03 12:12 x
思考錯誤の上で何とかワンホール、凄い!
銃身にも寿命が有るとは、よく考えればその通りですが、普段散弾ばかり撃っているので気が付きませんでした。
僕も明日は県猟の銃安のスラッグ部門に参加します。
今回は全然練習できなかったので、胸を借りるつもりで、来年の三個にします。
Commented by たいちょ~ at 2010-07-04 00:49 x
ナイトハンターさん いらっさ~い
まずは戦うこと、そこで学んだことに挑戦を始めてからが本当のスタートです。
頑張って下さい。