エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

県大会用の最強ライフルを目指して   その3

・・・つづき

まずはBAR-Ⅱサファリに関しては、夏鹿捕獲用のヘビー装弾しかデーターが在りませんので弾作りからです。

手持ちの弾頭は・・・110GRバーミンター・155GRパロマ・168GRマッチキングが少々・・

無難な線で110GRから始めました、まずは火薬量の違う4種類の弾を作成しました。

そんでもって、一回目の試し撃ちです。

何とか使い物になりそうなデーターが取れたので残りをスタンディングで撃ってみました。

う~ん イマイチ・・・だけど、思ったより当たったかも!?
e0056797_102266.jpg
狩猟用の低倍率スコープなので、スコープを変えるだけで今の腕でももう少し当たると思います。

それよりも問題なのは、まだ気温が低いのに陽炎で的がぼやけた事。

6mmPPCと違って、308winでノーマルサイズの銃身では真夏の大会では、このままではかなり厳しいと感じました。

続いてサコーで試し撃ちです。
e0056797_1012798.jpg
イマイチ!82点とは・・・前回の1.5kgで練習した時は87点だったので、バージョンアップしたにも関わらず点数が落ちました。

因みに、引き金を800g以下にして一週間前にスタンディングで練習したときこの位当たったのです・・・。
e0056797_17485271.jpg


原因は予選に向けて、軽い引き金でのタイミングが身に付いていて、重くなった分のタイミングのズレを修正できて無いからです。

県大会まで数ヶ月・・・その間にキッチリ銃も射手も仕上げなければ・・・

あ~ 十分な練習時間が欲し~ 今週の大会も出場できないし・・・

猫の手も借りたいです・・・モンジの手じゃ ムリだよな~
e0056797_1024029.jpg

[PR]
by hidehoken | 2010-04-14 10:19 | 実銃、射撃練習、射撃大会 | Comments(0)