エキサイティングアウトドア(野生動物保護管理捕獲奮闘記)

ブログトップ

遂に完成!243winヘッドショット弾

神経質な日本鹿をクリーンキルする為に、銃の選定・弾を組み合わせてやっと理想的なヘッドショット用の弾丸が完成しました。

レミントン モデルセブン 308win
これに243winの銃身を20インチに切り詰めて装着!

今まではスピッツアー(先の尖がった弾頭)をメインにしてきました。これは冬場の忍び猟では遠矢が効き、308winでは落差修正が必要な距離でも面白いように獲物に当たるからです。特に走って逃げる鹿には初速3200ft/sの弾丸は有効でした・・・しかし、先の尖がった弾頭は小枝や葉っぱでも影響が大きく弾がそれてしまう事が多かったのです。

葉っぱが多く見通しの効かないこの時期はスピッツアーの軽量高速弾では撃てない時が何度もあったのです。

そんな時に先輩猟師が同じ243winを長年使っていて、ラウンドノーズ(先の丸い薮撃ち用弾頭)をメーカー指定で購入しているのを目撃・・・聞いてみるとラウンドノーズでもこのメーカー弾は比較的当たるという。

先輩の薬量データーを頂き早速実験!
ただし、弾だけ精度が出ても山では通用しません。
でっかいスコープを使用して前後レストでガッチリ固定したのでは弾の制度は分かりますが、山には持っていけません。軽量の山仕様で当たって欲しいのです。

ですから距離は50mですが、スコープは1.75~6倍のハンティング用低倍率・・・
更にリアレスト無しで、フロントレストも使用せずバイポットのみ・・・
的は小さなエアライフル10m公式的・・・これを50mにセットして撃ちました。
50m先では点にしか見えません・・・これで当たれば実猟でもヘッドショット可能です。


猟用セッティングとは言え、精度を出すには弾だけでなく数々のアイデアを注ぎ込んであります。スコープは低倍率とは言えリューポルドVX-Ⅲでかなり明るく見やすい物をチョイスしました。

銃身はワンポイントテンションからセミフローティング。

短くした銃身のクラウン再加工

スコープマウントもウェーバーからリューポルドに!

ベント調整も完璧に・・・

その他引き金もカスタマイズしてあります。

社外のチムニートリッガーです。
e0056797_1333679.jpg
これを更にカスタマイズ!分解して磨き上げ、それを装着!
e0056797_1345216.jpg
ジュールトリッガーもびっくりの切れ味になりました。

完成です!
e0056797_137831.jpg


バイポットは定番のハリスをチョイス!
精度の低いバイポットでも当てられるようになる為に、JAFTA公式戦のワンポイントレストを随分練習しました。パイポットを使いこなすためです。銃だけ良くても当たらないからです。撃ち込むと、レストでもより当てるテクニックを発見できました。


たった6倍のスコープでワンポイント委託で狩猟用の弾頭での結果です。
e0056797_12442245.jpg
10m的ですが、50mですよ・・・素晴らしい!!


この銃を持って山へ・・・

結果は!?

e0056797_13192174.jpg
ネックショット
e0056797_13195791.jpg
ヘッドショット
e0056797_1320376.jpg
ヘッドショット
e0056797_13214060.jpg
ヘッドショット
e0056797_13215584.jpg
ヘッドショット


すべて一発で仕留めてあります。
猟犬に追いまわされて撃たれた鹿ではありません。
忍びの技術を総動員してそっと近づき、痛みどころかストレスも与えず撃ち取るのです。

撃って5分以内に完璧な血抜き・・・更に15分以内に下処理完了!
最高の肉質です。やっと、プロっぽい捕獲が出来るようになりました。
無論、山に入る前には身を清めお神酒を上げ、撃った後は山ノ神に感謝の儀式も欠かさずに行いました。
捕獲率も9割を超えました。これも師匠を始め、先輩がたのお陰です。
今はもっと経験を積んで、どんな季節・天候に関わらず100%の捕獲率を目指してがんばります!いつの日か夢だったマタギ(プロ猟師)になる為に・・・


おわり。
[PR]
by HIDEHOKEN | 2009-08-22 12:56 | 生物多様性と自然保護活動 | Comments(12)
Commented by ぷちはんたぁ@ほっかいど at 2009-08-22 15:17 x
開眼おめでとうございます。すごい実績です。
精進と研究と散財?の賜物ですね。
ハンター激減の近未来の個体調整は、たいちょ~さんのような少数精鋭が担うでしょう。たぶん。
こちらでも300WIN以上の大馬力でアバラ3枚派と6ミリの精密ヘッド狙い派の2派がありますが、足して二で割って300WSMを選ぶ人が多いです。

>15分以内に下処理完了!
んん~、これも理想的ですね。冬でも30分も過ぎると臭くなってしまいます。いかにして即倒させるかですね。
Commented by たいちょ~ at 2009-08-22 21:58 x
ぷちはんたぁ@ほっかいどさん いらっさ~い
ありがとうございます、お恥ずかしいかぎりです。
確かに精進と研究と散財(泣)の賜物かもしれません。
やっとココまで来ましたが、未だに満足出来る猟は数回しかありません・・・
ライフル弾は以外と融通が利かないので、弾種や弾頭で出来る猟が限定されてしまうので何時も悩みます。
ショットガンは融通が利くのですが遠矢が利かず、一長一短で悩ましいです。
猟芸も獲るだけでなく、その次の事を考えるといつまで経っても終わりの無い世界ですね!
Commented by y-remin at 2009-08-23 15:23 x
久しぶり投稿です、たいちょうさん、とうとう優れものが出来ましたね!自分に合った銃の完成ですね!おめでとうございます。私もあれこれ悩みながら銃をいじって満足してます。
Commented by たいちょ~ at 2009-08-24 07:54 x
y-reminさん いらっさ~い
ありがとうございます(^-^)/
やっとここまで来ました。しかし、これで全ての猟に適応出来る訳ではありません(泣)
脂の乗り切った夏鹿を胴撃ちでキッチリその場で止められる弾も必要になって来たからです。
次は夏鹿用の銃を作ります。
Commented by izhmash at 2009-08-25 20:17
やっぱり243の方が良いのかな?
308が好きな自分。悩んでます...
Commented by たいちょ~ at 2009-08-26 11:19 x
izhmashさん いらっさ~い
悩む事ありませんヨ!
一本目のライフルの口径は内地では308がベストだと思います。
なぜなら弾頭の種類を考えると30口径には適いからです。
特に夏鹿対策の重量低速弾は308に適いません。自分も巻き猟のみの時は243は持って行きません。この時期の脂の乗った夏鹿では半矢製造銃になってしまうからです。

243は忍び猟には最高ですが、2本目3本目の口径だと感じます。
Commented by ぷちはんたぁ@ほっかいど at 2009-08-26 17:35 x
>308に適いません。

んん~、珠玉のことばですねぇ。私も308にしました。
北海道でなぜ?と聞かれますが
一本目のライフルの口径は内地で(はなくても)308
と決めていたからです。

10/25以降答えが出るでしょう。○とも×とも。
Commented by たいちょ~ at 2009-08-26 21:15 x
ぷちはんたぁ@ほっかいど さん いらっさ~い
308で蝦夷鹿とは粋ですね~
最近は強力な銅弾もあるので、ピンポイントで撃てれば良い結果が出ると思います。
頑張ってください、応援してます!

Commented by ぽん at 2013-02-28 09:59 x
鹿を殺すのが楽しそうですね
Commented by noname at 2013-04-05 00:37 x
鹿の肉食べるために殺してるの?
Commented by たいちょ~ at 2013-04-10 10:21 x
ぽんさん いらっさ~い
書き込みありがとうございます、しかし、あまりに昔のブログへの書き込みで気づきませんでした。当時は技術の発展途中で高揚感を味わえたのは確かです。しかしながら最近は全く味わっておりません。
それは、以前の趣味での猟から、有識者と共に海外の無痛捕獲のガイドラインに沿っての捕獲依頼が多くなり、現在は自然保護の一環として環境省等のモデル事業での捕獲に代わってしまったからです。

今まで可哀想とか言っていた人の意見を尊重しすぎて自然界に取り返しのつかないダメージを与えてしまいました。今後は海外同様多くの動植物の共存の為のプロによる間引きが行われると思います。
Commented by たいちょ~ at 2013-04-10 10:32 x
nonameさん いらっさ~い
元々我々は鹿マタギの流れを組み、鹿は肉を供給するための捕獲していました。その位貴重な肉だったのです。
しかし近年は余りにも鹿が多くなりすぎてレジャー化してしまいました。
やはりマタギの系列としましては、遊びでの捕獲は嫌いです。なんとか食肉として流通させるべく食肉加工センターに協力して国内を代表する加工センターが出来ました。今後は他の地域でも同様の動きが増えると思います。

現在は害獣扱いですが、山の恵みとして流通させることは重要と認識しています。多くの賛同者と共に命を奪うだけでなく利用を模索中です。